「東西FXリサーチ」英ポンド/ 米ドルは引き続き下落、英ポンドのファンダメンタルズ緩む

2021年6月18日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

英ポンド/米ドルは引き続き下落、英ポンドのファンダメンタルズ緩む

英ポンド/米ドルは引き続き下落し、今年5月7日以来、初めて1.39を下回った。ポンドは 一時は0.5%安の1.3855ドルをつけた。この下落は主に、水曜日のFRBからのタカ派の論評を背景にした全体的な米ドル高の原因となったが、英ポンドのファンダメンタルズも緩んでいる。ヨーロッパ内では、イギリスはいち早くワクチン接種を進め、コロナ感染者数も減少していたが、ここにきて新型コロナウイルス感染者数が急増し17日に発表された感染者数は1,1000人。期待されていた英国の景気回復への信頼が損なわれた。

先週、今週初めに発表されたCovid-19解除の最大4週間の遅延と相まって、予想よりも弱い製造データが見られられた。しかしながら、英ポンド/ 米ドルはすでに3年ぶりの高値近くの狭いレンジで取引されていたため、特に米ドルの上昇による引き戻しはそれほど驚くべきことではない。しかし、今朝発表された最新の小売売上高データが5月に英国での売上高の減少傾向を示したため、アジアセッション中にペアは1.3898地域で跳ね返りを試みた。オプション市場のポジショニングを示す指標とされるリスクリバーサルによると、ポンドに対する向こう1カ月のセンチメントは4月半ば以来最も弱気に傾いた。

一方、新型コロナウイルスの新規感染者数の増加が懸念されているなか、英国とEUの関係は、北アイルランド国境をめぐる紛争をめぐって悪化しているといった状況がさらにポンドの伸び妨げている。英国はEUに対し、冷蔵肉の輸出に対する猶予期間の延長を求めており、これはポンドを圧迫する可能性がある。

ラボバンクの外為戦略責任者、ジェーン・フォーリー氏がブルームバーグに寄せたコメントでは、ワクチン接種先行を理由にした英国への楽観の一部が剥がれ落ちつつあると指摘している。全体像を見ると、英ポンド/ 米ドルはは引き続き強い上昇傾向を示しており、ペアが1.3850を上回っている限り強気の勢いは維持され、その時点で2020年4月以来初めて上昇トレンドラインが崩れる可能性がある。

技術的には、プルバックはこれらのレベルで過度に伸びているように見える可能性があるため、短期的なサポートに注意したい。1.3824 – 1.3802は以前のリトレースメントが停止された範囲であるため、販売が継続される場合、このエリア周辺でバイヤーのサポートが見られる可能性があります。

また、ロンドン北西部の選挙区で行われた議会補欠選挙で、ジョンソン首相の保守党が野党・自由民主党に敗れたこともポンドの地合いを圧迫している。

18日のロンドン外国為替市場ではポンドが下落し、ドルに対して5月4日以来の安値を付けた。新型コロナウイルス感染者数が急増し、英国の景気回復に対する信頼が損なわれた。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。