「東西FXリサーチ」米連邦準備制度理事会のインフレへの見解、一時的か?

2021年6月09日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

米連邦準備制度理事会のインフレへの見解、一時的か?

投資家が世界中のインフレ水準と中央銀行の政策に関するより明確なシグナルを待って傍観していたため、米ドルはわずかに上昇し、火曜日の通貨市場のボラティリティーは1年以上で最低水準に達した。

今週、中国、ヨーロッパ、アメリカからインフレの最新情報が予想され、木曜日に欧州中央銀行の会合が開かれ、来週には米連邦準備制度理事会が開かれると予想されているため、S&P 500はわずかに下落した。

FRBはインフレは一時的なものであるという見方をしている中、ゴールドマン・サックスのチーフ・エコノミストであるヤン・ハッツィウス氏は、この見解を支持する強力な理由があると考えている。同氏は、今後数か月以内に強化された失業給付が期限切れになると、労働者が仕事に戻る可能性が高くなり、賃金の圧力が減ると述べている。現在の価格上昇は、すぐに消える異常値によって引き起こされており、その結果、価格は今後通常のレベルに戻るため、FRB当局者が現在の緩和的な政策スタンスから非常に段階的にしか離脱しないという彼らの計画を固持できることを示唆していると加えている。

一方、シンガポールのDBS銀行のFXストラテジスト、フィリップ・ウィー氏は、「FRBが来週のFOMC会議で資産購入の縮小について議論し始めるのではないかという懸念が残っている」と述べた。「米国の金利上昇は経済にとってプラスになる」というジャネット・イエレン財務長官のコメントの後、さらにその傾向が強まった」と述べている。TD アメリトレードの先物および外国為替のマネージング ディレクターであるJBマッケンジー氏はすべての主要通貨の反応は今のところ落ち着いているとロイターにコメントしている。

米ドルの6つの主要通貨のバスケットに対するドルのインデックスを見てみると、90.059 で、89.533 からそれほど遠くなく、先月末に4か月半ぶりの安値を記録している。投資家が米国の回復と政策対応を評価しようとする間はそこレンジに留まっている可能性がある。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。