「東西FXリサーチ」2022年後半のニュージーランド準備銀行の利上げを懸念し、1.0700を下回るスランプへ

2021年5月26日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

2022年後半のニュージーランド準備銀行の利上げを懸念し、1.0700を下回るスランプへ

豪ドル/ニュージーランドドルは、水曜日の初め、RBNZ(ニュージーランド準備銀行)主導の低下を日中0.58%下落して1.0660に拡大する。

RBNZからの政策変更なしの発表するという幅広い市場予測と一致したが、2022年後半に現在の0.25%レベルからベンチマークレートを引き上げるというニュージーランド(NZ)中央銀行のシグナルは、ニュージーランドドル(NZD)の下で強いビッドだったとみられる。テクニカル的には、2020年12月初旬と2021年3月にそれぞれ1.0720と1.0750前後で上昇するサポートラインのペアの持続的な中断は、弱気のMACDに加わり、豪ドル / ニュージーランドドルの売り手を後押しする。

また、下降をサポートするのは、12月から3月の逆の50%フィボナッチリトレースメントのペアのブレークである可能性がある。 したがって、RBNZ記者会見が利上げを推し進めた場合、直近の秋は61.8%のフィボナッチリトレースメントレベル1.0616を目標としているようだ。ただし、1.0640付近の2月下旬の安値は、下に向かう途中に止まる可能性がある。

それどころか、修正プルバックは、1.0750近くのより広いものを強調する前に、1.720近くの短期レジスタンスラインに向けて豪ドル / ニュージーランドドルは、バイヤーを牽引するためには1.0680の50%フィボナッチリトレースメントレベルを超えて跳ね返る必要がある。

ただし、豪ドル/ニュージーランドドルは、の強気バイヤーは、毎日の終値ベースで50日間のSMAレベルである1.0800を超えるまでコントロールを取り戻すことができない場合があるだろう。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。