「東西FXリサーチ」2013年のテーパータントラムに見る – ユーロ/米ドル

2021年2月24日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

2013年のテーパータントラムに見る – ユーロ/米ドル

ユーロ/米ドルは1.2150未満の新鮮な日次安値で取引されており、投資家は議会前のパウエル連邦準備制度理事(FRB)会議長の登場に先立って慎重になっている、投資家は 議長がFRBの債券購入計画についてのスピーチを待っており、また 先細りの憶測を抑えながら、回復への自信を表明することの間で、今日、バランスの取れたメッセージを出すことを期待している。これにより、米ドルが上向きに抑えられる。 米国債は穏やかな圧力の下で利回りを上げ、株式はグリーン化に苦労している。ユーロ/ 米ドルは着実に上昇しており、米国債の利回りが上昇しているにもかかわらず、高値と安値を設定している。 投資家はすでに長期リターンの増加に値を付けており、10年物国債利回りのすべての落ち込みをサポートし新たな上昇を乗っているとみられる。しかしながら、中央銀行は、現在の利回りの上昇をワクチン主導の成長の健全な兆候として引き続き見ていくことができるだろうか?

これらの最近の動きを否定することは、 低金利を必要とする株を傷つけることになり、一方、FRBが利回りを下げる準備ができているとパウエル議長が言った場合は、過熱とインフレの懸念が銀行に新たな頭痛の種をまく可能性があることと、アメリカの失業率は約1000万人と悪化していることは念頭に入れておくべきだろう。つまり、 ユーロ / 米ドルが新たな高値をつける可能性があるである。

一方、バイデン米政権の立法アジェンダについても注目する必要がある。新型コロナウイルス危機に対応するための1兆9000億ドル(約200兆円)の経済対策案の次の段階が早急に固まりつつあり、戦略は来月にも公表される見込みで、8月完了に向けた立法プロセスの開始となる可能性がある。しかしながら、これらの規模や計画の広範囲な措置への懸念から、2022年の中間選挙で危うくなることもあり得る。バイデン政権はこれら措置によって近年の低調な成長トレンドからの回帰を目指している。

最近のFX価格の動きは、低利回り通貨が米ドルに対して比較的サポートされたままであった2013年FRBのバーナンキ議長(当時)が、資産買入れ額の縮小を示唆したことから、金融市場が大きく混乱したテーパータントラムの最初の段階に似ている(ユーロ / 米ドルがよい例)が、下落が集中したのは新興市場のFX高利回りセグメントだった。株式市場は最近下落しているが、これまでのところ比較的穏やかであり、商品価格の上昇は、 債券利回りの上昇の背後にある経済成長主導の性質を強調している。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。