「東西FXリサーチ」豪ドル / 米ドルに広範な動きの可能性あり

2021年2月17日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

豪ドル / 米ドルに広範な動きの可能性あり

利回りはさらに外国為替市場では円が対ドルで約4カ月ぶりの安値。いわゆるリフレトレードが活発になり、米国では最大1兆9000億ドル(約201兆円)規模の経済対策が与える素性への刺激の織り込みが始まり、 経済成長や物価圧力との関連性が高い資産が買いを集めている。米国債利回りは2020年2月以来の水準に上昇。 約2週間ぶりの大幅安となった。米国債利回りの上昇で、ドルは総じて堅調。

ドル高が続く中、一方で、リスクに敏感なオーストラリアドルに打撃を与え、今週の火曜日から豪ドル / 米ドルが損失を拡大している。明るいグリーンバックは火曜日のAPAC株式市場の足かせとなる可能性があるが、投資家がCovidワクチン接種率の上昇によって大きくなる経済見通しへの期待によって、より広範な動きが続く可能性がある。

オーストラリアのウエストパックリーディング指数以外のセッションでは、グリニッジ標準時00:30にクロスすることが予想される。予想よりも優れた数値は、オーストラリアドルを押し上げ、過去24時間の豪ドル /米ドルの損失を逆転させる可能性がある。ビクトリア州の都市封鎖は、 新たなCovid症例がなかった場合、深夜に解除される。オーストラリアのワクチンの展開は現在進行中であり、オーストラリアは今週市民への接種を開始する予定でいる。

豪ドル/米ドルのテクニカル予測では、クロスが0.7800の心理的レベルをクリアできなかった後、豪ドル /米ドルが下落する可能性ある。ただし、豪ドル /米ドルは、1月から2月の動きで61.8%のフィボナッチレベルとともに、今月初めに小さなブレイクアウトに道を譲った対称三角形を形成した以前を得る可能性がある。価格がトレンドラインを下回った場合、さらなる損失が発生する可能性があるので注意が必要となる。ただし、三角形のパターンを超えた後のリトレースメントは異例ではなく、価格は以前のレジスタンスレベルから跳ね返る可能性がある。さらに高く移動すると、0.7800レベルが再び機能する。 RSIとMACDの指標はどちらもかなり中立的な立場にある。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。