「東西FXリサーチ」2020 米国大統領選:勝者か否か?

2020年11月09日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

バイデン氏の勝利宣言がリスク感を和らげ、アジア市場好調

  • • アメリカのメディアの大半がジョー・バイデンの米国大統領選挙が呼ばれたが、法的な意味はない。
  • • トランプ大統領は、法廷に提出する不正選挙があると述べた
  • • 最高裁は、ペンシルベニア州でいくつかの投票用紙を審査まで保留するよう命じた
  • • アリゾナの集計は未完成で、バイデンのマージンは3分の2以上減少してる
  • • 2000年の選挙は2000年12月12日の最高裁判所の判決まで未定だった
  • • 選挙へのトランプ陣営の挑戦は、法的な長期戦である
  • • トランプがアリゾナに勝った場合、市場は長期にわたる不確実性に直面する

大統領選挙に関するメディアの「コール」の伝統には、法的または法的な根拠がない。ほとんどのコンテストの勝者は選挙の日にその結果がわかり、敗者はそれを受け入れて認めたために、それは過去に機能した。

今年はそうはならなかった。ジョー・バイデンもドナルド・トランプもまだこの選挙に勝っていないからである。トランプ大統領は、裁判所に提出する決定州のいくつかに詐欺の証拠があると述べた。アリゾナはまだその票を集計している。ジョージア州は、バイデンが総投票数500万票のうち5,000票強の郵送投票でリードしていた結果を再集計すると発表した。最高裁判所は、午後8時の選挙日の締め切り後に到着したペンシルベニア州の投票用紙を裁判所の審査まで保留にするように命じた。

ミシガン州での不正疑惑は司法省とFBIによって調査されており、デトロイトの共和党の世論調査オブザーバーは法律で義務付けられているように選挙を監視することを許可されていなかった。トランプ陣営は、ミシガン、ウィスコンシン、ネバダでの再集計を要求する予定でいる。

2000年、民主党候補のアル・ゴアが最高裁判所で敗北し、フロリダ州の開票に対する法的な異議申し立て後、選挙は12月12日まで決まらず、いくつかのネットワークはその年のフロリダの初期のコールを撤回した。共和党のジョージ・ブッシュは537票でフロリダを勝ち取り、選挙人団は271対266で勝利し、270票が選挙には必要だった。


選挙人団について

米国大統領を選出するための公式プロセスは、各州がその選挙結果を証明し、実際に大統領を選出するワシントンでの投票のために選挙人を選ぶことから始まる。選挙人は、認定された各州で人気投票に勝った候補者に投票することを約束する。まれに、選挙人はその信頼を裏切って投票を変更することもある。2016年の選挙では、これらのいわゆる不誠実な選挙人のうち7人、ヒラリー・クリントンから5人、ドナルド・トランプから2人が他の候補者に投票した。

トランプ大統領が選挙人団の投票に勝つためには、2つの州での結果を現在の位置から覆す必要があるため、トランプ大統領の挑戦は長い道のりとなる。


選挙立位

バイデンが主導権を握っている州は、合計が再集計および裁判所命令を受けているか、トランプ陣営によって異議を唱えられる予定の州を含め、 306の選挙人票を獲得する。一方、トランプ氏の州は合計232。バイデンの合計は、アリゾナ(11)、ペンシルベニア(20)、ジョージア(16)の後半の集計状態を追加する前は、選挙人団の259票。ノースカロライナ(15)とアラスカ(3)はまだ未定だが、トランプ氏が両方をリードしている。

この投稿の時点で、アリゾナはまだバイデンが約20,000票をリードしている。これは、90,000を超える数字から減っている。残り173,000票が集計される。ペンシルベニア州では が約29,000人、ジョージア州では約5,000人がトランプ氏についている。3つの州すべてにおいて、バイデン氏のリードは、既存の選挙法の下で適格性と正確性に異議を唱えることができる郵送投票から生まれている。11月3日の投票の終わりに、トランプ氏は3つの州すべてでかなりのリードを稼いでた。

ジョージアはすでに再集計を発表している。ペンシルベニア州は、共和党は数か月前から、郵便票に関してペンシルベニア州が11月3日の消印有効とし、6日到着分まで集計するといった決定に異議を唱えてきた。ペンシルベニア州最高裁はこの決定を合法と見なす判断を示し、それを不服とする共和党が連邦最高裁に上訴していた。

トランプ氏がアリゾナで勝利した場合、ジョージア州の再集計とペンシルベニア州最高裁判の見直しにより、数千の投票が無効になる可能性があり、これらの州が決定されるまで選挙に勝つことはできない。


上院

選挙は、共和党が上院で53-47を保持することから始まった。民主党は選挙で1議席を獲得した。ジョージア州の2議席は、勝利者が少なくとも50%の票を獲得するという州の要件により、1月の決選投票によって解決されます。 共和党は両方のレースでリードしています。

ジョージアの再集計により、共和党の勝利者が議席の1つに与えられる可能性があります。その場合、民主党は議席を獲得できませんでした。民主党が両方のジョージア議席を獲得した場合、上院は50-50になり、副大統領が投票を決定します。


議会

議会では、共和党員は、立法機関を管理するために必要な18議席のわずかに 10〜15議席を獲得する。その結果、世論調査会社のほとんどが、民主党が10議席以上獲得すると予測していた。民主党の過半数は、435の議席数の3〜8議席になる。中西部と南部の保守的な地区に多数の民主党議席があり、下院全体が2年以内に再選されるため、共和党の利益の実際的な効果は、単純な議員の交代よりもさらに顕著になります。共和党は、投票が検討されている物議を醸すことで、これらのメンバーの多くから支持を得られる絶好のチャンスである。


結論と市場

バイデン氏は、推定上の勝利者であり、次期大統領である。アリゾナ州とジョージア州の実際の投票総数がトランプ氏に向けられ、最高裁判所がペンシルベニア州で法的に認められている投票用紙の変更を命じるまで、この結論に根拠はない。


アリゾナからの結果は、暫定投票が集計される水曜日までわからない。

結果を変えるために、トランプ氏はアリゾナ、ジョージア、ペンシルベニアの47の選挙人票を獲得しなければならない。 それは不可能ではないが、アリゾナをまず勝ちとらなくてはならない。市場は主にバイデンの勝利で値を付けており、民主的なホワイトハウスの政策と人員についてもっとわかるまで、憶測は無意味がない。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。