FXニュース:今日と明日の米連邦準備理事会(FRB)の米連邦公開市場委員会(FOMC)の日米金利差拡大予想の為替相場に世界が注目|東西FXニュース

2022年3月15日
FXニュース:今日と明日の米連邦準備理事会(FRB)の米連邦公開市場委員会(FOMC)の日米金利差拡大予想の為替相場に世界が注目|東西FXニュース

東西FXニュース – 2022年3月15日文/八木 – 東西FXリサーチチーム主な点:
  • ウクライナ停戦協議継続で期待リスクオンのユーロ買いが130円台を記録
  • 中国株価と米株価先物下落で安全資産の円買い抵抗も
  • 今夜の英国景気指数速報では英ポンド買い上昇が
今日2022年3月15日の東京外国為替レートでも、昨日118円台を記録した日米金利差拡大予想などによる円安ドル高の円相場の影響で、東京外為市場時間の9時から17時の円相場は118円45銭〜117円85銭前後で1日の値幅レンジは60銭前後であり、東京17時の終値は117円99銭~118円0銭で前日比27銭の円安ドル高であった。主な理由は、昨日もお伝えした通り、今日から明日にかけての3月15〜16日に、米連邦準備理事会(FRB)の米連邦公開市場委員会(FOMC)で積極的な金利の利上げの金融引き締めが期待されており、昨日からも米長期金利上昇と日米金利差拡大予想でドル買い円売りの円安ドル高が起きて、118円台に達する記録的な円安ドル高になっていた。同じく今週その後に開催予定の日銀は、金融緩和による利下げ継続が予測されており、既に利上げのあった英国も含めた欧米との対照的な金融政策での円売りが起きている。また今日は15日で、五十日と呼ばれる日本の輸入企業の決済集中日で、10時の仲値決済では輸入企業の円売りドル買いも円相場での外貨の高値に影響した。しかし、今夜は東京終値前の欧州早朝に、安全資産の「低リスク通貨」としての円買いによる円上昇の一時回復も起きた。中国で新型コロナが再流行して都市封鎖のロックダウンが起き、上海と香港の株式相場が急落した影響で、米株価指数先物が下落したのが原因で、安全資産のドルに対しても安値で円が買い戻され、東京16時5分頃から16時15分の間の10分ほどで、118円35銭近くだった米ドルが、117円台後半にまで急落した。その円の一時急上昇の影響は対ユーロなどでも同時刻に見られた。日本では東京都はまん延防止の延長求めず、今月21日から解除への動きに向かっており、景気回復が期待されている。ただし、日米金利差拡大や金融政策の違いによるドル買い円売りや、安全通貨同士では流動性の高いドルが低リスクの円よりも買われる傾向が続いており、20時過ぎには再び118円台の円安ドル高に戻している。継続中のウクライナ停戦交渉では、米国バイデン大統領の訪欧も計画されており、今後も安全資産の値動きに影響があると考えられる。今夜、その流れを受けて始まった時差で9時間遅れのグリニッジ標準時(GMT)のロンドン市場では、前日比の時間帯の区切りが日時の変わり目で異なるために、GMTでの前日終値の118円15銭の前日比では、3時間後の日本時間19時16分(ロンドン時間10時16分)には、117円95銭前後でGMT前日比では20銭程度の一時は円高ドル安とのレンジに入るほどの円の回復を見せていた。ただし、日本の東京前日比では23銭の円高ドル安のままで、その約1時間後には118円台に戻している。一方、昨日から今日も継続のウクライナ停戦協議継続で、和平交渉への期待と原油価格などからリスクオンのユーロ買いが起きており、円は対ユーロに対しても、東京終値17時に129円81~82銭で前日比1円12銭の円安ユーロ高であり、一時は130円に達した。同じく、ユーロは円と同じ安全資産の対ドル相場でも数日ぶりに上昇し、17時には1.1001~02ドルで前日比0.69セントのドル安ユーロ高になった。同様の影響で、低リスク通貨の延長で買われたスイスフランや、ロシア軍がウクライナの原発を制圧したことで欧米の投資家にリスク回避で買われていた汚染リスクのない南半球の豪ドル売りも起きており、スイスフランと豪ドルに対して、今日は円高であった。今夜のニュース速報では、英国の失業率が4.6%から4.4%に改善されており、英ポンドに対しては東京前日比でもGMT前日比でも円安ポンド高で、ドルに対してもロンドン市場の朝11時にはGMT前日比で上昇し、1.30363ドル付近のポンド高ドル安の域に入っている。今日のFXニュース執筆終了時の2022年3月15日の日本時間(JST)20時18分(ロンドン時間11時18分)付近の、クロス円を中心とした東京前日比の為替レートは下表の通りである。
通貨ペアJST 20:18の為替レート前日比
ドル/円118.04〜118.05+0.32(円安)
ユーロ/円129.72〜129.74+1.03(円安)
ユーロ/ドル1.0988〜1.0990+0.0056(ドル安)
英ポンド/円154.00〜154.06+0.36(円安)
スイスフラン/円125.66〜125.72-0.22(円高)
豪ドル/円84.95〜84.99-0.01(円高)
 

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。