FX週間レポート (5月第2週)|ユーロ/米ドル:EUワクチン契約は、米国のNFP主導の勢いを1.2200に向けて新たな数日間の高値にまで拡大する

2021年5月10日



主な点:

  • • 東京オープンがリスクオンムードを歓迎する中、米ドル/円は109.00の回復に向けて3日間の下降トレンドを急上昇
  • • ユーロ/米ドル:EUワクチン契約は、米国のNFP主導の勢いを1.2200に向けて新たな数日間の高値にまで拡大する
  • • 英ポンド/米ドル:強気トレーダーが市場開放で支配的になっているが、Wフォーメーションは説得力あり
  • • 豪ドル/米ドルは、オーストラリアの混合データの元に約0.7850の上昇を維持
  • • WTIの強気トレーダーは強気の市場構造の中でオープンを仕切る
  • • 金は$1,800を超える3か月の最高値近くのレベルの維持に苦しい


東京オープンがリスクオンムードを歓迎する中、米ドル/円は109.00の回復に向けて3日間の下降トレンドを急上昇

米ドル/円は、2週間の安値を維持し、最近の日中の最高値を更新する。リスクバロメーターは、金曜日の米国のデータがマネーサプライの増加を拡大するという方針を支持した後のトレーダーの明るい気分を表している。また、プラス面には、コロナウイルス(COVID-19)、イラン、および予防接種に関する最新の更新がある。

米ドル/円は、今後のセッションで下落を拡大する可能性がある。日足チャートは、米ドル円が弱気の20 SMAを下回り、現在は約108.70で落ち着き、短期的なレジスタンスを示している。モメンタム指標は正中線のどこにも向かわず、RSIは約46で着実に下落しており、売り意欲が高まっていることを示している。4時間足チャートによると、米ドル円が移動平均を下回って1週間を終えたため、リスクは下向きに偏っているが、テクニカル指標は売られ過ぎの測定値の近くで下落を再開する準備ができている。サポートレベル:108.25 107.90 107.50、レジスタンスレベル:108.70 109.25109.70。

米国の雇用が予想よりも悪化したため、米国国債の利回りが数週間ぶりの安値を更新した後、米ドル/円は急落しました。ベンチマークの10年国債の利回りは、米国の雇用報告が予想を下回った後、1.47%に達したが、1.57%に落ち着く前に跳ね返った。それにもかかわらず、投機的な関心が米ドルを毎週の終値に売り続けたので、米ドル/円はその範囲の下限に留まった。一方、ウォール街は急上昇し、DJIAとS&P500は過去最高を記録した。

金曜日の早い段階で、日本は4月のじぶん銀行サービスPMIを発表した。これは以前の48.3から49.5に改善され、同じ月のマネタリーベースは予想を上回り、24.3%増加した。日本は月曜日にマクロ経済データの公開はない。


ユーロ/米ドル:EUワクチン契約は、米国のNFP主導の勢いを1.2200に向けて新たな数日間の高値にまで拡大する

ユーロ/米ドルは、2月26日以来の最高水準を更新するための上昇で週を開始し、最近の高値はぐらつく。予防接種への懸念がEU加盟国を失望させ、ブレグジットとデータの低迷が懸念を増しているため、EUはより多くのワクチンの入手を求めて戦う。DXYは、NFPの大失敗後6か月で最大の1日あたりの損失を記録した。

ユーロ/米ドルは、数週間の最高値近くに落ち着いたため、その前進を伸ばす準備ができている。日足チャートは、移動平均のすべてを超えて北に加速し、20SMAが長いものの間でしっかりと高くなっていることを示している。テクニカル指標は正中線から跳ね返り、強い強気の傾斜を提供しています。短期的には、4時間足チャートによると、テクニカル指標は極端なレベルで強気の強さをほとんど失っていないが、ユーロ/米ドルは買われ過ぎである。移動平均は、買い意欲の急激な増加を反映して、現在のレベルをはるかに下回っている。サポートレベル:1.2150 1.2110 1.2070、レジスタンスレベル:1.2190 1.22401.2285。

4月の非農業部門雇用者数レポートの発表後、米ドルは崩壊した。これは、米国が月にわずか26万6千人の雇用が追加されたことを示しており、予想される約100万人を大幅に下回っている。失業率は予想の5.8%から6.1%に上昇し、参加率は61.5%から61.7%に上昇しました。賃金は予想以上に上昇したが、平均よりも遅いペースでの上昇となった。

このレポートは、DJIAとS&P 500が史上最高値に達し、米国国債の利回りが急落するなど、高利回り資産の需要に拍車をかけた。雇用統計の低さは、どういうわけか、非常に緩慢な金融政策をより長く維持するという米連邦準備制度理事会の姿勢を裏付けており、それが投機的な関心が急いで値を付けた。

月曜日に、EUは5月のセンティックス投資家信頼度を発表します。これは、以前の13.1から14に予測されたものです。米国は、前月の37.2から29.5と予想される4月のISM-NYビジネスコンディションインデックスを発表する。


英ポンド/米ドル:強気トレーダーが市場開放で支配的になっているが、Wフォーメーションは説得力あり

英ポンド/米ドルは、価格は上昇するが、毎日の時間枠に弱気のチャートパターンを残すため、今後数日間は混合された状況となるだろう。月次チャートは、価格が供給領域に深く入り込むにつれて、サポート構造を上回っている間は強気になる。

日足チャートによると、英ポンド/ 米ドルは、先週を通して動的なサポートを提供した20 SMAから急激に跳ね返ったために強気へ。言及された移動平均は、より長いものの上で上方に加速し、それはまたそれらの上昇勾配を維持する。モメンタム指標は正中線付近で下落するが、RSIは上昇しており、現在は約60である。ただし、スコットランドの選挙結果の裏にある毎週のオープニングでポンドが下落する可能性がある。金曜日の高値でテクニカル指標が維持され、ペアが強気の移動平均をはるかに上回っているため、4時間足チャートのテクニカル測定値も上昇傾向にある。サポートレベル:1.3975 1.3930 1.3880、レジスタンスレベル:1.4015 1.40601.4105。

先週の終わりまではその高利回りのライバルの利益のためにドルの売り切りを引き起こした米国の雇用報告の悪い結果が全てだった。市場は最近ポンドの強さを制限する要因を脇に置いた。そして、それは毎週のオープニングで影響があらわれるかもしれない。

スコットランドの選挙の結果は土曜日に発表され、ニコラ・スタージョン首相のSNP党の明確な勝利をもたらした。結果は64議席を獲得し、彼女の優先事項はパンデミックであると述べ、健康危機が終わった後に独立住民投票を行うつもりであると付け加えた。一方、英国のEU離脱以来、英国の生産者はEU貿易に対する重大な障壁に直面しており、漁業セクターの緊張が高まっている。


豪ドル/米ドルは、オーストラリアの混合データの元に約0.7850の上昇を維持

豪ドル/米ドルは、オーストラリアの小売売上高とNAB調査が混在しているにもかかわらず、強気の統合モードを約0.7850のまま維持している。株式、金が米ドルを打撃したNFPのミスをサポートするにつれて、リスクへの欲求が強まる。


WTIの強気トレーダーは強気の市場構造の中でオープンを仕切る

West Texas Intermediate(WTI)は月曜日にオープンで購入され、週末のいくつかのヘッドラインが消化されている。6月納品のウェストテキサス中間原油は19セント(0.3%)増加し、ニューヨークマーカンタイル取引所で1バレル64.90ドルで決済された。


金は$1,800を超える3か月の最高値近くのレベルの維持に苦しい

金は月曜日の最初のアジアセッションの間、約$ 1,835の統合モードにとどまる。4月の米国の雇用報告が米国の政策立案者が金融緩和政策の継続を擁護した後、金曜日の2月初旬の高値を突ついている間、金は3日間のラリーをフラッシュしました。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年5月10日
1日中 イギリス – バンクホリデー 祝日
10:30 NAB企業信頼感指数 (4月) AUD
10:30 小売売上高 (前月比) (3月) AUD
16:30 ハリファックス社価格指数 (前年比) GBP
16:30 Halifax住宅価格指数 (前月比) (4月) GBP
火曜日 – 2020年5月11日
08:01 BRC小売売上高 (前年比) (4月) GBP
08:30 家計調査・消費支出 (前年比) (3月) JPY
08:30 消費支出 (前月比) (3月) JPY
09:00 HIA新築住宅販売戸数 (前月比) AUD
10:30 消費者物価指数 (前月比) (4月) CNY
10:30 消費者物価指数 (前年比) (4月) CNY
10:30 生産者物価指数 (前年比) (4月) CNY
12:45 10年物日本国債入札 JPY
18:00 現在のドイツZEWの状況 (5月) EUR
18:00 ZEW景気期待指数 (5月) EUR
未定 中国新規借入 CNY
18:00 ZEW景況感指数 (5月) EUR
20:00 OPEC月次報告 USD
21:00 EIA短期エネルギー見通し USD
未定 OPEC月次報告 USD
23:00 JOLT求職 (3月) USD
23:30 BOEベイリー総裁発言 GBP
23:30 連邦公開市場委員会メンバーの
ウィリアムズ氏の発信
USD
水曜日 – 2020年5月12日
01:00 連邦公開市場委員会メンバーブレイナードは
話します
USD
02:00 米国 連邦公開市場委員会
メアリー・デイリー委員発言
USD
02:15 FOMCボスティック委員発言 USD
05:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
07:45 電子カード小売り販売数 (前月比) (4月) NZD
09:30 Westpac消費者信頼感指数 (5月) AUD
10:30 建築許可件数 (前月比) AUD
15:00 企業投資(四半期比) (前期比) (Q1) GBP
15:00 国内総生産 (前期比) (Q1) GBP
15:00 国内総生産 (前年比) (Q1) GBP
15:00 鉱工業生産 (前月比) (3月) GBP
15:00 製造業生産 (前月比) (3月) GBP
15:00 貿易収支 (3月) GBP
15:00 非欧州連合貿易収支 (3月) GBP
15:00 消費者物価指数 (前月比) (4月) EUR
15:45 消費者物価指数 (前月比) (4月) EUR
15:45 フランスHICP (前月比) (4月) EUR
18:00 BOEベイリー総裁発言 GBP
18:00 鉱工業生産 (前月比) (3月) EUR
21:30 コア消費者物価指数 (前年比) (4月) USD
21:30 コアCPI (前月比) (4月) USD
21:30 消費者物価指数 (前月比) (4月) USD
22:00 NIESR 月次GDPトラッカー GBP
22:00 連邦公開市場委員会リチャード・クラリダ
副議長発言
USD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2020年5月13日
1日中 スイス – 昇天祭 祝日
01:00 WASDEレポート USD
02:00 10年物中期米国債入札 USD
03:00 月次連邦財政収支 (4月) USD
08:01 RICS住宅価格指数 (4月) GBP
08:50 経常収支(季節調整なし) (3月) JPY
10:30 労働賃金指数 (前期比) (Q1) AUD
21:00 MPC委員カンリフ氏の発信 GBP
21:30 コアPPI (前月比) (4月) USD
21:30 失業保険申請件数 USD
21:30 生産者物価指数 (前月比) (4月) USD
金曜日 – 2021年5月14日
00:00 カナダ中央銀行マックレム総裁発言 CAD
00:00 カナダ中央銀行マックレム総裁発言 CAD
01:00 BOEベイリー総裁発言 GBP
07:30 製造業購買担当者景気指数 (4月) NZD
16:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) (4月) EUR
16:00 スペインHICP (前年比) (4月) EUR
20:30 ECB金融政策発表 EUR
21:30 コア小売売上高 (前月比) (4月) USD
21:30 輸出価格 (前月比) (4月) USD
21:30 輸入物価指数 (前月比) (4月) USD
21:30 小売売上高 (前月比) (4月) USD
21:30 製造業売上高 (前月比) (3月) CAD
21:30 卸売売上高 (前月比) (3月) CAD
22:15 鉱工業生産 (前年比) (4月) USD
22:15 鉱工業生産 (前月比) (4月) USD
23:00 企業在庫(前月比) (前月比) (3月) USD
23:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (5月) USD
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (5月) USD
23:00 小売業在庫(自動車を除く) (3月) USD
土曜日 – 2021年5月15日
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
04:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。