「東西FXリサーチ」ユーロ / 米ドル テクニカルリーディング

2021年5月14日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

ユーロ/米ドルテクニカルリーディング

ユーロ/米ドルは、米ドルが最近の上昇によって毎週ごとに高値が付いており、1.2100を超える水準を急速に回復している。投資家は、非常に重要な米国の小売売上高と消費者心理のデータの発表前から、既に米ドルで利益を上げることにフォーカスしている。一方、FRBの政策立案者は、インフレ率の上昇を一時的なものと見なし続けており、ユーロ/ 米ドルの跳ね返りをサポートしながら、米国債券の利回りにマイナスの影響を与えている。そこで、ユーロ/ 米ドルはテクニカルグラフでテクニカルコンフルエンス(合流)ディテクターによると ユーロ / 米ドルが1.2130で強力なレジスタンスを脅かしていることを示している。これは、SMA100 1時間、SMA5 1日、フィボナッチ23.6%1週間の収束である。

買い手が後者で足場を見つけた場合、前月の最高値である1.2150が買い手のレーダーとなる可能性がある。次の関連する障壁は1.2180前週の高値とボリンジャーバンドの1日高値の合流点である。反対に、弱気トレーダーが反撃した場合、1.2090-80前後の強力なサポートレベルの密集したクラスターをテストするために、ユーロ/ 米ドルが再び下方に向かう可能性があり、そのゾーンはフィボナッチ61.8%1日、SMA10 1日、ボリンジャーバンド1日の中間交差ポイントとなる。弱気の勢いが増す場合、強気トレーダーが1.2060前後の重要なサポートを維持することが重要になる。SMA100は1日、前日の安値、フィボナッチは1か月で23.6%と一致する。

1.2030クッションは、ユーロの強気トレーダーの最後の防衛線になり、その時点でフィボナッチ161.8%の1日がピボットポイントの1日S2と一致する。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。