今日のFXニュース:米率いる脱ロシア追加制裁に向けて流動性高いドル買いが円相場でも進む|東西FXニュース

2022年3月08日
今日のFXニュース:米率いる脱ロシア追加制裁に向けて流動性高いドル買いが円相場でも進む|東西FXニュース


東西FXニュース – 2022年3月8日

文/八木 – 東西FXリサーチチーム

主な点:

  • 低リスク通貨の日本円も日米金利差と輸入資源価格高騰リスクで円売り
  • 独リントナー財務相の露エネルギー輸入継続発言でユーロ買いも
  • ロシア副首相が欧州ガス供給停止報復と世界原油高騰を米欧に警告

今日2022年3月8日も、世界のニュースが外国為替取引(FX)の値動きや経済に与える影響を、円相場の為替レートを中心に分析する。

今日の夕方17時の東京外国為替市場では、数日ぶりに円相場は反落の円安傾向であった。17時には対ドルの円は115円46~47銭で、東京前日比45銭の円安ドル高であった。理由は、ウクライナ情勢で世界最大の対外純資産国であることなどから「低リスク通貨」として買われていた日本円が、原油やニッケルや小麦などを含む商品先物取引価格の上昇で、日本が輸入大国でもあることから将来の貿易赤字やインフレへの懸念がリスクとして見られ、非常時により流動性の高い米ドルが安全資産として買われたことに起因する。

その円安ドル高への動きは、今朝の東京外為が始まる以前のニューヨーク市場でも、日米金利差での円売りドル買いの動きと共に始まっていた。

また、日本時間で昨夜深夜以降から今朝未明の欧州時間の昨夕に、ドイツのリントナー財務相が、欧州のエネルギー価格高騰への景気不安で下落し続けるユーロを救うためか、ドイツはロシアからの石油、ガス、石炭のエネルギー輸入を当面は停止する計画がないと発言をしたために、欧州景気への見通しが改善されてユーロ買いが出て、流動性の高いドルよりも円が売られたために、円は対ユーロでも数日ぶりに下げており、今日の東京外為終了の17時には125円36~38銭と、前日比34銭の円安ユーロ高であった。

ユーロは緊急時に世界中で流動性の高いドルに対しては下落を続け、東京外為17時にも1.0857ドル前後で東京前日比0.13セントのドル高ユーロ安であったが、その後、日本時間の今夜、時差で朝の欧州市場が始まると、それまで地政学リスクで大きく下げていたユーロが安値で買われてドルにも盛り返すという円と同じトレンドになってきており、ロンドン市場時間のグリニッジ標準時(GMT)の前日比でもユーロ高になってきた。その他にも、欧州では今日はドイツやフランスなどの主要株価指数が朝から上がってきたことで、投資家のユーロ圏への過剰なリスクオフが一時和らいでいることがユーロ上昇で伺えた。

しかし、その一方でロシアのウクライナ侵攻の先行き不透明感は強く、再度の話し合いでも意見が食い違い、一時停戦どころか避難する一般人をロシア軍が攻撃するなど、戦場は長期化かつ深刻化している。そのため、地政学リスク回避や追加経済制裁への金融経済への影響の予測から、安全資産のドルと円買いも今も続いているので、ニュースによって、いつまたリスクオフでユーロ安に転じてもおかしくはない。しかも、米欧日からの経済制裁への報復をロシアが脅してくるというニュースも昨日あった。

昨日、ロシアのノワク(ノヴァク、ノバクとも呼ばれる)副首相は、欧米がロシア産の原油の輸入を禁止すると、原油価格は1バレルが300ドルを超える水準に高騰すると発言した。また、ロシアからドイツに天然ガスを供給しているノルドストリーム2のパイプラインを閉鎖するとも脅してきた。

しかし、現実的に分析すると、欧州経済領域(EEA)のノルウェーなども原油や天然ガスを産出しており、それまでにコロナ景気からも世界的に原油価格は高騰しているとしても、その急激な価格設定はロシア通貨のルーブルが経済制裁で大暴落して安くなったことで、ロシアが原油値上げで報復をしたいという希望価格ではないのかと疑わしい部分もある。

なぜなら、今までの和平協定への姿勢での嘘などでも、ロシアは欧米の協調を乱す様な心理戦を仕掛けてくることが多く、欧州EUの中でもGDPが最も高い大国としてのドイツ経済をロシアが脅迫しているとも受け取れる言動であり、米欧日の脱ロシアや経済制裁が進む中で、ドイツがロシア産のエネルギー輸入をすぐに止められる計画がないとの発言に合わせた様なタイミングも疑わしい。しかし、まだ冬気候でガス暖房が必要な寒い地域が多いドイツでユーロが高くなることで、すぐに輸入が止められないとしても安値のルーブルのロシアに支払う代金は安くつくことは考えられる。米国がロシア銀行へのドル決済を禁止する動きの中で、ドルで原油代を計算してくる部分にもロシアの矛盾が伺える。

今日のニュース執筆時の2022年3月8日の日本時間(JST)20時10分(英国ロンドン時間11時10分)付近の、クロス円を中心とした東京前日比の為替レートは下表の通りである。

通貨ペアJST 20:10の為替レート前日比
ドル/円115.61〜115.62+0.60(円安)
ユーロ/円125.98〜125.99+0.96(円安)
ユーロ/ドル1.0896〜1.0897+0.0026(ドル安)
英ポンド/円151.67〜151.73+0.56(円安)
スイスフラン/円124.72〜124.78+0.21(円安)
豪ドル/円84.36〜84.40+0.03(円安)

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。