今日のFXニュース:ウクライナ危機長期化で流動性の高いドルと低リスク通貨の日本円の安全資産がトレンドに|東西FXニュース

2022年3月02日
今日のFXニュース:ウクライナ危機長期化で流動性の高いドルと低リスク通貨の日本円の安全資産がトレンドに|東西FXニュース


東西FXニュース – 2022年3月2日

文/八木 – 東西FXリサーチチーム

主な点:

  • 欧州の地政学的リスクとエネルギー高騰景気不安でユーロが売られる
  • ドイツや米国の経済指標改善の反応もリスクオフの流れに及ばず
  • 金融市場不安で世界的に流動性の高いドル買いが対円にも影響

今日2022年3月2日の東京外国為替市場は、朝は日本時間で今朝未明までのニューヨーク市場で長期化するウクライナ危機への懸念からドルからも買える低リスク通貨の日本円買いで114円台後半の円高ドル安になった流れを受けての円高ドル安から始まったが、日本の輸入貿易企業は米国とのドル取引が多い為に円高を利用しての安値でのドル買いと円売りが入り、また円から買える安全資産には流動性の高いドルが選ばれ、日米長期金利差での値動きも落ち着いてきたために日本時間の午後には円安ドル高に転じていた。

東京外為が終値を付ける17時頃にはドルは115円台前半に戻り、それに続いて日本の夕方から時差で朝の欧州市場が始まると、世界的により流動性の高いドルが安全通貨として買われた。その為、今夜18時33分には、ドルは115円16〜17銭で東京前日比13銭の円安ドル高になった。

ウクライナに近く地政学的なリスクの高い欧州通貨のユーロが売られ、主要通貨の中でも特に流動性が高いドルやリスクオフの円も買われたために今日はユーロ安傾向が続き、同時刻にユーロは1.1075〜1.1076ドルで同前日比1.54セントのドル高ユーロ安、円に対しても127円54〜55銭で同前日比1.63円の大幅な円高ユーロ安であった。

ロシアのウクライナ侵攻は長期化だけでなく現在深刻化もしており、近隣地域のある欧州では毎日、ロシア侵攻で戦場と化しているウクライナの惨状や市民も含めた戦いのニュースが流れ、隣接のポーランドなどには子供連れの女性や家族などのウクライナ難民が大量流入してはE U側が受け入れをしているので、身近な話題で危機感が高まっている。また、冬の暖房が必要な寒い地域も多い欧州へのロシア産ガス供給パイプがウクライナにあったことや、コロナ禍のインフレの中で石油などのエネルギー価格高騰などでの景気経済への懸念や、連日のEUのウクライナ救済措置の話し合いのニュース速報からも、非常時のリスクオフムードが高まっている。そのため、欧米の投資家には安全資産のドルや円を買う動きが優勢となっている。

また、昨夜の東西FXニュースの後の日本時間22時に発表されたドイツの経済指数の2月消費者物価指数(CPI)は前月比が前回の0.4%を上回った0.9%で、前年同月比は前回4.9%を超える5.1%であったが、ほぼ予想通りであったために、少しの買いは入ったが、全体的なリスクオフのユーロ安トレンドを変えるほどの影響はなかった。

そして、それに続き日本の深夜から今朝未明に発表された米国の景気指数の2月製造業購買担当者景気指数(PMI)の改定値は、前回と予想の57.5以下の57.3ではあったが、2月米製造業景況指数(ISM)は57.6の前回と58.0の予想を58.6で上回り、1月の建設支出の前日比も0.2%の前回と予想を上回る1.3%であったが市場影響はリスクオフの方が強かった。

世界金融市場でも、ロシアのウクライナ侵攻に対して、米国や欧州や英国や日本などが金融制裁を含めた経済制裁を始めており、国際銀行間通信協会(SWIFT)のグローバルな国際銀行送金ネットワークからのロシア大手銀行排除の動きや、ロシア中央銀行の外国為替市場介入でのルーブルの価格操作を阻む米国の経済制裁などでリスク回避が意識されており、株価が不安定になった際にコモディティやF X外国為替取引に米ドル建ての投資が行くことがあり、その際にも流動性が高いドルが主要通貨に対して買われ、対円や日本円からもドル買いが及んだことが今日の値動きに関係していると分析できる。

今日のニュース執筆時の2022年3月2日の日本時間(JST)20時8分(ロンドン時間11時8分)の、クロス円を中心とした東京前日比の為替レートは下表の通りである。

通貨ペアJST 20:08の為替レート前日比GMT前日の1日レンジ
ドル/円115.23〜115.24+0.20(円安)114.788〜115.286
ユーロ/円127.91〜127.93-1.26(円高)127.290〜128.082
ユーロ/ドル1.1099〜1.1101-0.0130(ドル高)1.10585〜1.11350
英ポンド/円153.40〜153.46+0.57(円安)152.804〜153.602

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。