【XM】CFD商品の必要証拠金に伴う計算変更について重要なお知らせ!

2016年7月29日

お客様各位

平素は、【東西FX】をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

この度は、XMでは、CFD商品の必要証拠金に伴う計算方法が変更となりますので、重要なお知らせをご案内しております。

2016年8月1日より、CFD商品の必要証拠金はロット毎に固定された証拠金ではなく、証拠金率を元に算出する方法へ変更いたしますのでご案内申し上げます。

計算方法に関しましては、以下をご覧ください:

  • 従来の証拠金計算式 = ロット数×固定証拠金
  • 新しい証拠金計算式 = ロット数×コントラクトサイズ×オープン価格×証拠金率

  • ご注意:

    お客様におかれましては、マージンコール および/もしくはロスカットなどによりお取引に支障が生じるのを避けるため、お口座に十分な資金を確保頂く必要がございます。

    以下に、従来の計算方法と比較しながら新たな証拠金算出方法を例を挙げてご紹介します。:

    例1 先物エネルギー
    NGASを10ロット買う(もしくは売る)場合のUSD口座を例にとります

    ロット数 必要証拠金 オープン価格 証拠金
    従来の計算式 10 130 2.65 10(ロット数)×130(固定証拠金) = 1,300 USD
    新しい計算式 10 3% 2.65 10(ロット数)×1000(コントラクトサイズ)×2.65
    (オープン価格)×3%(必要証拠金率) = 795 USD

    例2 株式指数先物
    EU50を10ロット買う(もしくは売る)場合のEUR口座を例にとります

    ロット数 必要証拠金 オープン価格 証拠金
    従来の計算式 10 40 2977 10(ロット数)×40(固定証拠金) = 400 EUR
    新しい計算式 10 1% 2977 10(ロット数)×1(コントラクトサイズ)×2977
    (オープン価格)×1%(必要証拠金率)= 297.7 EUR

    お口座の基本通貨がUSDではない場合、計算された証拠金はその時点での市場レートにてお口座の基本通貨に自動的に換算されます。

    CFD商品の新しい必要証拠金率は 2016年8月1日にXMのホームページ上に掲載されます。




    ご質問やご不明な点がございましたら、どうぞお気軽に東西FXサポートセンターまでお問合せください。

    ※ 受付時間: 24時間365日