s10


3
ゼロカット方式、マイナス残高保護

FX取引では、預け入れ証拠金以上の損失が可能性があります

すべてのFX業者(国内FX証券会社と海外FX業者)は、強制ロスカットの制度で動作しているため、「お預け入れいただいた証拠金以上の損失が出ない」という概念はしばしば誤解されています。実際は、リーマンショック、スイス国立銀行[SNB]など為替相場に大きな影響を与えるような予期できない事態が生じるとレートが急激に変動し、保有ポジションの決済や強制ロスカットが発動せず、入金された証拠金を超える著しい損失となり、口座の残高がマイナスにつながる可能性があります。しかし、XMのゼロカット方式やマイナス残高保護により、XMでのお取引の際には、このリスクは完全に排除されます!

日本国内FX証券会社の追証(おいしょう)について

為替相場の急激な変動またはスリッページによる、口座がマイナス残高(証拠金以上の損失が出る)の状態となると、日本国内FX証券会社の場合は、追証(おいしょう)・追証請求(追加証拠金の請求)が発生します。追証とは、証拠金以上の損失分をカバーするために、追加資金を入金しなければならないという制度です。しかし、国内FX業者の異なり、XMトレーディングでは、お客様の追証という大きな負担を取り除くために、ストレスフリーで非常に有益な「ゼロカット方式」を採用しました!

XMトレーディングの「ゼロカット方式」とは?

XMトレーディングの「ゼロカット方式」とは、為替相場が急激な変動による、強制ロスカットが発生せずに口座の残高がマイナスになってしまう場合に、お客様に代わり、FX業者により証拠金以上の損失額を負担し、口座のマイナス残高を自動的に「0」バランスにリセットする制度です。XMのゼロカット方式は、お客様へ完全なマイナス残高保護を提供し、不便な追証の制度を排することで、借り入れの心配を取り除きます。追加入金(追加証拠金)の要求を排除することで、完全にストレスフリーな取引環境で安心してお取引いただくことができます。

XMのマイナス残高保護

マイナス残高保護

XMでは追証は一切なし

追証(おいしょう)
は一切なし!

XMでは、借金の心配なし

借金の心配なし!

XMでは、追加入金は一切不要

追加入金は一切不要!

XMのゼロカット方式の仕組み・カバー先について

XMでは、注文を発注する際に、その注文をカバー注文としてインターバンク市場に送信され、JPモルガンなどの投資銀行や大手金融機関を「カバー先」として受け取ることで、最も有益なインターバンクレートの提供が可能となっています。XMは、お客様の注文をインターバンク市場によってカバーすることで、リクイディティは低くなり、市場でボラティリティーが高い時点で、倒産リスクを最小限に抑え、ゼロカット方式を有効的に生じさせるすることが可能となります。


XMのゼロカット方式の仕組み・カバー先
XMのゼロカット方式の仕組み・カバー先

国内FX証券会社の追証制度とXMのゼロカット方式を比べましょう!

下記の例では、国内FX業者での投資家とXMでの投資家が、証拠金として同額の30万円を入金します。市場の急激な変動が引き起こり、多数Pipsで投資家の保持しているポジションと為替レートがお客様の予測とは逆に変動し、ロスカットが発生せず、-50万円まで口座残高がマイナスとなってしまいます。国内のFX業者の場合は、追証請求が発生し、投資家は-20万円の損失額を追加入金することが必要となります。一方、XMの場合はゼロカット方式が発生するため、-20万円の口座残高が自動的に「0」にリセットされ、追証請求は一切不要となります。

日本国内の追証制度とXMのゼロカット方式の比較
日本国内の追証制度とXMのゼロカット方式の比較