FX週間レポート (12月第4週)|ユーロ / 米ドルは、トランプ大統領が刺激策に署名する中、レジスタンスゾーンに挑戦

2020年12月28日



主な点:

  • • 米ドル/円は最近のリスク上昇にもかかわらず、103代半ばにとどまる
  • • ユーロ / 米ドルは、トランプ大統領が刺激策に署名する中、レジスタンスゾーンに挑戦
  • • 英ポンド/ 米ドル:強気トレーダーは1.3600を集中し、ブレクジットの取引に注目する
  • • 年末年始の真っ只中に豪ドル / 米ドルは0.7600をふらつく
  • • WTIは7週間の勝ちトレンドをスナップし、47.90ドル近くで取引される
  • • トランプ大統領が、COVID-19救済法案で「良いニュース」を発表することから金の買い手は 1,900ドルを注目


米ドル/円は最近のリスク上昇にもかかわらず、103代半ばにとどまる

米ドル / 円は103.60から日中の安値に向かって引き戻しされている。日本の予備鉱工業生産は前年比で回復し、日銀の12月の意見要約は金融緩和政策の延長を支持している。軽い経済指標カレンダーとホリデーシーズンによって市場の動きが制限される。

米ドル/円は弱気である。日足チャートでは、弱気の20 SMAを下回って成長を続けているが、長期SMAは短期SMAをはるかに上回って下向きの傾斜を維持している。技術的指標は、明確な方向性の強さなしに、負のレベル内にとどまります。短期的には、4時間足チャートによると、テクニカル指標が正中線のすぐ上に統合されるため、米ドル/円はニュートラルで、フラットな20 SMAを上回り、弱気の100SMAを下回る。サポートレベル:103.15 102.70 102.20、レジスタンスレベル:103.50 103.90104.30。

英国の欧州連合離脱(「ブレグジット」)に関する離脱協定(The Withdrawal Agreement)に合意した後、投資家はほとんど楽観的となった。その結果、欧州と米国の株式はグリーンで取引を終えた。しかし、北半球の冬休みの中で活動は制限された。

クリスマスは日本の祝日ではなかったため、金曜日に複数のマクロ経済の数字が発表しされた。12月の東京のインフレ率は前年比-1.3%であり、11月の小売業は前年比0.7%となったために1.7%の予想を下回った。今週の月曜日、日本は11月の鉱工業生産の暫定的な見積もりを発表する。

ユーロ / 米ドルは、トランプ大統領が刺激策に署名する中、レジスタンスゾーンに挑戦

ユーロ/米ドルは月曜日に買い手が増加し、重要なレジスタンスゾーンで強化され、待望のコロナウイルス救済パッケージに署名するというトランプ大統領の決定に対する全面的な損失で安全なドルが行われました。トランプは日曜日遅くに2.3兆ドルのパッケージに署名し、Covid-19の救済と政府の資金提供を組み合わせ、日曜日に期限切れになった失業支援の強化を回復し、アメリカ人への直接支払いとして600ドルを承認した。

トランプは先週パッケージに反対し、より大きな救済小切手と縮小された支出を要求した。同氏の突然の心の変化は市場が不意を突かれたように、買い手を米ドルに引き付けているように映る。先週成立したブレクジットの通商協定の合意も、ユーロ/米ドルでの継続的な上昇への道を切り開いた。

過去2日間の取引で失敗したため、ユーロ/米ドルが1.22を超える足場を確立できるかどうかはまだ分からない。月曜日のデータカレンダーは明るく、休日の間の軽い取引によって不安定な動きが見られる可能性がある。

英ポンド米ドル:強気トレーダーは1.3600を集中し、ブレクジットの取引に注目する

英ポンド/ 米ドルの指標レベルは、利益の穏やかな統合を示唆している。欧州-英国の政策立案者は、ブレグジット後の貿易協定に合意した。合意には、両方の議会からの認証が必要となる。英国の銀行休業日は市場の動きを制限する可能性があり、アメリカの援助パッケージやCOVID-19がトレーダーにとってのキーとなる。

英ポンド/ 米ドルは強気のスタンスを維持している。日足チャートは、価格が強気の移動平均を上回っていることを示しているが、テクニカル指標は正中線から外れており、プラスのレベル内で適度な上昇を維持している。4時間足チャートでは、極端な買われ過ぎ状態を修正した後、テクニカル指標が正のレベル内で安定し、ペアがすべての移動平均をはるかに上回って成長するため、リスクも上向きに偏っている。サポートレベル:1.3515 1.3470 1.3420、レジスタンスレベル:1.3580 1.36301.3675。

クリスマスイブに最終的に合意に達した後、通貨は1.3550の価格帯に落ち着いた。週末に、欧州と英国はブレグジット後の取り決めの全文を公開し、これには、貿易、法執行、紛争解決などの詳細が含まれている。協定はそれぞれの議会によって批准される必要がある。最も物議を醸している問題である漁業については、両当事者は5年半の移行期間について合意した。この期間では、EUの漁船は引き続き英国の水域に完全にアクセスが可能で、漁獲割当量は徐々に25%削減される。英国は今週月曜日はボクシングデーである。地元の市場は閉鎖されており、王国で大きな進展は見込まれていない。

年末年始の真っ只中に豪ドル / 米ドルは0.7600をふらつく

今週の取引を開始するための12ピップの上方ギャップ後、豪ドル / 米ドルは約0.7600で変動する。ブレグジット後の貿易協定、米国の刺激策の見出し、ウイルスのニュースの中で、貿易感情は依然として複雑なものとなっている。オーストラリアの銀行はボクシングデーのために休み。アメリカの援助パッケージの更新は注目すべき鍵となるだろう。

WTIは7週間の勝ちトレンドをスナップし、47.90ドル近くで取引される

ウェストテキサスインターメディエート (WTI)原油は先週2.05%減少し、7週間の勝利を収めた。発表の時点で、1バレルの石油は47.90ドル近くで取引されており、当日は0.7%下落している。米国議会は先週、待望の経済救済法案を可決した。

トランプ大統領が、COVID-19救済法案で「良いニュース」を発表することから金の買い手は 1,900ドルを注目

金は、週の始まりのギャップが1,890.76をつけた後、日中最高値を探る。トランプ米大統領は、コCOVID-19救済法案に関する情報を提供する準備ができている。 米国の景気刺激策や年末年始が懸念される中、リスクは依然として低迷している。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年12月28日
1日中 オーストラリア – ボクシングデー 祝日
1日中 カナダ – ボクシングデー 祝日
1日中 ニュージーランド – ボクシングデー 祝日
1日中 イギリス – ボクシングデー 祝日
08:50 鉱工業生産 (前月比) (11月) JPY
20:00 フランス合計求職者数 EUR
火曜日 – 2020年12月29日
05:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
05:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 Nasdaq 100
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
05:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR
23:00 S&P/ ケース・シラー住宅価格指数(20都市) (前年比) (10月) USD
水曜日 – 2020年12月30日
00:00 消費者信頼感指数 (12月) USD
06:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
16:00 全国的住宅価格指数 (前年比) (12月) GBP
16:00 ネーションワイド住宅価格指数 (前月比) (12月) GBP
17:00 KOF先行指数 (12月) CHF
17:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) EUR
17:00 スペインHICP (前年比) (12月) EUR
18:00 10年物イタリア国債入札 EUR
22:30 良好な貿易収支 (11月) USD
22:30 小売業在庫(自動車を除く) (11月) USD
23:45 シカゴ購買部協会景気指数 (12月) USD
木曜日 – 2020年12月31日
1日中 ドイツ – 大晦日 祝日
1日中 スイス – 元旦 祝日
1日中 イタリア – 元旦 祝日
1日中 日本 – 市場の休日 祝日
1日中 イギリス – 元旦 – 12:30に早引け 祝日
1日中 ニュージーランド – 大晦日 – 12:45に早引け 祝日
1日中 オーストラリア – 大晦日 – 14:10に早引け 祝日
00:00 中古住宅販売保留 (前月比) (11月) USD
00:30 原油在庫量 USD
00:30 クッシング原油在庫 USD
10:00 中国総合PMI (12月) CNY
10:00 製造業PMI (12月) CNY
10:00 中国非製造業購買管理者指数 (12月) CNY
22:30 失業保険申請件数 USD
金曜日 – 2021年1月1日
1日中 アメリカ – 元旦 祝日
1日中 イギリス – 元旦 祝日
1日中 ドイツ – 元旦 祝日
1日中 スイス – 元旦 祝日
1日中 イタリア – 元旦 祝日
1日中 フランス – 元旦 祝日
1日中 スペイン – 元旦 祝日
1日中 オーストラリア – 元旦 祝日
1日中 日本 – 元旦 祝日
1日中 カナダ – 元旦 祝日
1日中 中国 – 元旦 祝日
1日中 ニュージーランド – 元旦 祝日
土曜日 – 2021年1月2日
1日中 日本 – 市場の休日 祝日



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。