FX週間レポート (11月第4週)|FEDと財務長官の間の緊張の中で、米国財務省の利回りは低下した

2020年11月23日



主な点:

  • • 米ドル/円:軽い取引の中で、上向きの動きは105.00未満に制限される
  • • ユーロ/米ドル:1.1800年代半ば頃の2週間前の三角形の内側で買い手の需要が増加
  • • 英ポンド /米ドル:ブレクジットとワクチンへの楽観視の中で強気トレーダーは1.3300を取り戻す
  • • 豪ドル/米ドル:ワクチンへの楽観視の中で0.7300を超え伸び続けている
  • • 金:200日移動平均線(SMA)に近づく
  • • WTI:ワクチンへの楽観視から、42.50ドルを超える週最高値を更新


米ドル/円:軽い取引の中で、上向きの動きは105.00未満に制限される

米ドル/円の強気トレーダーは、日本の休暇の中で勢いに欠けている。米ドル/円は安値で跳ね返ったが、金曜日の105レベルを下回る20ピップの取引範囲内にとどまり、今週月曜日にアジアで新たな週が始まる。

米ドル/円は、過去2取引日で約104.00円で売り手を見つけており、テクニカル的な測定値は、新しい低い足が来ることを示唆している。1日のローソク足では、米ドル/円は、テクニカル指標が統合されるにつれて、堅調な弱気の移動平均を下回っている。短期的には、4時間のチャートによると、弱気の20 SMAが抵抗をして、大きなものよりもスランプを加速するためにリスクもマイナスに傾いている。技術指標は正中線より下に進むが、方向性の強さが欠けている。サポートレベル:103.50 103.15 102.80、レジスタンスレベル:103.95 104.25104.70。

ウォールストリートが赤字で閉場したため、株式の不振から米ドルに対して円が高くなった。さらに、緊急資金調達プログラムに関連する米国連邦準備制度と財務長官のスティーブン・ムニューチンの間の緊張の中で、米国財務省の利回りは低下した。

日本は10月の全国インフレを発表したが、予想よりも悪化し、前年比-0.4%だった。コアCPIは、予想と一致し、前年比-0.7%でした。また、11月の暫定的なじぶん銀行日本製造業PMIは、48.7から48.3に縮小した。今週の月曜日は休日のためマクロ経済カレンダーは空である。


ユーロ/ 米ドル:1.1800年代半ば頃の2週間前の三角形の内側で買い手の需要が増加

ユーロ/米ドルは日中の最高値を更新し、短期間の対称三角形内に留まっている。200バールのSMAを超える取引が継続し、通常のRSI条件は強気のトレーダーに有利となる。11月4日の最高値はマイナス面にフィルターを追加し、毎月の最高値に追加のレジスタンスを与える。

ユーロ/米ドルは1.1800レベルを上回っており、勢いがないにもかかわらず、リスクは上向きに偏っている。1日のローソク足ではユーロ/米ドルは強気の100DMAが強気の長期的な蔓延を反映したフラット20DMAに近づきながら、すべての移動平均を上回っている。テクニカルインジケーターは前向きな姿勢を保ち、方向性の強さが不足しています。4時間足のチャートは、ユーロ/米ドルがフラット20 SMAの周りを近くにとどまり、テクニカルインジケーターがホバリングするため、ニュートラルなスタンスを示す。サポートレベル:1.1810 1.1770 1.1720、レジスタンスレベル:1.1885 1.19201.1965。

金融市場は先週、 コロナウイルスの新たな波とワクチンの希望の間に閉じ込められ、関心を示さなかった。新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の予防ワクチンを開発しているいくつかのフロントランナー企業は、ステージ3のテストからの初期の結果を報告し、有望な結果を提供している。世界は金曜日に11,752人の新しいコロナウイルスによる死亡を報告し、パンデミックが始まって以来最も致命的な日となった。そのような数は経済回復の遅れと以前より急な下降につながる可能性のあるさまざまな制限措置の導入への可能性がある。

マクロ経済データは状況を反映している。今週の月曜日、Markitは、経済の健全性に関する新たなヒント、EUと米国のPMIの11月の暫定推定値を公開する。製造活動とサービスの出力は、ヨーロッパでは10月のレベルから縮小しているのに対し、米国のものは拡張領域で安定しているのが見られる。


英ポンド/米ドル:ブレクジットとワクチンへの楽観視の中で強気トレーダーは1.3300を取り戻す

英ポンド/米ドルは、月間最高値の1.3300を超え、7日間の連勝を記録している。英國日報The UK Timesでは、ホワイトホールの情報源としてブレクジットについて述べ、英紙ガーディアンでは、スナック財務大臣が英国の厳しい立場を示していると述べている。

1日のローソク足によると、英ポンド/米ドルは強気であり、テクニカル指標がプラスのレベル内で前進し、強度が制限されているために強気の移動平均を上回っている。4時間足のチャートでは、英ポンド/米ドルはニュートラルから強気のスタンス。モメンタム指標はニュートラルレベルにとどまり、RSIは約61に進みます。強気の20 SMAは、現在1.3260の動的サポートを提供します。1.3320を超える明確なブレークでは急な前進が期待される。サポートレベル:1.3260 1.3210 1.3165、レジスタンスレベル:1.3320 1.33651.3410。

米国の混乱はドルを圧迫し続け、英ポンドはブレクジットの希望に支えられた。EUの交渉担当者がコロナウイルスの陽性反応を示した後、英国とEU間の交渉は中断されたが、その後すぐに再開された。欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ ライエン氏は金曜日に、「終わりまでまだかなりの距離がある」と付け加えたものの、「より良い進歩」があったと述べた。市場では、今週発表が行われる可能性があることを示唆している。

英ポンドは、10月の小売売上高がさらに支持され、10月の小売売上高は前月比1.2%、前年比5.8%増加し、予想を上回り、6か月連続で増加を記録した。Markitは英国の11月の暫定PMIを公開する。製造活動は53.7から50.5と縮小してみえ、サービスの出力は前月の51.4から42.5になると予想される。


豪ドル/米ドル:ワクチンへの楽観視の中で0.7300を超え伸び続けている

豪ドル/米ドルは、オーストラリアで最も人口の多い2つの州での州境の再開を強気が支持しているため、0.7300を超える上昇を維持している。ワクチンの急速な展開に対する期待も、進むS&P 500の先物も、明るい市場ムードにプラス効果を与えている。


金:200日移動平均線(SMA)に近づく

金は200時間のSMAハードルを超えるのに苦戦している。買い手は金曜日にその平均を超える足場の確立に失敗した。1,850ドルの長年のサポートからの最新の跳ね返りにもかかわらず、当面のバイアスは中立を維持している。


WTI:ワクチンへの楽観視から、42.50ドルを超える週最高値を更新

WTIは、月曜日に4回連続で上昇する。先週、週に3回連続で上昇を記録した金は、新型コロナウイルスのワクチン試験の成功に湧き上がる世界中での感情に支えられているため、先週の急増をさらに強化しようとしている。

経済見通し:

2020年の政策立案者と金融市場の問題は、10年に及ぶ拡大が1年以上にわたって続くかどうかにかかっている。当社は楽観的な根拠が見える。貿易摩擦による逆風は減少する傾向にあり、ここ数カ月に見られた金融政策と財政政策の広範ではあるが中程度の緩和により相殺されるだろう。


資産の種類ごとの要約

外国為替

2019年の1年間は控えめな米ドル高だったが、2020年は控えめな米ドル安の年になりそうだ。ただし、タイミングが重要となってくる。ユーロが資金調達通貨のステータスを下げるのが難しくなるなか、少なくとも本年初頭には、有意な米ドルの弱さは見られないだろう。しかし、ユーロの次の大きな動きはおそらくより高くなることだろう。

株式

2020年は、経済の安定化と健全な財務状況により、市場は広く支持され、成長から価値へのローテーションのテーマには勢いあると予想される。株式についてはやや建設的であるが、投資家はそのポジショニングを機敏に保つ必要があると考えているだろう。

コモディティ

金のサポートレベルは約1410ドルになると予想される。予測は調整されるが当社は強気の姿勢を維持している。金の12か月の目標は1575米ドルである。



下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年11月23日
08:50 国内総生産 (前年比) (Q3) JPY
1日中 日本 – 労働者の日 祝日
06:45 小売売上高 (前期比) (Q3) NZD
17:15 製造業購買担当者景気指数 (11月) EUR
17:15 サービス業購買担当者景気指数 (11月) EUR
17:30 製造業購買部協会景気指数 (11月) EUR
17:30 サービス業購買部協会景気指数 (11月) EUR
18:00 製造業購買担当者景気指数 (11月) EUR
18:00 マーケット総合PMI (11月) EUR
18:00 サービス業購買部協会景気指数 (11月) EUR
18:30 総合PMI GBP
18:30 製造業購買部協会景気指数 (11月) GBP
18:30 サービス業購買部協会景気指数 (11月) GBP
18:40 ホールデンBOE金融政策委員発言 GBP
22:10 ECBのシュナーベル氏発言 EUR
23:45 製造業購買管理者指数 (11月) USD
23:45 マーケット総合PMI (11月) USD
23:45 サービス業購買部協会景気指数 (11月) USD
火曜日 – 2020年11月24日
01:30 10年物中期米国債入札 USD
03:00 米国 連邦公開市場委員会メアリー・デイリー委員発言 USD
11:30 オーストラリア準備銀行総裁補佐デベル氏の発信 AUD
16:00 国内総生産 (前期比) (Q3) EUR
16:00 国内総生産 (前年比) (Q3) EUR
18:00 景気予測 (11月) EUR
18:00 現況分析 (11月) EUR
18:00 IFO景況指数 (11月) EUR
20:30 MPC ハスケル委員発言 GBP
21:05 日銀総裁、黒田発言する JPY
22:00 イツBubaマウデラー氏発言 EUR
22:15 ECBのシュナーベル氏発言 EUR
23:00 S&P/ ケース・シラー住宅価格指数(20都市) (前年比) (9月) USD
23:00 ラガルドECB総裁 発言 EUR
水曜日 – 2020年11月25日
00:00 消費者信頼感指数 (11月) USD
未定 秋の予報ステートメント GBP
01:00 連邦公開市場委員会メンバー、ダドリー発言する USD
01:00 ドイツ連銀ベーアマン氏発言 EUR
02:00 連邦公開市場委員会メンバーの
ウィリアムズ氏の発信
USD
02:45 連邦公開市場委員会
リチャード・クラリダ副議長発言
USD
02:45 カナダ銀行ウィルキンス副総裁発言 CAD
02:45 ECBのレーン氏発言 EUR
05:00 RBNZ金融安定性報告書 NZD
06:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
09:30 建築完了件数 (前期比) (Q3) AUD
11:00 ニュージーランド準備銀行オア総裁発言 NZD
16:40 ドイツBubaマウデラー氏発言 EUR
18:00 ECB金融安定報告 EUR
未定 10年物スペイン国債入札 EUR
未定 10年物独国債入札 EUR
20:00 フランス合計求職者数 EUR
22:30 コア耐久財受注 (前月比) (10月) USD
22:30 コアPCE物価指数 (前月比) USD
22:30 個人消費支出価格指数コア (前年比) (10月) USD
22:30 コアPCE物価指数 (前月比) (10月) USD
22:30 耐久財受注 (前月比) USD
22:30 雇用コスト指数 (前期比) USD
22:30 国内総生産 (前期比) (Q3) USD
22:30 GDP物価指数 (前期比) (Q3) USD
22:30 良好な貿易収支 (10月) USD
22:30 失業保険申請件数 USD
22:30 個人消費支出価格指数 (前年比) (10月) USD
22:30 個人消費支出価格指数 (前月比) (10月) USD
22:30 個人支出 (前月比) (10月) USD
22:30 小売業在庫(自動車を除く) (10月) USD
23:30 シーボル・クッシング原油在庫レポート USD
木曜日 – 2020年11月26日
1日中 アメリカ – 感謝祭 祝日
00:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (11月) USD
00:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (11月) USD
00:00 新築住宅販売戸数 (10月) USD
00:00 新築住宅販売 (前月比) (10月) USD
未定 秋の予報ステートメント GBP
00:30 原油在庫量 USD
00:30 クッシング原油在庫 USD
03:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
03:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
04:00 FOMC議事要旨 USD
06:45 貿易収支 (前月比) (10月) NZD
06:45 貿易収支 (前年比) (10月) NZD
09:30 民間新規設備投資 (前期比) (Q3) AUD
16:00 GfK独消費者信頼感指数 (12月) EUR
16:30 雇用水準 (Q3) CHF
20:30 ECBは、金融政策の会議のアカウントを発行した。 EUR
21:00 ECBのレーン氏発言 EUR
21:30 ECB金融政策発表 EUR
22:00 ECBのシュナーベル氏発言 EUR
金曜日 – 2020年11月27日
08:30 東京都区部コア消費者物価指数(CPI) (前年比) (11月) JPY
08:30 東京都区部のコアコア消費者物価指数(CPI) (前月比) (11月) JPY
16:00 ネーションワイド住宅価格指数 (前月比) GBP
16:00 全国的住宅価格指数 (前年比) GBP
16:45 個人消費 (前月比) (10月) EUR
16:45 消費者物価指数 (前月比) EUR
16:45 国内総生産 (前期比) (Q3) EUR
16:45 フランスHICP (前月比) EUR
17:10 ドイツ連邦銀行総裁ヴァイトマン氏の発信 EUR
17:10 ドイツ連邦銀行総裁ヴァイトマン氏の発信 EUR
18:30 ECBのパネッタ氏発言 EUR
19:00 ECBのシュナーベル氏発言 EUR
19:45 10年物イタリア国債入札 EUR
未定 10年物イタリア国債入札 EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。