FX週間レポート (9月第3週)|パウエルFRB議長のスピーチの謎、リスク回避の中で米ドル/円は損失を104.50未満に拡大

2020年9月21日



主な点:

  • • リスク回避の中で米ドル / 円は損失を104.50未満に拡大
  • • ユーロ/米ドルはより低い逆転の可能性あり
  • • 英ポンド/米ドル:短期上昇チャネル内で200HMAで跳ね返る
  • • 豪ドル/米ドルはPBOCの現状維持で0.7300を超える利益を維持
  • • 主要指標によると、金はブレイクアウトへ
  • • WTI米イランの緊張の中で41.00ドルに下落し、ウイルスの問題を深刻化


リスク回避の中で米ドル/円は損失を104.50未満に拡大

米ドル/円は、アジア株式のリスクオフ取引と幅広い米ドル安の中、104.00に向けて下落を再開し、東京の市場は敬老の日のために静かなため、焦点はパウエルFRB議長のスピーチに移る。

米ドル/円は昨年3月以来の最低の毎日の終値を記録し、さらに下落するように見える。日足チャートは、それがすべての移動平均をはるかに下回り、緩やかな弱気の傾斜を示している。4時間足チャートでは、テクニカル指標は売られすぎの水準から急激に回復しましたが、マイナスの水準内にとどまっている。その間、20 SMAは、現在の大きな指標よりも確実に低くなっている。動的抵抗を提供し、サポートレベルは104.20 103.85 103.40、レジスタンスレベルは108.90 105.25 105.60。

米ドル安と弱気の連邦準備制度理事会はペアを弱気に保ち、下落は株式の酸味のトーンによって悪化した。金曜日、米国財務省の利回りは高騰し、不振を抑えたが、ほとんど変化せずにその付近で週を終え、安全通貨に対する需要の増加のもう一つの兆候だろう。

週の終わりに、日本は1日の初めに8月の国民インフレ率を発表したが、予想を下回った。年間CPIはわずか0.2%増加したが、コアのリーディングは予想どおり-0.4%だった。日本は 月曜日と火曜日は連休。リリースが予定されているマクロ経済データはない。


ユーロ/米ドルはより低い逆転の可能性あり

ユーロ/米ドルの2週間の優勢な価格行動により、短期的な弱気の反転が予見される可能性がある。ユーロ/米ドルは、9月18日までの5日間、週次チャートで2番目の連続した童子のろうそくを形成しました。通常、童子は市場での優柔不断を表すために用いられる。

ユーロ/米ドルは日次チャートによればニュートラルである。これは、方向性のない20 DMAの周りで1週間ほど留まっていたためだが、大きいDMAはその下をはるかに上回り続ける。RSIインジケーターがフラット(54)になっている間、モメンタムインジケーターは中央線の周りでわずかに低くなった。短期的に4時間足チャートを見ると、テクニカルな状況はニュートラルから弱気であり、ユーロ米ドルは密集する移動平均とインジケーターが中線付近で低くなっている。サポートレベルは1.1795 1.1750 1.1710。レジスタンスレベルは1.1880 1.1915 1.1950。

米国は金曜日にミシガン州の消費者感情指数の暫定推定値を発表し、9月には8月の74.1から78.9に改善されたが、米国の指数は3週間連続で下落した。

ワシントンがグーグルとアップルに日曜日の時点でTikTokとWe-Chatをプラットフォームから削除するように命じた後、コロナウイルス援助パッケージの不在と懸念が渦を巻き、米国と中国の間の緊張が新たに生まれた。ウィルバー・ロス米国商務長は、中国企業とオラクルの間の取り決めが進展する中、9月27日までの1週間の遅れを発表した。パンデミックか進み低迷する世界的成長は、悲観的な状況が加わっている。マクロ経済のカレンダーは、最近、第1ティアのデータが含まれないため、市場センチメントが金融市場への最大の影響を続けるだろう。となるだろう。


英ポンド/米ドル:短期上昇チャネル内で200-HMAで跳ね返る

英ポンド/米ドルは1.2900を超えたまま金曜日の損失の拡大を食い止めた。通常のRSI、強気チャートパターンは強気のトレーダーに追加の手がかりを提供する。売り手はチャンネルのサポートを征服することで毎月の安値に注目するかもしれまない。

ポンド/米ドルの日足チャートは、ペアが弱気の20 DMAを下回るように推移し、テクニカルインジケーターがマイナスレベル内で下に向かっているため、リスクが下落に偏っていることを示している。100と200DMAはレベルをそれほど下回らずに収束している。4時間チャートでは、一週間をほぼ大きなものより下回った後、ペアが20 SMAを下回ったためにテクニカルインジケーターが他の足を低くサポートしている。急な弱気の傾斜のある地域。サポートレベルは1.2900 1.2860 1.2810で、レジスタンスレベルは1.2950 1.2990 1.3045。

COVID-19の感染数の増加に伴い、英国の通貨は勢いを失った。英国は北部のいくつかの都市を封鎖し、週末の間、ジョンソン首相は規制の強化を検討していると言われている。ニュースは、英国が世帯の混合を禁止し、パブの営業時間を短縮することを示唆している。

今週の終わりまでにイギリスは8月の小売売上高を発表する。この数値は、0.8%の前月比で予想を上回り、売上高は前年比2.8%増で予想を下回っているが、前回の1.4%の倍になっている。今週月曜日、BOEメンバーはインフレ報告聴聞会の前にスピーチを予定している。


豪ドル/米ドルはPBOCの現状維持で0.7300を超える利益を維持

豪ドル/米ドルは新しい週の初めから市場の感情が混じり合っているため、市場全体のフレッシュな米ドル売りの中で豪ドル/米ドルは0.7300を0.7300を取り戻す。オーストラリアPPMモリソンと中国の習近平国家主席からの明るいコメントはPBOCの地位にもかかわらず強気を支持している。


主要指標によると、金はブレイクアウトへ

金の狭い価格帯での数週間の統合は、 日足チャートインジケーターが強気に転じようとしているため、強気のブレイクアウトで終わる可能性がある。金は過去4週間で下降三角形のパターンを作成した。


WTI米イランの緊張の中で41.00ドルに下落し、ウイルスの問題を深刻化

WTIは50日SMAを下回る水準を維持しており、週の初めは$41.18から下がっている。エネルギーベンチマークは、米国イランの闘争とコロナウイルス(COVID-19)の見出しからヒントを得ながら、2週間以上にわたって50日SMAを追跡し続けている。さらなる刺激の中で、中国の楽観主義はエネルギー強気で支持している。


経済見通し:

2020年の政策立案者と金融市場の問題は、10年に及ぶ拡大が1年以上にわたって続くかどうかにかかっている。当社は楽観的な根拠が見える。貿易摩擦による逆風は減少する傾向にあり、ここ数カ月に見られた金融政策と財政政策の広範ではあるが中程度の緩和により相殺されるだろう。


資産の種類ごとの要約

外国為替

2019年の1年間は控えめな米ドル高だったが、2020年は控えめな米ドル安の年になりそうだ。ただし、タイミングが重要となってくる。ユーロが資金調達通貨のステータスを下げるのが難しくなるなか、少なくとも本年初頭には、有意な米ドルの弱さは見られないだろう。しかし、ユーロの次の大きな動きはおそらくより高くなることだろう。

株式

2020年は、経済の安定化と健全な財務状況により、市場は広く支持され、成長から価値へのローテーションのテーマには勢いあると予想される。株式についてはやや建設的であるが、投資家はそのポジショニングを機敏に保つ必要があると考えているだろう。

コモディティ

金のサポートレベルは約1410ドルになると予想される。予測は調整されるが当社は強気の姿勢を維持している。金の12か月の目標は1575米ドルである。



下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年9月21日
1日中 日本 – 敬老の日 祝日
10:30 PBoC ローンプライムレート CNY
21:30 新築住宅価格指数 (前月比) (8月) CAD
21:30 新築住宅価格指数 (前月比) (8月) CAD
23:00 FRBパウエル議長発言 USD
火曜日 – 2020年9月22日
1日中 日本 – 秋分の日 祝日
01:00 連邦公開市場委員会メンバーブレイナード氏の発信 USD
07:00 連邦公開市場委員会メンバーのウィリアムズ氏の発信 USD
09:30 オーストラリア準備銀行総裁補佐デベル氏の発信 AUD
11:00 RBNZ政策金利声明 NZD
16:30 BOEベイリー総裁発言 GBP
19:00 CBI製造業受注指数 (9月) GBP
23:00 中古住宅販売 (前月比) (8月) USD
23:00 中古住宅販売戸数 (8月) USD
23:30 FRBパウエル議長証言 USD
水曜日 – 2020年9月23日
未定 米財務省 為替報告書 USD
05:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
09:30 Nikkeiサービス業PMI JPY
11:00 政策金利発表 NZD
15:00 GfK独消費者信頼感指数 (10月) EUR
16:00 国内総生産(GDP) (前期比) (Q2) EUR
16:15 製造業購買担当者景気指数 (9月) EUR
16:15 サービス業購買担当者景気指数 (9月) EUR
16:30 製造業購買部協会景気指数 (9月) EUR
16:30 サービス業購買部協会景気指数 (9月) EUR
17:00 製造業購買担当者景気指数 (9月) EUR
17:00 マーケット総合PMI (9月) EUR
17:00 サービス業購買部協会景気指数 (9月) EUR
17:30 総合PMI GBP
17:30 製造業購買部協会景気指数 GBP
17:30 サービス業購買部協会景気指数 GBP
20:50 日銀金融政策発表 JPY
22:00 FOMCメンバー、メスター談話 USD
22:30 シーボル・クッシング原油在庫レポート USD
22:45 製造業購買管理者指数 (9月) USD
22:45 マーケット総合PMI (9月) USD
22:45 サービス業購買部協会景気指数 (9月) USD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2020年9月24日
07:45 貿易収支 (前年比) (8月) NZD
07:45 貿易収支 (前月比) (8月) NZD
08:50 金融政策決定会合議事要旨 JPY
16:30 政策金利発表 CHF
16:30 スイス国立銀行金融政策評価 CHF
17:00 景気予測 (9月) EUR
17:00 現況分析 (9月) EUR
17:00 IFO景況指数 (9月) EUR
17:00 欧州中央銀行(ECB)経済報告 EUR
18:30 欧州中銀長期リファイナンシング・オペ EUR
19:00 CBI製造業受注指数 (8月) GBP
21:30 失業保険申請件数 USD
23:00 BOEベイリー総裁発言 GBP
23:00 新築住宅販売 (前月比) (8月) USD
23:00 新築住宅販売戸数 (8月) USD
金曜日 – 2020年8月25日
19:00 フランス合計求職者数 EUR
21:30 コア耐久財受注 (前月比) (8月) USD
21:30 耐久財受注 (前月比) (8月) USD
土曜日 – 2020年9月26日
04:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。