FX週間レポート (3月第5週)|米国の原油価格は20ドルを下回る、米ドル/円は107.00で損失を維持

2020年3月30日



主な点:

  • • ユーロ/米ドル:トランプ大統領が4月までロックダウンを延長するため、1.11を下回る
  • • 中国の金利引き下げ後、米ドル/円は107.00で損失を維
  • • 英ポンド/米ドル:コロナウイルスの危機の最中、約1.2400で2週間での高値へ
  • • 米国の原油価格は20ドルを下回る


ユーロ/米ドル:トランプ大統領が4月までロックダウンを延長するため、1.11を下回る

株式のリスク回避の中で、ユーロ/米ドルは1.11を下回った。ロックダウンの延長によってコロナウイルスの発生に対抗するというトランプ米大統領の決定は、より深刻な経済減速を引き起こす可能性が高い。ゴールドマンサックスによると、経済的影響はまだ始まったばかりだと考えている。米ドルは、アジアの株式と米国の株価指数先物におけるリスクオフのトーンの中で再び高まる。中国の金利引き下げにもかかわらず、投資家はリスクを回避している。おそらく米国の経済悪化とトランプ大統領による4月まで社会的距離の拡大への決定により、経済の大部分が停止する可能性がある。

ゴールドマンサックスのアナリストは、西側の経済的影響はまだ始まったばかりであり、株式市場ではさらになる売りが見られる可能性があると考えています。その結果、米国債(および米ドル)は、短期的には引き続きセーフヘブンの需要を引き寄せる可能性がある。

ANZの調査によると、欧州連合からの統一財政反応に遅れがある場合、提示された口調はさらに強まる可能性がある。月曜日にリリースされるデータは非常に多く、欧州連合の消費者および企業の感情指数は3月のドイツの消費者物価指数とともに発表される予定である。米国では、保留中の住宅販売とダラス連邦機関の製造業指数に焦点が当てられる。


中国の金利引き下げ後、米ドル/円は107.00で損失を維持

中国による金利引き下げ後も株式市場の落ち着きは見られず、米ドル/円は引き続き赤字で取引されている。中国の金利引き下げと流動性注入は、投資家にリスクの高い資産の購入を奨励することに失敗した。アンチリスク円は引き続き強く、米ドル/円の下落を続けている。

米ドル/円ペアは低く修正され、最新の1日の価格107.65の38.2%リトレースメントのサポートレベルに達した。日足チャートでは、フラットな20 DMAは前述のフィボナッチレベルと収束しているが、ペアは100と200 SMAを下回っており、どちらも方向性の強さに欠けている。

言及された時間枠のテクニカル指標は、強気の強化、ポジティブなレベル内でのモメンタム、そしてすでに47にあるRSIを失っている。短期では、4時間チャートによると、リスクはマイナスに偏っている。現在ペアは弱気20 SMAをはるかに下回っているが、フラット100 SMAをわずかに上回っているだけでなく、テクニカルインジケーターは売られ過ぎの読み取り値を保持しているため、弱気感情の鈍化の兆候はみられない。

米国のコロナウイルスの症例数が中国の症例を大幅に上回った後、金曜日の市場センチメントは悪化した。ドルはウォールストリートと並んで下落し、どちらもペアの弱気になった。その間、米国債の利回りは大幅に低下し、ベンチマークの10年国債の利回りは0.67%に落ち着いた。週の終わりに、日本で発表した東京の3月のインフレでは、予想をわずかに下回り、前年比0.4%だったが、生鮮食品とエネルギー価格を除くコアリーディングは0.7%で安定したままとなった。マクロ経済カレンダーの今週月曜日は特に何もない。


英ポンド/米ドル:コロナウイルスの危機の最中、約1.2400で2週間での高値へ

ロックダウンの長期化が予想される中、英国の経済成長に関する悲惨な警告が出され、英ポンド/米ドルは月曜日に開かれるロンドンに先んじて1.2400でのバトルとなる。感染者数の急増とそれに加えボリス・ジョンソン首相の感染が最近ペアを圧迫した。 2019年12月12日の1.2217からのペアの下降の38.2%フィボナッチリトレースメントレベルに見積もりを引き下げる可能性がある。上値では、1.2470近くの50%フィボナッチリトレースメントが直接上向きのバリアとして機能する。

ガーディアン紙では、英国の経済生産が今年の第2四半期に前例のない15%へ急落する可能性があることを伝えながら、経済およびビジネス研究センター(CEBR)のレポートを信頼している。ニュースはまた、国の指導者を含む感染確定のケースが19,522人および死者数が1,228人と に増加したことを引用している。

他の場所では、英国電信局は、国立医療サービス(NHS)ロンドントラストの情報源によると、コロナウイルス患者の集中治療は現在、生存の可能性が「かなり確実」な患者に限定されているというニュースを発表した。さらに、ガーディアン紙は、政府がコロナウイルスと戦うための資金を流用するために、英国に自分の家を建てたたEU市民が違法になるリスクを挙げている。さらに、イギリスの副首席医療担当官であるジェニー・ハリーズ博士は、日曜日の日々の 記者会見で、英国における現在の外出制限は6か月間続く可能性があると述べた。


米国の原油価格は20ドルを下回る

コロナウイルスの世界的流行による需要の崩壊への対処のためにトレーダーが生産を停止しなければならないと賭けたため、米国の原油価格は日曜日の取引再開直後に18ドルで20ドルを下回った。ウェストテキサスインターミディエイト(West Texas Intermediate)またはWTIとして知られる米国のベンチマークは、1バレル19.92ドルの安値に達し、6%以上も下落した。国際的なベンチマークであるブレントは、6%減の1バレル23.03ドルで2002年以来の最低水準を記録している。

アジアの午後の取引では、ブレントはその損失の一部が小さくなり、5.8%減の23.48ドルとなった。 WTIは4.1%低く、20.63ドルだった。アナリストによると、世界の通常の消費量の4分の1が失われる可能性があると予測されており、ヨーロッパと北米での広範な封鎖により石油需要が大幅に減少したためと見られている。

サウジアラビアとロシア間の価格戦争のために供給が同時に蓄積しているため、トレーダーは、余剰が翌月に1日2500万バレルに達する可能性があると信じている。

米国のシェルやカナダのタールサンドなどの高コストの生産者は、これらの価格レベルでは 不採算となるが、企業は、他の生産者が最初に生産を止めて、業界での消耗の戦争を引き起こすことを期待している。しかし、2014-16年の最後の暴落と金融危機 で急落したレベルを下回る価格の下落の完全な速度と深さは、おそらく業界に迅速な報いを強いることになるだろう。

ベイカーヒューズのデータによると、米国のエネルギー生産者は、先週5年間で稼働している掘削リグの数をすでに最大に削減している。アナリストは、過去10年間でアメリカを世界のトップの石油生産国にした米国の石油産業は、2021年末までに1日あたり約1300万バレルの原油から、1日あたり2.5百万バレルも収縮する可能性があると計算している。

サウジアラビアは今月、コロナウイルス関連での需要へ対応でロシアと衝突した後、価格戦争を開始した。しかし、飛行機は飛ばず、自宅勤務と工場の閉鎖によって石油業界を悩ませている需要の低下がますます減っている。

経済見通し:

2020年の政策立案者と金融市場の問題は、10年に及ぶ拡大が1年以上にわたって続くかどうかにかかっている。当社は楽観的な根拠が見える。貿易摩擦による逆風は減少する傾向にあり、ここ数カ月に見られた金融政策と財政政策の広範ではあるが中程度の緩和により相殺されるだろう。


資産の種類ごとの要約

外国為替

2019年の1年間は控えめな米ドル高だったが、2020年は控えめな米ドル安の年になりそうだ。ただし、タイミングが重要となってくる。ユーロが資金調達通貨のステータスを下げるのが難しくなるなか、少なくとも本年初頭には、有意な米ドルの弱さは見られないだろう。しかし、ユーロの次の大きな動きはおそらくより高くなることだろう。

株式

2020年は、経済の安定化と健全な財務状況により、市場は広く支持され、成長から価値へのローテーションのテーマには勢いあると予想される。株式についてはやや建設的であるが、投資家はそのポジショニングを機敏に保つ必要があると考えているだろう。

コモディティ

金のサポートレベルは約1410ドルになると予想される。予測は調整されるが当社は強気の姿勢を維持している。金の12か月の目標は1575米ドルである。



下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2020年3月30日
22 分 KOF先行指数 (3月) CHF
22 分 スペインHICP (前年比) (3月) EUR
17:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) EUR
21:00 消費者物価指数 (前月比) (3月) EUR
23:00 中古住宅販売保留 (前月比) (2月) USD
火曜日 – 2020年3月31日
06:45 建築許可件数 (前月比) (2月) NZD
08:30 仕事/求職率 (2月) JPY
08:50 鉱工業生産 (前月比) (2月) JPY
08:50 小売業販売額 (前年比) (2月) JPY
09:00 HIA新築住宅販売戸数 (前月比) AUD
09:00 企業景況感指数 (3月) NZD
09:30 民間部門信用 (前月比) (2月) AUD
10:00 中国の複合PMI(3月) CNY
10:00 製造業PMI (3月) CNY
10:00 中国非製造業購買管理者指数 (3月) CNY
15:00 企業投資(四半期比) (前期比) (Q4) GBP
15:00 経常収支 (Q4) GBP
15:00 国内総生産 (前期比) (Q4) GBP
15:00 国内総生産 (前年比) (Q4) GBP
15:30 小売売上高 (前年比) (2月) CHF
15:45 個人消費 (前月比) (2月) EUR
15:45 消費者物価指数 (前月比) EUR
15:45 フランスHICP (前月比) EUR
16:55 失業率 (3月) EUR
16:55 独失業率 (3月) EUR
17:00 国内総生産(GDP) (前期比) (Q4) EUR
18:00 消費者物価指数 (前月比) (3月) EUR
18:00 コア指数 (前年比) EUR
18:00 消費者物価指数 (前年比) (3月) EUR
18:00 消費者物価指数 (前月比) EUR
18:45 10年物イタリア国債入札 EUR
21:30 国内総生産 (前月比) (1月) CAD
21:30 原材料価格指数 (前月比) (2月) CAD
22:00 S&P/ ケース・シラー住宅価格指数(20都市) (前年比) (1月) USD
22:45 シカゴ購買部協会景気指数 (3月) USD
23:00 消費者信頼感指数 (3月) USD
水曜日 – 2020年4月1日
06:30 AIG 製造業指数 (3月) AUD
08:50 大企業全産業設備投資短観 (Q1) JPY
08:50 大企業製造業短観指数 (Q1) JPY
08:50 日銀短観大企業製造業業況判断 (Q1) JPY
08:50 日銀短観大企業非製造業業況判断 (Q1) JPY
09:30 建築許可件数 (前月比) (2月) AUD
10:45 Caixin(財新)製造業購買者担当者指数 (3月) CNY
15:00 小売売上高 (前月比) (2月) EUR
16:15 製造業PMI (3月) EUR
16:30 SVME購買担当者景気指数 (3月) CHF
16:45 イタリア製造業購買管理者指数 (3月) EUR
16:50 製造業購買担当者景気指数 (3月) EUR
16:55 製造業購買部協会景気指数 (3月) EUR
17:00 製造業購買担当者景気指数 (3月) EUR
17:30 製造業購買部協会景気指数 (3月) GBP
18:00 失業率 (2月) EUR
21:15 ADP非農業部門雇用者数 (3月) USD
22:45 製造業購買管理者指数 (3月) USD
23:00 ISM製造業雇用指数 (3月) USD
23:00 ISM製造業購買担当者景気指数 (3月) USD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2020年4月2日
12:35 10年物日本国債入札 JPY
15:00 ネーションワイド住宅価格指数 (前月比) (3月) GBP
15:00 全国的住宅価格指数 (前年比) (3月) GBP
15:30 消費者物価指数 (前月比) (3月) CHF
16:00 スペイン失業変化 EUR
17:30 建設業購買担当者景気指数 (3月) GBP
18:00 10年物スペイン国債入札 EUR
21:30 輸出 USD
21:30 輸入 USD
21:30 失業保険申請件数 USD
21:30 貿易収支 (2月) USD
21:30 貿易収支 (2月) CAD
23:00 製造業新規受注 (前月比) (2月) USD
金曜日 – 2020年4月3日
09:30 小売売上高 (前月比) (2月) AUD
09:30 Nikkeiサービス業PMI (3月) JPY
10:45 中国Caixin(財新)サービス業PMI (3月) CNY
16:15 サービス業PMI (3月) EUR
16:45 イタリアサービス業購買管理者指数 (3月) EUR
16:50 サービス業購買担当者景気指数 (3月) EUR
16:55 サービス業購買部協会景気指数 (3月) EUR
17:00 マーケット総合PMI (3月) EUR
17:00 サービス業購買部協会景気指数 (3月) EUR
17:30 総合PMI (3月) GBP
17:30 サービス業購買部協会景気指数 (3月) GBP
18:00 小売売上高 (前月比) (2月) EUR
21:30 平均時給 (前月比) (3月) USD
21:30 平均時給(前年比) (前年比) (3月) USD
21:30 非農業部門雇用者数 (3月) USD
21:30 行動者率 (3月) USD
21:30 非農業部門民間雇用者数 (3月) USD
21:30 失業率 (3月) USD
22:45 マーケット総合PMI (3月) USD
22:45 サービス業購買部協会景気指数 (3月) USD
23:00 ISM非製造業雇用指数 (3月) USD
23:00 ISM非製造業指数 (3月) USD
土曜日 – 2020年4月4日
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
04:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30 CFTC Nasdaq 100投機的ポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR



注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。