FX週間レポート (9月第4週)|英国の政治劇の中で英国/米国の貿易楽観主義からGBP/USDにはプラス

2019年9月23日



主な点:

  • • USD/JPYは、アジアで高値でスタート
  • • AUD/USDは0.6800に向かって上昇
  • • 英国の政治劇の中で英国/米国の貿易楽観主義からGBP/USDにはプラスに


USD/JPYは、アジアで高値でスタート

2020年秋の米大統領選の前に取引を確保するための緊急感の欠如を示唆したトランプ米大統領の金曜日のコメントに続いて、貿易交渉のセンチメントが軌道に乗っているため、USD/JPYはアジア取引セッションで高値で今週の取引が始まった。USD/JPYは現在107.74で取引されており、107.60の安値から107.75の安値に0.20%上昇している。

先週の金曜日、USD/JPYは108.00から107.53に下落した後、金曜日に米国から交渉チームが突然抜けしたにも関わらず、10月にも貿易交渉が続くという中国当局からの週末のニュースで再び強まった。

先週の連邦準備制度政策会議が注目を集めた

Westpac(ウェストパック)のアナリストは次のようにコメントしている。「 ブラード総裁(ハト派)とローゼングレン(タカ派)は先週のFOMC会議で反対意見の根拠を表明した。クラリダ副議長は、 世界的経済の副議長のクラリダは、FOMCの声明は、最新のカットでの保険の提供、米国経済の健全な回復力、地球環境の弱さによる懸念を明らかにした。ローゼングレンの懸念に対抗して、クラリダは、財政的な不安定性が高まる兆候はないと述べている。

米国の利回りについては、2年物国債利回りは1.75%から1.68%に低下し、10年物利回りは1.79%から1.72%となった。Westpacのアナリストは、「市場は年末までに26bpの緩和と1.22%の最終金利(FRBの現在の金利は1.88%)を設定している」と述べた。


AUD/USDは0.6800に向かって上昇

AUD / USDペアは新たなビッドから、0.68ハンドルに向けて回復を拡大し、貿易救済の市場気分が改善する中、商品価格の上昇からのサポートを見つけようとしている。さらに、オーストラリアは、米ドルベースの最近の弱さからも恩恵も受けている。

14バーの相対強度指数(RSI)の売られすぎ条件がAUD / USDペアの最新の引き戻しを引き起こしたが、相場は月曜日の初めに0.6780前後で取引されているため、以前として短期の主要なレジスタンスを下回っている。

水曜日以降の0.6785での下降傾向のトレンドラインが上昇へ抵抗しており、それに続いて0.6800付近の200バーの単純移動平均(SMA)レベルが続いている。0.6800を超えて価格が上昇する場合、0.6830と0.68650は、0.6900に近い月間再考を目標とする前にバイヤーを興奮させるだろう。

一方、ペアの下落が61.8%未満のフィボナッチリトレースメントレベル0.6760の場合、0.6740を取り巻く8月末の高値が再びやってくるが、その後0.6700、0.6690、0.6675が売り手のレーダーでフラッシュする可能性がある。


英国の政治劇の中で英国/米国の貿易楽観主義からGBP / USDにはプラスに

GBP/USDペアは、ブレグジットの新しいヘッドラインがなかった時点で米英貿易協定を支持するといった話からがプラスとなった。 月曜日に開かれたロンドン市場が開ける前に、クオートはビッドを1.2490としている。

ドナルドトランプ米国大統領と英国(英国)首相(PM)は、2020年7月までに超高速で貿易協定に署名することに合意した。ただし、これに関する主要な詳細は共有されていない。英国のEU離脱問題に関しては、アイルランドとの国境問題がある限り、EUと英国のEU離脱交渉者はいまだに対立している。最新のニュースでは、アイルランドのバックストップに関する英国の提案に対するEUの評価不足を伝えている。ただし、両チームは、国連の会議に向かう前に、いましばらくこの問題を議論する予定だ。 野党労働党は、選挙後、国民党の議題に投票します。党リーダーのジェレミー・コービンは、最近、英国がEUから離脱することでより良くなると言い仲間の政治家を驚かせた。さらに、英国首相の議会閉会に対する訴訟は最高裁判所で議論され、最終審理は火曜日に開始される可能性が高い。

他方、米中貿易劇は、中東からの地政学的な緊張が米ドル(USD)需要にも寄与している一方で、中国代表の米国からの早期撤退が否定的な雰囲気を継続して広げている。

発行予定の主要なデータ/イベントが不足しているため、投資家は貿易/政治ニュースを見ながら、米国の月間購買管理指数(PMI) をモニターする。さらに、フランクフルトで開催される欧州中央銀行(ECB)の会議でも、主要な中央銀行の政策立案者からのスピーチが行われるため、注意深く観察する必要がある。


経済見通し:
先進国および発展途上市場の中央銀行は、深刻な景気後退に対応する急激な政策反転ではなく、回復を拡大させるためにミニ緩和グサイクルとなる可能性のある金利の引き下げを始めた。

資産の種類ごとの要約

外国為替

複雑な通貨競合を引き起こす可能性のある直接的な米ドル通貨介入への移行は可能ではあるが、そうなる可能性は低い。10月にMASが緩和される可能性が高まると、シンガポールドルの回復力がさらに弱まる可能性がある。少なくとも短期的には、エマージング通貨に対してさらにマイナスとなるだろうした。

株式

8月初旬の急激な貿易緊張の高まりを受けて、当社の戦略チームは、リスク資産の短期的な弱さを見越して資産クラスをニュートラルのポジションをとった。これは、米国株式のオーバーウェイトなポジションを中立に下げ、アジアへの加重 ポジションを減少すことで達成される。 日本株はアンダーウェイト。

コモディティ

銀の金に対する極端なパフォーマンスの低下は反転し始めている。12か月の金価格は、米国政権による通貨介入リスクの高まりと、トランプ氏が関税の脅威の再強化する中、1500ドル(旧:1450ドル)にアップグレードされた。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2019年9月23日
1日中 日本 – 秋分の日 JPY
16:15 製造業購買担当者景気指数 (9月) EUR
16:15 サービス業購買担当者景気指数 (9月) EUR
16:30 製造業購買部協会景気指数 (9月) EUR
16:30 サービス業購買部協会景気指数 (9月) EUR
17:00 製造業購買担当者景気指数 (9月) EUR
17:00 マーケット総合PMI (9月) EUR
17:00 サービス業購買部協会景気指数 (9月) EUR
19:00 CBI製造業受注指数 (9月) GBP
21:30 卸売売上高 (前月比) (7月) CAD
22:45 製造業購買管理者指数 (9月) USD
22:45 マーケット総合PMI (9月) USD
22:45 サービス業購買部協会景気指数 (9月) USD
火曜日 – 2019年9月17日
09:30 Nikkeiサービス業PMI JPY
14:35 日銀総裁、黒田発言する JPY
17:00 景気予測 (9月) EUR
17:00 現況分析 (9月) EUR
17:00 IFO景況指数 (9月) EUR
18:55 ロウRBA総裁発言 AUD
19:00 CBI製造業受注指数 (9月) GBP
22:00 S&P/ ケース・シラー住宅価格指数(20都市)
(前年比) (7月)
USD
23:00 消費者信頼感指数 (9月) USD
水曜日 – 2019年9月18日
05:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
07:45 貿易収支 (前年比) (8月) NZD
07:45 貿易収支 (前月比) (8月) NZD
08:50 金融政策決定会合議事要旨 JPY
11:00 政策金利発表 NZD
11:00 RBNZ政策金利声明 NZD
12:00 RBNZ記者会見 NZD
15:00 GfK独消費者信頼感指数 (10月) EUR
17:30 住宅ローン承認件数 GBP
18:40 10年物独国債入札 EUR
19:00 フランス合計求職者数 EUR
23:00 新築住宅販売 (前月比) (8月) USD
23:00 新築住宅販売戸数 (8月) USD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2019年9月19日
15:00 GfK独消費者信頼感指数 (10月) EUR
17:00 欧州中央銀行(ECB)経済報告 EUR
21:30 国内総生産 (前期比) (Q2) USD
21:30 GDP物価指数 (前期比) (Q2) USD
21:30 良好な貿易収支 (8月) USD
21:30 失業保険申請件数 USD
21:30 小売業在庫(自動車を除く) (8月) USD
23:00 中古住宅販売保留 (前月比) (8月) USD
金曜日 – 2019年9月20日
08:30 東京都区部コア消費者物価指数(CPI) (前年比) (9月) JPY
08:30 東京都区部のコアコア消費者物価指数(CPI)
(前月比) (9月)
JPY
15:00 ネーションワイド住宅価格指数 (前月比) (9月) GBP
15:00 全国的住宅価格指数 (前年比) (9月) GBP
15:45 個人消費 (前月比) (8月) EUR
15:45 消費者物価指数 (前月比) EUR
15:45 フランスHICP (前月比) EUR
16:00 サンダースBOE金融政策委員発言 GBP
16:15 欧州中銀(ECB)ルイス・デギンドス副総裁発言 EUR
18:00 消費者物価指数 (前月比) (9月) EUR
18:45 10年物イタリア国債入札 EUR
未定 10年物イタリア国債入札 EUR
21:30 コア耐久財受注 (前月比) (8月) USD
21:30 コアPCE物価指数 (前月比) (8月) USD
21:30 個人消費支出価格指数コア (前年比) (8月) USD
21:30 耐久財受注 (前月比) (8月) USD
21:30 連邦公開市場委員会クォールズ副議長発言 USD
21:30 個人消費支出価格指数 (前月比) (8月) USD
21:30 個人消費支出価格指数 (前年比) (8月) USD
21:30 個人支出 (前月比) (8月) USD
23:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (9月) USD
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (9月) USD
土曜日 – 2019年9月21日
01:00 FOMCメンバー ハーカー 談話 USD
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
04:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30 CFTCナスダック100投機的ポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR