FX週間レポート (7月第3週)|米国の利下げによりドル高の経済的影響の緩和の可能性、USD/JPYペアの入札価格は108.10付近

2019年7月16日



主な点:

• 米国の利下げによるドル高の経済的影響の軽減
• USD/JPYペアの入札価格は108.10付近
• EUR/USD:ECB緩和策の賭けの中、逆に1.1300以下の上限


米国の利下げによりドル高の経済的影響の緩和の可能性

米国の金利引き下げはドル高の経済的影響を緩和するために設定されている、とFRBの政策決定者たちは今週発表された 最新の会議の議事録で述べた。 しかし、ドナルド・トランプ大統領によるドル高への焦点は、今後も続く可能性が高い。

ここ数週間で、米国大統領は通貨を操作していると多くの国々を非難し、制裁を課すと脅し、FRB議長のジェローム・パウエル氏に圧力をかけ金利引きドル高を弱くするために行なっていると繰り返し述べている。

米ドル/ 円通過ペアの平均価格108.10

中国の明るいデータと相まって日本市場が閉鎖されていることを考えると、米ドル/ 円ペアは108.10近くに達している。日本の金融市場は海の日のため閉鎖され、中国は6月の小売販売と工業生産を発表し、第2四半期(第2四半期)の国内総生産(GDP)もアジアの初期セッション中に発表された。

中国のデータによると、GDPの年間成長率は6.2%の予測に一致したが、残りの統計は市場の合意を超えて上昇し、世界第2位の経済大国としての経済回復の期待へとつながった。

市場を楽観的にしているのは、最近の通過ペアを下方へと引きずる米中貿易のフロントまたは米連邦準備制度のどちらか一方の赤信号の欠如している可能性がある。

世界のリスクゲージ、米国の10年物国債利回りは月の最高値に達し、2.124%の水準を記録した。経済カレンダーに目新しいデータや出来事がない中で、貿易/政治のヘッドラインが当面の市場センチメントを支配し続ける一方で、6月のニューヨークエンパイアステートからの米国の月次製造指数もまた、新鮮なトレーダーのレーダーになるだろう。

EUR / USD:ECB緩和策の賭けの中、逆に1.1300以下の上限

ユーロと米ドルのペアは、ドルの復活需要とECBの金融緩和策への要望の高まりがさらに上振れすることで、1.13の水準を下回る狭いレンジで継続して集約されている。

ユーロ / 米ドルペアは金曜日に良好な双方向の値動きをしており、前セッションで設定された週の最高値をわずかに 数ピップスを下回る価格で週を終えた。米国物価指数(PPI)が発表された後、米ドルの需要が緩やかに回復したことを受けて、当初ペアは日中の最低水準の1.1238まで下落した。

木曜日の予想を上回る米国のCPIレポートを背景に、最新のPPIレポートもまたコンセンサスの予想より良好な発表となり、今月後半のFRBによる積極的な金融緩和への期待をさらに弱めた。同様のことが、米国の国債利回りののちに続く・勢いの強まりからも明らかになった。これは、米ドルの需要を支え、メジャーに対して下向きの圧力をかけている。

シカゴ連銀のチャールズ・エバンス氏は先週初め、ジェローム・パウエルのドーム的な発言に加わり、インフレ率を引き上げるには米国の利下げが必要だと指摘した。しかし、欧州中央銀行(ECB)が、おそらくFRBに先んじて追加の金融刺激策を発表する方向に進んでいるとの見通しは、少なくとも当面の間は、 上昇の見通しを弱めている。

経済見通し:
米中間の長期に及ぶ貿易紛争は、緩和ではなく、予期せぬ急上昇を引き起こした。このことは不可避的に成長見通しに影を落とす。

資産の種類ごとの要約

外国為替

貿易戦争が拡大し続けているので、市場は より大きな関税の可能性を考慮し始めている。 12ヶ月米ドル元予想は6.80(旧:6.60)に動いた。米ドルは長期的には過大評価されているように見えるが、公正価値への迅速な回復は あまり見られない。ユーロ米ドルの12か月目標を1.18(1.22から)に調整。

株式

金融市場の撤退を受けて、リスクと報酬は比較的バランスがとれている。 しかし、決定的な取引がないことは、依然として大きな問題となっている。 米中間のやりとりは、投資家のリスク選好度および世界的な株式市場に影響を与えるだろう。 全てを加味して、弊社は慎重に中立的でいる。

コモディティ

貿易戦争ヘッジとしての金は活躍していない。 貿易戦争が激化し、現在の「中国はアメリカ以上を失う」といった見方から、より危険な「勝者はいないが敗者のみ」へとなれば、金は追いつくだろう。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2019年7月15日
11:00 固定資産投資 (前年比) (6月) CNY
11:00 国内総生産(GDP) (前年比) (Q2) CNY
11:00 中国国内総生産 (前期比) (Q2) CNY
11:00 鉱工業生産 (前年比) (6月) CNY
11:00 失業率 CNY
11:00 統計局記者会見 CNY
15:30 生産者物価指数 (前月比) (6月) CHF
21:30 ニューヨーク連銀製造業景気指数 (7月) USD
21:50 連邦公開市場委員会メンバーのウィリアムズ氏の発信 USD
火曜日 – 2019年7月16日
07:45 消費者物価指数 (前期比) (Q2) NZD
07:45 消費者物価指数 (前年比) (Q2) NZD
10:30 金融政策委員会議事要旨 AUD
17:30 平均賃金(含ボーナス) (5月) GBP
17:30 失業保険申請件数 (6月) GBP
17:30 雇用者数(対前3ヶ月) (前月比) GBP
17:30 失業率 (5月) GBP
18:00 消費者物価指数 (前月比) (6月) EUR
18:00 現在のドイツZEWの状況 (7月) EUR
18:00 ZEW景気期待指数 (7月) EUR
18:00 貿易収支 (5月) EUR
18:00 ZEW景況感指数 EUR
21:00 イングランド銀行総裁、カーニー氏の発信 GBP
21:15 FOMCボスティック委員発言 USD
21:15 連邦公開市場委員会メンバー、ボウマン氏発言 USD
21:30 コア小売売上高 (前月比) (6月) USD
21:30 輸出価格 (前月比) (6月) USD
21:30 輸入物価指数 (前月比) (6月) USD
21:30 小売売上高 (前月比) (6月) USD
21:30 対外証券投資 (5月) CAD
22:15 鉱工業生産 (前月比) (6月) USD
23:00 企業在庫(前月比) (前月比) (5月) USD
未定 世界乳製品取引価格指数 NZD
水曜日 – 2019年7月17日
01:20 FOMCメンバー カプラン 談話 USD
02:00 FRBパウエル議長発言 USD
05:00 ネット長期TICフロー (5月) USD
05:30 米国石油協会 週間原油在庫 USD
16:30 欧州中銀(ECB)クーレ理事発言 EUR
17:30 消費者物価指数 (前年比) (6月) GBP
17:30 消費者物価指数 (前月比) (6月) GBP
17:30 CPIH (前年比) GBP
17:30 生産者物価指数(原材料価格) (前月比) (6月) GBP
18:00 コア指数 (前年比) (6月) EUR
18:00 消費者物価指数 (前年比) (6月) EUR
18:00 消費者物価指数 (前月比) (6月) EUR
19:00 ドイツ連邦銀行総裁ヴァイトマン氏の発信 EUR
21:30 建築許可 (前月比) (6月) USD
21:30 建築許可件数 (6月) USD
21:30 住宅着工件数 (6月) USD
21:30 住宅着工、変化 (前月比) (6月) USD
21:30 消費者価格指数コア (前年比) (6月) CAD
21:30 コアCPI (前月比) (6月) CAD
21:30 消費者物価指数 (前月比) (6月) CAD
21:30 製造業売上高 (前月比) (5月) CAD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2019年7月18日
03:00 ベージュブック(米地区連銀経済報告) USD
08:50 季節調節済み貿易収支 JPY
08:50 輸出 (前年比) (6月) JPY
08:50 貿易収支 (6月) JPY
10:30 雇用者数 (6月) AUD
10:30 フルタイム雇用変更 (6月) AUD
10:30 ナショナル・オーストラリア銀行景況感指数 AUD
10:30 失業率 (6月) AUD
17:30 イングランド銀行 信用状況調査 GBP
17:30 小売売上高コア(前月比) (前年比) (6月) GBP
17:30 小売売上高コア(前年比) (前月比) (6月) GBP
17:30 小売売上高(前月比) (前年比) (6月) GBP
17:30 小売売上高(前年比) (前月比) (6月) GBP
17:40 10年物スペイン国債入札 EUR
21:30 失業保険申請件数 USD
21:30 フィラデルフィア連銀製造業景気指数 (7月) USD
21:30 フィリー連銀雇用 (7月) USD
22:30 FOMCボスティック委員発言 USD
金曜日 – 2019年7月19日
03:15 連邦公開市場委員会メンバーのウィリアムズ氏の発信 USD
08:30 全国コアCPI (前年比) (6月) JPY
08:30 全国消費者物価指数 (前月比) JPY
15:00 生産者物価指数 (前月比) (6月) EUR
21:30 コア小売売上高 (前月比) (5月) CAD
21:30 小売売上高 (前月比) (5月) CAD
23:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (7月) USD
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (7月) USD
土曜日 – 2019年7月20日
00:05 連邦公開市場委員会メンバー、ダドリー発言 USD
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD
04:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR
05:30 連邦公開市場委員会メンバー、
ローザングレン発言
USD