FX週間レポート (3月第2週)|ハト派的な政策で米ドルと円が強く上昇し、新興市場FX通貨が打撃を受け、世界的な成長への懸念が再び高まった

2019年3月11日



今週の為替相場の見通し

年初来のリスク資産の急増と大幅なハト派政策によるユーロ、カナダドル、豪ドルの再値付けにより世界的な成長への懸念が高まり、市場の枯渇が見込まれ、米ドルと円を強く押し上げ、新興市場FX通貨からハイイールドにダメージを与えた(ブラジルリラ、南アフリカランドおよびメキシコペソによって先導)。欧州の成長率上昇の兆しは今のところ弱いままであるが、「欧州中央銀行(ECB)は私たちが知らない成長について知っている 」という確信もない。

ECBは将来の予測を緩和し、新しいTLTRO IIIプログラムを発表することによって、その限られた財政的武器を取り出した。また、ECBによる厄介な決定により、スイス中央銀行、スウェーデン国立銀行、日本銀行などの他の中央銀行への影響が重視されるようになった。ユーロ/米ドル は1.1200のサポートレベルに到達しつつあり、このことは1.0830への下振れリスクを警告している。

元は、貿易緊張の緩和からの救済を受けて上昇圧力に直面している。しかし、過小評価の欠如と高い実質利回りの制限は通貨ラリーに発展し適度に低い12ヵ月の米ドル/元の 予測6.60(前の6.80から)を正当化している。

オーストラリア準備銀行の利下げ要求が高まり豪ドルは急降下した一方、カナダドルもカナダ中央銀行のハト派的な警告によって弱まった。豪ドル/米ドル は、0.6750までの下振れリスクの検証を回避するために0.7020を超える値を維持する必要がある。米ドル/豪ドル は1.3435の抵抗レベルに到達しているが、カナダ中央銀行の利下げは時期早に見え、このことは 、米ドル/豪ドルが、これ以上の上昇はない可能性を暗示している。

ここ数週間で、欧州懐疑主義議員たちがブレクジットの取引に反対を緩めるという兆候が見られる。 しかし、メイ首相のブレクジット合意が次の3月12日の 意味ある採決に通るには十分とは言えないだろう。 0.8500サポートの暴落のみがユーロ/英ポンドが0.8320への下落を検証するだろう。

毎週のマクロ経済のアップデート

火曜日 (2019年3月12日)
ブレクジットWA採決 – 当初の撤退同意書に意味を持った修正は見られない。 延長や別の採決を恐れているハードブレクジッターからのサポートが見られる。
米国CPI – コアCPIは2.2%で、ヘッドラインのCPIは石油価格の下落により1.6%で推移している。過去2、3ヶ月の間に持ち直しの兆しを見せている。

水曜日 (2019年3月13日)
中国の信用 – 過去2ヶ月間に信用緩和への反応の兆しが見られる。 サービス部門の回復力は、ある程度の政策の牽引力を示唆している。 元に関連した歪みの危険性は常にある。

木曜日 (2019年3月14日)
中国の生産高 – 1月と2月は元の変動を回避するために一緒に提示されている。 Manu PMIはより遅い成長を示唆しているが、それほど悪い訳ではない。 工業生産高はわずか5%程度で推移すると見込こまれている。

金曜日 (2019年3月15日)
消費者心理 – ミシガン州の調査では、政府の操業停止および市場の反発後、消費者心理が回復したことが確認できるだろう。インフレ期待は依然として心地よい程度に調整されている。

経済見通し

2019年の相当な成長の鈍化への懸念から、FRBは「辛抱強い」金融政策へシフトしてきた。やや緩やかな成長は、不況というよりは、依然として2019年の最も可能性の高い結果のように見える。


資産の種類ごとの要約

外国為替

他のG10通貨に対する明確なドル傾向の欠如は相殺力のバランスを反映しているが、しかし当社は2019年末までにドルが強化すると予想している。ポートフォリオのマクロヘッジを構築するためにG10 FXボラティリティのディスカウントレベルを利用するべきだ。米中貿易交渉は短期的には元にポジティブに傾くと予想される。

株式

年初来の急激な上昇を受けて、日本を除くアジアの株式市場でのオーバーウェイトポジションを調整し、欧州株式の中立からオーバーウェイトにシフトすることを目指している。 弊社は周期的(財政および消費者裁量)と防御的(ヘルスケアおよび消費者ステープル)間のバーベルアプローチを維持する。

コモディティ

FRBのインフレターゲティングフレームワークへの変更の可能性は、インフレヘッジとしての金の魅力を高める可能性がある。 これは12ヶ月の金予測を1380ドルにアップグレードすることを保証している。OPECが供給の抑制から驚くほどの成功を収めていることから、原油価格はさらに緩やかに上昇する可能性がある。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2019年3月11日
未定HIA新築住宅販売戸数 (前月比) (10月)AUD
01:00中国新規借入 (2月)CNY
06:45電子カード小売り販売数 (前月比) (2月)NZD
08:00FRBパウエル議長発言USD
16:00独鉱工業生産 (前月比) (1月EUR
16:00独貿易収支 (1月)EUR
未定ユーロ圏財務相会合EUR
21:30コア小売売上高 (前月比) (1月)USD
21:30小売売上高 (前月比) (1月)USD
22:00MPC ハスケル委員発言GBP
23:00企業在庫 (前月比) (12月)USD
火曜日 – 2019年3月12日
08:00FRBパウエル議長発言USD
08:50BSI大企業製造業業況 (Q1)JPY
09:30住宅ローン (前月比) (1月)AUD
09:30NAB企業信頼感指数 (2月)AUD
15:30仏非農業部門雇用者数 (前期比) (Q4)EUR
未定オーストラリア準備銀行総裁補佐デベル氏の発信AUD
18:30国内総生産 (前月比)GBP
18:30鉱工業生産 (前月比) (1月)GBP
18:30製造業生産 (前月比) (1月)GBP
18:30月次GDP対前3ヶ月変動GBP
18:30貿易収支 (1月)GBP
18:30非欧州連合貿易収支 (1月)GBP
未定EU金融相会議EUR
19:45欧州中銀(ECB)ラウテンシュレーガー発言EUR
21:30コアCPI (前月比) (2月)USD
21:30コアCPI (前年比) (2月)USD
21:30消費者物価指数 (前月比) (2月)USD
21:45連邦公開市場委員会メンバーブレイナード氏の発信USD
22:00NIESR GDP予想GBP
22:45連邦公開市場委員会メンバーブレイナード氏の発信USD
23:00NIESR 月次GDPトラッカーGBP
水曜日 – 2019年3月13日
02:0010年物中期米国債競売USD
未定英国議会ブレクジットの投票GBP
05:30米国石油協会週次原油株式USD
08:30Westpac消費者信頼感指数 (3月)AUD
13:30第三次産業活動指数 (前月比)JPY
17:00スペイン消費者物価指数 (前年比) (2月)EUR
17:00スペインHICP (前年比) (2月)EUR
17:30欧州中銀メルシュ専務理事発言EUR
未定英国議会、No deal Brexit(合意なき離脱)の投票GBP
19:00鉱工業生産 (前月比) (1月)EUR
未定年予算発表GBP
21:30春の予測声明GBP
21:30資本財出荷(非国防、航空機を除く) (前月比)USD
21:30コア耐久財受注 (前月比) (1月)USD
21:30コアPPI (前月比) (2月)USD
21:30耐久財受注 (前月比) (1月)USD
21:30生産者物価指数 (前月比) (2月)USD
23:30原油在庫量USD
23:30クッシング原油在庫USD
木曜日 – 2019年3月14日
02:00欧州中銀(ECB)クーレ 発言EUR
09:01RICS住宅価格 (2月)GBP
11:00中国の固定資産投資 (前年比) (1月)CNY
11:00中国鉱工業生産 (前年比) (1月)CNY
11:00中国失業率CNY
16:00独消費者物価指数 (前月比) (2月)EUR
16:30生産者物価指数 (前月比) (2月)CHF
16:45仏消費者物価指数 (前月比) (2月)EUR
16:45フランスHICP (前月比) (2月)EUR
20:00OPEC月次報告USD
21:30輸出価格 (前月比) (2月)USD
21:30輸入物価指数 (前月比) (2月)USD
21:30失業保険申請件数USD
21:30新築住宅価格指数 (前月比) (1月)CAD
23:00新築住宅販売戸数 (1月)USD
23:00新築住宅販売 (前月比) (1月)USD
金曜日 – 2019年3月15日
06:30NZ購買担当者指数 (2月)NZD
07:50カナダ中央銀行Wilkins理事発言CAD
12:00日銀金融政策発表JPY
12:00公定歩合発表JPY
未定日銀記者会見JPY
17:55日銀総裁、黒田発言するJPY
18:00IEA月次報告USD
19:00伊消費者物価指数 (前月比) (2月)EUR
19:00コア指数 (前年比) (2月)EUR
19:00消費者物価指数 (前年比) (2月)EUR
19:00消費者物価指数 (前月比) (2月)EUR
21:30NY連銀製造業指数 (3月)USD
21:30製造業出荷 (前月比) (1月)CAD
22:15鉱工業生産 (前年比)USD
22:15鉱工業生産 (前月比) (2月)USD
23:00JOLT求職 (1月)USD
23:00ミシガン消費者信頼感見込み最終 (3月)USD
23:00ミシガン大学消費者信頼感指数 (3月)USD
土曜日 – 2019年3月16日
02:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
02:00ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数USD
04:30米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30CFTC原油の投機的なネットポジションUSD
04:30米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR
05:00ネット長期TICフロー (1月)USD
06:30NZ購買担当者指数 (2月)NZD