FX週間レポート (2月第3週)|米ドルの中期的な見通しは弱くなり、テレサ・メイ首相の再交渉が失敗しているのでさらに英ポンド安く

2019年2月18日



今週の為替相場の見通し

FRBが成長の鈍化やインフレ率の上昇を懸念するかといったジレンマに陥る可能性があることから米国のデータが混在しているため、米ドルはリスクオンムードの打撃を受けず、一般的な経済低迷よりは良好だった。当社は米ドルがさらに弱くなるといった中期的な見通しは変わらないが、米ドルは回復のために国外での成長が必要となり下降方向にレンジ取引から抜け出すだろう。

ユーロ圏の成長は全般的に鈍化しており、テクニカル分析では1.1240 / 1.1405のユーロ/米ドルのレンジ取引が好まれている。今週のPMIは、ユーロ圏の成長率が19年第1四半期に低迷するかどうかを判断する上で極めて重要であり、輸入車の関税リスクはすぐに回復する可能性があるだろう。

政府の動き(メイ首相の最交渉計画を支持)が不成功に終わる可能性 が実際のものとなり、英ボンドはさらに弱くなった。敗北は実質的に何も変わらない。当社はリスボン条約は第50条の延長が最も可能性の高い結果であるとの見方は変わらないが、2回目の国民投票にかけるのではなく、メイ首相が最終的にブレクジット取引を批准する可能性が高まった様子である。テクニカル分析では、0.8620を目標とした0.8890までのリバウンドでユーロ/英ポンド売ることを好む。

中国の外貨準備の安定性は、経常収支からの流入が民間資本の流出をほぼ相殺していることを裏付けている。仮に米国と中国が3月1日の関税高騰を延期することに合意した場合、オフショア人民元は安定的に推移する思われる。テクニカル分析では、6.7400、さらには6.6800を目標として、米ドル/オフショア人民元 の6.8200までの上昇を好む。

毎週のマクロ経済のアップデート

火曜日 (2019年2月19日)
英国の失業率 – 一部のデータ発表は軟化したが、雇用市場は依然として非常に厳しい。40年ぶりの最低失業率。

水曜日 (2019年2月20日)
連邦準備制度議事録 – 1月下旬に起こった突然の政策変動に対する不一致の程度を明らかにする必要がある。3月20日に行われるFOMCの会合は、成長とドットプロットのために定量的な数値を発表する必要性が出てきた時には困難となるだろう。

木曜日 (2019年2月21日)
G3諸国フラッシュPMI – 市場の焦点は、G3成長諸国の減速の程度にある。 しかしながら今の所まだ特に問題には見えない。 もし政策を引き締めているならば、ゆっくりしたペースの成長を望むだろう。

金曜日 (2019年2月22日)
日本のCPI (消費者物価指数) – 1月の東京の価格はより高まった –全国的に消費者物価指数が上昇するかもしれない。 日銀の2%目標へはまだまだ道のりは長い。

経済見通し

市場の懸念にもかかわらず、サイクルが最も進んでいる米国でさえも、2019年に景気後退を引き起こす条件があるとは考えられない。インフレ率がコントロールされている限り中央銀行は穏やかな減速を管理する余裕がある。


資産の種類ごとの要約

外国為替

米国の成長ブームが冷え世界の他の地域で緩やかな拡大ペースで収束するにつれて、2019年は米ドルが弱まり、再び市場に戻るだろう。

株式

アジア株における過度なポジションがさらに増え、日本株をニュートラルからオーバーウェイトに格上げしたことでリスクが高まる。収益の成長軌道と金利上昇のペースとのバランスが、引き続き株式の主要な原動力となるだろう。

コモディティ

米国経済と世界的な成長見通しに対する懸念が高まっているにもかかわらず、次の強い金相場となる条件はまだ揃っていない。
OPECが供給抑制で驚くほどの成功を収めていることから、原油価格はさらに緩やかに上昇する可能性がある。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2019年2月18日
1日中カナダ – 家族の日CAD祝日
1日中アメリカ – ワシントン誕生記念日USD祝日
火曜日 – 2019年2月19日
09:30金融政策決定会合議事録AUD
18:30平均所得(含ボーナス) (12月)GBP
18:30求職者給付受給者数増減 (1月)GBP
18:30雇用者数増減 3か月/3か月 (前月比)GBP
18:30失業率 (12月)GBP
19:00現在のドイツZEWの状況 (2月)EUR
19:00独ZEW景気期待指数 (2月)EUR
19:00ZEW景況感指数EUR
22:50FOMCメンバー、メスター談話USD
未定世界乳製品取引価格指数NZD
水曜日 – 2019年2月20日
00:00欧州中銀(ECB)プラート発言EUR
06:45生産者仕入価格 (前期比) (Q4)NZD
08:50季節調節済み貿易収支JPY
08:50輸出 (前年比) (1月)JPY
08:50貿易収支 (1月)JPY
09:30労働賃金指数 (前期比) (Q4)AUD
16:00独生産者物価指数 (前月比) (1月)EUR
16:00欧州中銀(ECB)プラート発言EUR
20:00CBI産業受注動向 (2月)GBP
木曜日 – 2019年2月21日
03:10FOMCメンバー カプラン 談話USD
04:00連邦公開市場委員会議事録USD
06:30米国石油協会週次原油株式USD
09:30雇用者数増減 (1月)AUD
09:30フルタイム雇用変更 (1月)AUD
09:30失業率 (1月)AUD
16:00独消費者物価指数 (前月比) (1月)EUR
16:45仏消費者物価指数 (前月比) (1月)EUR
16:45フランスHICP (前月比) (1月)EUR
17:00欧州中銀(ECB)プラート発言EUR
17:15仏製造業購買部協会景気指数 (2月)EUR
17:15仏サービス業購買部協会景気指数 (2月)EUR
17:30独製造業購買部協会景気指数 (2月)EUR
17:30独サービス業購買部協会景気指数 (2月)EUR
18:00製造業購買部協会景気指数 (2月)EUR
18:00マーケット総合PMI (2月)EUR
18:00サービス業購買部協会景気指数 (2月)EUR
18:40スペイン10年負債オークションEUR
19:00伊消費者物価指数 (前月比) (1月)EUR
21:00ハルデーンBOE金融政策委員発言GBP
21:30ECBは、金融政策の会議のアカウントを発行した。EUR
21:50FOMCボスティク委員発言USD
22:30資本財出荷(非国防、航空機を除く) (前月比)USD
22:30コア耐久財受注 (前月比) (12月)USD
22:30耐久財受注 (前月比) (12月)USD
22:30失業保険申請件数USD
22:30フィラデルフィア連銀製造業指数 (2月)USD
22:30フィリー連銀雇用 (2月)USD
22:30卸売売上高 (前月比) (12月)CAD
22:30欧州中銀(ECB)プラート発言EUR
23:45製造業購買管理者指数 (2月)USD
23:45マーケット総合PMI (2月)USD
23:45サービス業購買部協会景気指数 (2月)USD
金曜日 – 2019年2月22日
00:00中古住宅販売 (前月比) (1月)USD
00:00中古住宅販売戸数 (1月)USD
01:00原油在庫量USD
01:00クッシング原油在庫USD
02:35カナダ銀行総裁、ポロスの発信CAD
07:30澳联储主席洛威(Lowe)讲话AUD
08:30全国コアCPI (前年比) (1月)JPY
08:30全国消費者物価指数 (前月比)JPY
16:00独国内総生産 (前期比) (Q4)EUR
16:00独国内総生産 (前年比) (Q4)EUR
18:00独景況感指数EUR
18:00独現況分析EUR
18:00独IFO景況指数EUR
19:00コア指数 (前年比) (1月)EUR
19:00消費者物価指数 (前年比) (1月)EUR
19:00消費者物価指数 (前月比) (1月)EUR
22:15FOMCボスティク委員発言USD
22:30コア小売売上高 (前月比) (12月)CAD
22:30小売売上高 (前月比) (12月)CAD
土曜日 – 2019年2月23日
00:15連邦公開市場委員会メンバーの
ウィリアムズ氏の発信
USD
00:30ECBドラギ総裁の発言EUR
01:00FRBの金融政策レポートUSD
02:00連邦公開市場委員会メンバー、
リチャード・クラリダ氏発言
USD
03:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
03:00ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数USD
03:30連邦公開市場委員会メンバー、ダドリー発言USD
03:30FOMCメンバーハーカー談話USD
03:30公開市場委員会クォールズ委員発言USD
05:30米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
05:30CFTC原油の投機的なネットポジションUSD
05:30米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
05:30米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
05:30米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
05:30米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR
07:30連邦公開市場委員会メンバーの
ウィリアムズ氏の発信
USD