FX週間レポート (1月第2週)|ハト派なFED、英議会による欧州連合(EU)の離脱案採決

2019年1月14日



今週の為替相場の見通し

世界的な活動データは依然として弱いが、ハト派的感が見られていた連邦準備制度と米中貿易に対する楽観的見方により、オフショア人民元や豪ドル、ニュージーランドドルなど中国の代理通貨のパフォーマンスが上昇している。

関税の再上昇へのリスクは低くなっているように見えるが、中国の成長鈍化を考慮すると、大幅な人民元高を望んでいるとは考えにくいだろう。米ドル/オフショア人民元については6.72より先のベース水準の兆候に気をつけたい。テクニカル分析では、0.7340を目標として豪ドル/米ドルを0.6995までの下落を好む。

米国の成長鈍化そして辛抱強い連邦準備金により米ドルに対する強い嫌悪感があるにもかかわらず、投資家が米ドルの高利回りを無視することは難しい。現時点ではFXは様々な嫌悪されている通貨間の戦いにあり、米ドルが最悪な状態かどうかは明確ではない。米国を除く成長が安定するにつれて、米ドルは2019年半ばまでにより脆弱になる可能性がある。

ECBの議事録にはハト派の態度が見られるが、ECB金利の引き上げが2020年初頭に始まると市場ではすでに予想されていることを考慮すると、特に歓喜することではないだろう。テクニカル分析では、1.1730を目標として、ユーロ/米ドルを1.1350までの下落で買うことを好む。

1月15日に行われるメイ首相のEU離脱協定への投票に先立って(これ以上は遅れることはないと仮定して)、英国政府は議会で敗北し、合意なきブレクジットになる可能性は低い。 合意なきブレクジットの結果の可能性が低いことは、英ポンドにとってプラスである。議会が英国の離脱条件に投票した場合、英ポンド/米ドルは6ヶ月で1.38になると予想する。 しかし、現時点では全体的な状況は混沌といて不確実なため、英ポンドの当面の見通しは依然として不安定なままである。

毎週のマクロ経済のアップデート

火曜日 (2019年1月8日)
EU離脱協定の採決 – メイ首相は火曜日の議会投票で敗退するように見える。 従って、次に何が起こるかは分からない。しかし、議会は「合意なき」ブレクジットを阻止する方向に向かっている。
米国の耐久財 – 政府の閉鎖により発売日は不確実。 経済が深刻に減速している場合、CAPEX(資本的支出)の計画は早期警戒の兆候となる可能性があります。 原油価格が下がると損害を被る可能性があります。

水曜日 (2019年1月9日)
イギリスCPI – コアインフレ率は目標レベルに戻った。 狭い労働市場から明らかなインフレへの影響はそれほど多く見られない。 「合意なき」ブレクジットからの供給と外国為替ショックはおそらくより高いインフレを引き起こすだろう。

木曜日 (2019年1月10日)
中国クレジット – 貸出の伸びはここ数カ月のクレジット緩和からが良い影響を与えるだろう。政策決定者は依然として信用バブルに警戒している。これはクレジット緩和を他の刺激策で補完する可能性が高い。
米国の住宅着工 – 住宅はこのサイクルで部分的に回復した。 手頃価格が好調で、高い借り入れコストはあまり大きく影響しないだろう。

金曜日 (2019年1月11日)
日本の消費者物価指数 – コアインフレ率は依然としてそれほど進展していない。より簡単なインフレ率ベースが2019年第一四半期の前年比のインフレ率をより高めるだろう。
米国の消費者心理 – 株式市場と政府の閉鎖により、感情は弱まっている。 ミシガン大学の調査によると、インフレ予想は依然として安定しており、連邦準備制度理事会が待たなければならないもう1つの要因となっている。

経済見通し

今後1年間の政策決定者にとっての最大の課題点は、世界経済の鈍化への可能性が高まったため、経済成長抑制へと導くことである。 しかしながら、楽観的な要因はいくつかある。 最も重要なことは、このサイクルでは賃金と物価の動きが低迷しているため、連邦準備制度が非常にゆっくりと金利を引き上げることが可能になっていることだ。


資産の種類ごとの要約

外国為替

米国の成長ブームが冷え世界の他の地域で緩やかな拡大ペースで収束するにつれて、2019年は米ドルが弱まり、再び市場に戻るだろう。G10 FX国の安定した外観は後期の景気サイクルリスクに直面する危険がある。

株式

アジア株における過度なポジションがさらに増え、日本株をニュートラルからオーバーウェイトに格上げしたことでリスクが高まる。収益の成長軌道と金利上昇のペースとのバランスが、引き続き株式の主要な原動力となるだろう。

コモディティ

サイクル後期の懸念から、投資家は2019年に金などの安全資産へのシフトを迫られる可能性がある。投資家にとってのリスクオフヘッジとしての金の可能性はより重要になるだろう。供給の柔軟性が最近の価格帯への回復を促し、原油価格の2018年第4四半期の急落から緩やかな回復が予想される。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2019年1月14日
未定 中国輸出 (前年比) (12月) CNY
未定 中国輸入 (前年比) (12月) CNY
未定 中国貿易収支 (米ドル) (12月) CNY
未定 中国新規借入 CNY
19:00 鉱工業生産 (前月比) (11月) EUR
未定 FRBパウエル議長証言 USD
火曜日 – 2019年1月15日
未定 WASDEレポート USD
06:00 NZIER企業景況感 (Q4) NZD
15:30 仏国内総生産 (前期比) (Q4) EUR
16:45 仏消費者物価指数 (前月比) (12月) EUR
16:45 フランスHICP (前月比) (12月) EUR
17:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) (12月) EUR
17:00 スペインHICP (前年比) (12月) EUR
未定 英国議会ブレクジットの投票 GBP
19:00 貿易収支 (11月) EUR
未定 貿易収支 USD
22:30 コアPPI (前月比) (12月) USD
未定 輸出 USD
未定 輸入 USD
22:30 NY連銀製造業指数 (1月) USD
22:30 生産者物価指数 (前月比) (12月) USD
未定 世界乳製品取引価格指数 NZD
水曜日 – 2019年1月16日
03:00 FOMCメンバー ジョージ氏の発信 USD
06:30 米国石油協会週次原油株式 USD
06:45 電子カード小売り販売数 (前月比) (12月) NZD
08:30 Westpac消費者信頼感指数 (1月) AUD
13:30 第三次産業活動指数 (前月比) JPY
16:00 独消費者物価指数 (前月比) (12月) EUR
18:30 消費者物価指数 (前月比) (12月) GBP
18:30 消費者物価指数 (前年比) (12月) GBP
18:30 CPIH (前年比) GBP
18:30 モーゲージ承認総件数 GBP
18:30 生産者仕入価格 (前月比) (12月) GBP
19:00 伊消費者物価指数 (前月比) (12月) EUR
22:30 コア小売売上高 (前月比) (12月) USD
22:30 輸出価格 (前月比) (12月) USD
22:30 輸入物価指数 (前月比) (12月) USD
22:30 小売売上高 (前月比) (12月) USD
木曜日 – 2019年1月17日
00:00 企業在庫 (前月比) (11月) USD
未定 製造業新規受注 (前月比) USD
00:30 原油在庫量 USD
00:30 クッシング原油在庫 USD
04:00 ベージュブック(米地区連銀経済報告書) USD
06:00 ネット長期TICフロー (11月) USD
08:30 FOMCメンバー カシカリ氏の発信 USD
08:30 Westpac消費者信頼感指数 (1月) AUD
未定 HIA新築住宅販売戸数 (前月比) AUD
09:01 RICS住宅価格 (12月) GBP
09:30 住宅ローン (前月比) (11月) AUD
未定 中国国内総生産(GDP) (前年比) (Q4) CNY
11:00 統計局記者会見 CNY
18:40 スペイン10年負債オークション EUR
19:00 コア指数 (前年比) (12月) EUR
19:00 消費者物価指数 (前月比) (12月) EUR
19:00 消費者物価指数 (前年比) (12月) EUR
20:00 OPEC月次報告 USD
22:30 建築許可 (前月比) (12月) USD
22:30 建築許可 (12月) USD
未定 良好な貿易収支 (11月) USD
22:30 住宅着工、変化 (前月比) (12月) USD
22:30 住宅着工件数 (12月) USD
22:30 失業保険申請件数 USD
22:30 フィラデルフィア連銀製造業指数 (1月) USD
22:30 フィリー連銀雇用 (1月) USD
金曜日 – 2019年1月18日
未定 新築住宅販売戸数 USD
06:30 NZ購買担当者指数 (12月) NZD
08:30 全国コアCPI (前年比) (12月) JPY
08:30 全国消費者物価指数 (前月比) JPY
13:30 鉱工業生産 (前月比) (11月) JPY
16:30 生産者物価指数 (前月比) (12月) CHF
18:00 IEA月次報告 USD
18:30 小売売上高コア(前月比) (前年比) (12月) GBP
18:30 小売売上高コア(前年比) (前月比) (12月) GBP
18:30 小売売上高(前年比) (前月比) (12月) GBP
18:30 小売売上高(前月比) (前年比) (12月) GBP
未定 OPEC会議 USD
22:30 コアCPI (前月比) (12月) CAD
22:30 消費者価格指数コア (前年比) (12月) CAD
22:30 消費者物価指数 (前月比) (12月) CAD
22:30 対外証券投資 (11月) CAD
23:15 鉱工業生産 (前月比) (12月) USD
土曜日 – 2019年1月19日
00:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (1月) USD
00:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (1月) USD
03:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
03:00 ベーカーヒューズ社発表の米石油採掘リグ稼働数 USD