FX週間レポート (10月第5週)|グローバル成長と米国収益がピークに達しているという懸念が高まっている

2018年10月29日



今週の為替相場の見通し:

グローバル成長と米国収益がピークに達しているという懸念によって、外国為替取引は先週の石油やグローバル株式などのハードアセットの売り上げに比べて少なかった。また、米国の住宅販売が低迷したことも、米国の「例外主義」がピークに達している可能性を示唆した。

いわゆる「安全資産」と言われている日本円、金、米国債などの要求がある中、DXY(ドルインデックス)はユーロの弱さのためにさらに上昇した。 テクニカル分析では、金が1265ドルに達する前の1240ドルを目標に1212ドルまでの押し目で金の買いを好み、 歴史的に金から銀への価値比の上昇は、銀が金 を上回ることを示唆している。

米国の株価がさらに下落すれば、連邦準備制度による金融緩和策によって相場が支えられるとの期待が、保有株式の損失を限定するプット・オプション(売る権利)と同じような役割を果たすといった「パウウェルプット」についてより多くの議論が今後行われることが予想できる。株式の10-15%の低下は、通常、連邦準備制度が政策強化サイクルを緩和する可能性の騒ぎと警告の差である。

米ドル/オフショア人民元の上昇は重要ではないように見えるが、先週前半の人民元取引量はオンショアで急上昇した。人民元 中国外貨取引センター(CFETS)指数は2017年を下回ると、米ドル/人民元が7を割るリスクが高まるが、当局は人民元のコントロールを失う可能性は低いと予測している。

毎週のマクロ経済のアップデート

月曜日 (10月29日)
• 米国のPCEデフレター – コアインフレ率は連邦準備制度理事会の目標の2%に正しく向かっている。 経済の過熱は、2%のインフレ目標を超過するリスクを指摘する。関税に0.1-0.2%が追加される可能性があるが、連邦準備制度理事会は、一時的な影響をあまり気に留めていない。

火曜日 (10月30日)
• 日本の失業者数 – 数十年で最も売り手労働市場となっている。10人の求職者に16の求人がある。一連の自然災害により、多くの経済的な 歪みがでている。 • ユーロ圏GDP – 第三四半期の成長はやや低速だった。PMI(購買担当者景気指数)は、第4四半期にも低迷が続くことを示唆しているが、一部は一時的要因によるものである。

水曜日 (10月31日)
• 中国PMI (購買担当者景気指数)- 製造PMIは緩やかだが過度に弱いわけではない。ISM製造業景気指数の非製造はより強固である。当社は、政策の刺激や関税による損害の影響の兆候を探している。
• 日銀政策会議 – 特に変化は見込まれない。 BOJは成長とインフレの予測を更新する – 2%の目標までは依然として遠い。

木曜日 (11月1日)
• BOE(イングランド銀行)政策会議 – Brexitの不確実性から政策の変化をためらうのは当然のことだ。Brexit案件が実現すると、賃金とインフレはさらに金利を引き上げる可能性を指す。
• ユーロ圏のインフレ – コアインフレは1%前後で推移している。 ECBは、インフレが政策強化を正当化するために引き上げられると確信しているようだ。 しかしながら、その自信の根拠は不明である。

金曜日 (11月2日)
• 米国の雇用と賃金 – 米国の雇用と賃金の基本的効果は、2009年以来の初めて時間当たり3%を超える収益アップとなるよう設定されている(10月31日に発表されたより広い雇用コスト指数の発表 )。給与計算は9月の軟調の後、200,000ぐらいになると予想されている。 失業率は4%を下回っている。

経済見通し:
10月は、中央銀行の貸借対照表が縮小し始める中、先進国市場の政策強化は次段階を迎える。この状況は10年前の金融危機後の正常化に向けた長い道のりの小さな一歩と見られる。 これまでのところ、この過程は主要経済や金融市場に深刻な混乱をもたらしていない。

外国為替

米ドルが頂点に近づくにつれて、米ドルを分散化する時である。 当面、米ドルがアジア通貨よりもユーロに対して弱くなる可能性が高いという確信が高まっている。 安値の暴落と米国のリスク資産との正相関を考慮すると、ロングエクスポージャーは依然として有効なポートフォリオ分散策である。

株式

数ヶ月の業績悪化に伴う不況に基づく日本がアップグレードされる。 金利の上昇を背景に、グローバル株式の評価尺度が最近の高値に達するとは予想せず、利益成長の見通しは引き続き重要な要因となる。

コモディティ

金価格が12カ月ぶりに1240ドルまで 緩やかに回復するといった見通しは、金は超短期市場ポジション(売り持ちのポジション)が巻き戻しに弱いという事実を前提としている。イランに対する米国からの差し迫った課税制裁と、貿易摩擦によって世界貿易への大きな影響をうけるとした恐れが薄れていることから、原油価格は最近のレンジのトップに押し上げられている。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2018年10月29日
11:00 オーストラリア準備銀行総裁補佐デベル氏の発信 AUD
08:50 小売売上高 (前年比) (9月) JPY
09:00 HIA新築住宅販売戸数 (前月比) AUD
未定 欧州経済見通し EUR
21:30 英国秋季予測発言 GBP
21:30 個人消費支出価格指数コア (前年比) (9月) USD
21:30 コアPCE物価指数 (前月比) (9月) USD
21:30 PCEデフレーター (前月比) USD
21:30 PCEデフレーター (前年比) USD
21:30 個人支出 (前月比) (9月) USD
火曜日 – 2018年10月30日
08:30 仕事/求職率 (9月) JPY
09:30 建築許可件数 (前月比) (9月) AUD
11:10 オーストラリア準備銀行 Bullock総裁補佐発言 AUD
15:30 仏国内総生産 (前年比) EUR
15:30 仏国内総生産 (前期比) (Q3) EUR
16:45 仏個人消費 (前月比) (9月) EUR
17:00 KOF先行指数 (10月) CHF
17:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) EUR
17:00 スペインHICP (前年比) (10月) EUR
17:55 独失業率増減 (10月) EUR
17:55 独失業率 (10月) EUR
19:00 国内総生産 (前期比) EUR
19:00 国内総生産 (前年比) EUR
19:45 イタリア10年BTPオークション EUR
22:00 S&P/CS住宅価格総合‐20 (前年比) (8月) USD
22:00 独消費者物価指数 (前月比) (10月) EUR
23:00 消費者信頼感 (10月) USD
水曜日 – 2018年10月31日
04:30 カナダ銀行総裁、ポロス氏の発言 CAD
05:30 米国石油協会週次原油株式 USD
06:45 建築確認件数 (前月比) (9月) NZD
08:50 鉱工業生産 (前月比) (9月) JPY
09:00 業況判断 (10月) NZD
09:30 消費者物価指数 (前期比) (Q3) AUD
09:30 消費者物価指数 (前年比) (Q3) AUD
09:30 民間向け信用 (前月比) (9月) AUD
09:30 刈り込み平均CPI (前期比) (Q3) AUD
10:00 中国製造業PMI (10月) CNY
10:00 中国非製造業購買管理者指数 (10月) CNY
未定 日銀金融政策発表 (前年比) JPY
未定 公定歩合発表 JPY
未定 日銀展望レポート (前年比) JPY
未定 日銀記者会見 JPY
16:00 独小売売上高 (前月比) (9月) EUR
16:45 仏消費者物価指数 (前月比) EUR
16:45 フランスHICP (前月比) EUR
17:00 スペイン国内総生産(GDP) (前期比) (Q3) EUR
19:00 伊消費者物価指数 (前月比) (10月) EUR
19:00 コア指数 (前年比) EUR
19:00 消費者物価指数 (前年比) (10月) EUR
19:00 失業率 (9月) EUR
21:15 ADP非農業部門雇用者数増減 (10月) USD
21:30 労働コスト指数 (前期比) (Q3) USD
21:30 国内総生産 (前月比) (8月) CAD
21:30 国内総生産 (前年比) CAD
21:30 RMPI (前月比) (9月) CAD
22:45 シカゴ地区購買部協会景気指数 (10月) USD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2018年11月1日
02:15 SNB、トーマス・ジョーダン会長の発信 CHF
05:15 カナダ銀行総裁、ポロス氏の発信 CAD
06:30 製造業購買部協会景気指数 (10月) AUD
09:30 貿易収支 (9月) AUD
10:45 中国Caixin製造業部門購買者担当者指数 (10月) CNY
12:35 10年JGB入札 JPY
15:45 SECO消費者信頼感指数 (Q4) CHF
16:00 全国住宅価格指数 (前月比) (10月) GBP
16:00 全国的住宅価格指数 (前年比) (10月) GBP
17:15 スイス消費者物価指数 (前月比) (10月) CHF
17:30 SVME-購買部協会景気指数 (10月) CHF
18:30 製造業購買部協会景気指数 (10月) GBP
21:00 BOEインフレ報告書 GBP
21:00 金融政策委員会議決削減 (11月) GBP
21:00 金融政策委員会議決ハイク (11月) GBP
21:00 金融政策委員会 (11月) GBP
21:00 BOE QE合計 (11月) GBP
21:00 公定歩合発表 (11月) GBP
21:30 イングランド銀行総裁、カーニー氏の発信 GBP
21:30 失業保険申請件数 USD
21:30 非農業部門生産性 (前期比) (Q3) USD
21:30 単位労働コスト (前期比) (Q3) USD
22:45 製造業購買管理者指数 (10月) USD
23:00 ISM製造業雇用指数 (10月) USD
23:00 ISM製造業景況指数 (10月) USD
金曜日 – 2018年11月2日
09:00 業況判断 (10月) NZD
09:30 生産者物価指数 (前期比) (Q3) AUD
09:30 生産者物価指数 (前年比) (Q3) AUD
09:30 小売売上高 (前月比) (9月) AUD
17:15 小売売上高 (前年比) (9月) CHF
17:15 スペイン製造業PMI (10月) EUR
17:45 イタリア製造業購買管理者指数 (10月) EUR
17:50 仏製造業購買部協会景気指数 (10月) EUR
17:55 独製造業購買部協会景気指数 (10月) EUR
18:00 製造業購買部協会景気指数 (10月) EUR
18:30 建設業購買部協会景気指数 (10月) GBP
21:30 平均時給 (前月比) (10月) USD
21:30 平均時給(対前年比) (前年比) (10月) USD
21:30 輸出 USD
21:30 輸入 USD
21:30 非農業部門雇用者数増減 (10月) USD
21:30 行動者率 (10月) USD
21:30 米非農業部門民間雇用者数 (10月) USD
21:30 貿易収支 (9月) USD
21:30 失業率 (10月) USD
21:30 雇用者数増減 (10月) CAD
21:30 失業率 (10月) CAD
22:30 貿易収支 (9月) CAD
23:00 資本財出荷(非国防、航空機を除く) (前月比) USD
23:00 製造業新規受注 (前月比) (9月) USD
土曜日 – 2018年11月3日
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
04:30 米国商品先物取引委員会
英ポンド 投機的ネットポジション
GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会
金 投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会
S&P500 投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会
豪ドル 投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会
円 投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会
ユーロ 投機的ネットポジション
EUR