FX週間レポート (10月第1週)|主要通貨に対する米ドルの下落、OPECの低石油生産量に伴う石油価格の急上昇

2018年10月01日



今週の為替相場の見通し:

米ドルは、主要通貨の残り 、特にイタリアの予算懸念に対するユーロに対して、今週は強気で終わった。 セーフ・ヘイブンであるスイスフランの大幅な低下は、資金調達圧力(クロス・カレンシー・ベース市場に反映されている)のような技術的要因が 強気のドルの裏にあることを示唆している。資金調達圧力が月末と四半期に関連する可能性がある限り、米ドルの支援源が消えていく可能性が高い。

原油価格は、OPECは、他の生産者からの不足分を補うために産出量を増加させる緊急性はほとんどないことから、さらに上昇した。 高水準の原油価格が日本の月次貿易収支を赤字に陥らせるリスクは、113.80という短期的な抵抗が超過すれば、特に米ドル/円は115に上昇する可能性がある。

ほぼ85倍のスポットに上昇した後、金の過大評価より銀の過小評価を意味する極度の金/銀比率が銀価格の上昇を促した。 テクニカル指標は銀価格が14.75ドルからさらに15.15ドルへ上昇し$ 14.45がサポートとなった。

毎週のマクロ経済のアップデート

月曜日 (10月1日)
• 日本短観- 日本経済の手引きには ベストである。バブル以来の最高水準で実行されるビジネス条件。 9月の調査ではあまり変化が見られなかった。
• US ISM(米供給管理協会)- 米国ISM – ビジネスと消費者の自信は依然として高水準で推移している。製造業のISM調査は、8月の 61.3が際立っている。

火曜日 (10月2日)
• オーストラリア準備銀行 – まだ金利上昇が見られそうにないため、明確なシグナルがない。 2019年中頃に動きがでる可能性が有る。

木曜日 (10月4日)
• 米国の耐久財 – 資本財の受注は好調に推移している。 良好な収益性と労働力不足が強力な資本支出を支えなければならない。

金曜日 (10月5日)
• インド準備銀行 – フィリピンとインドネシアに続く弱いインドルピーの圧力を受け、金利がさらに0.25%引き上げられる。 外貨赤字が国内インフレよりも懸念されている。 • 米国の雇用-200,000人近くの新規雇用が予測されている。 失業率は3.8%に低下する。 先月は賃金に影響を受け9月はベース・エフェクトが改善された。 最後の雇用報告以来10年の収益は20bpsを上回っている。

経済見通し:
世界的な成長は健全な状態を維持しており、財政刺激の恩恵を受けるアメリカが特出し、他の先進国市場は継続して非常に支持的な金融政策に満足している。これまでに発表された実際の措置は比較的軽微ではあるが、貿易障壁を取り巻くエスカレートした巧言は明らかに懸念要素になっている。

外国為替

米ドルの反発はまだ終わっていないが、政策の相違がピークに近づくにつれて、その勢いは緩和されるだろう。 貿易緊張が激化し、さらなる上昇の可能性が残っているため、アジア通貨先物の予測は格下げとなる。

株式

金利の上昇を背景に、グローバル株式のさらなる上昇は、主に収益の伸びに限定されるだろう。 一方、リスクのアンバランスに市場は荒れるだろう。わずかにアンダーウェイトの 姿勢を維持する。

コモディティ

継続的な地政学的騒音にもかかわらず、原油価格は、OPECが価格高騰防止のために必要時には 供給を増加するといった期待が高まったことで減速した。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間経済指標(イベント)通貨重要度
月曜日 – 2018年10月1日
07:30製造業購買部協会景気指数 (9月)AUD
08:50大企業全産業設備投資短観 (Q3)JPY
08:50大企業製造業短観指数 (Q3)JPY
08:50日銀短観大企業製造業指数 (Q3)JPY
08:50日銀短観大企業非製造業指数 (Q3)JPY
12:10独小売売上高 (前月比) (8月)EUR
16:15小売売上高 (前年比) (8月)CHF
16:15スペイン製造業PMI (9月)EUR
16:30SVME-購買部協会景気指数 (9月)CHF
16:45イタリア製造業購買管理者指数 (9月)EUR
16:50仏製造業購買部協会景気指数 (9月)EUR
16:55独製造業購買部協会景気指数 (9月)EUR
17:00製造業購買部協会景気指数 (9月)EUR
17:30製造業購買部協会景気指数 (9月)GBP
18:00失業率 (8月)EUR
未定ユーロ圏財務相会合EUR
22:00FOMCボスティク委員発言USD
22:45製造業購買管理者指数 (9月)USD
23:00ISM製造業雇用指数 (9月)USD
23:00ISM製造業景況指数 (9月)USD
火曜日 – 2018年10月2日
01:15連邦公開市場委員会メンバー、ローザングレン氏の発信USD
02:00カナダ中央銀行レーン理事発言CAD
06:00NZIER企業景況感 (Q3)NZD
12:3510年JGB入札JPY
13:30公定歩合発表 (10月)AUD
13:30RBAレート声明AUD
15:00全国住宅価格指数 (前月比) (9月)GBP
15:00全国的住宅価格指数 (前年比)GBP
16:00スペイン失業変化EUR
17:30建設業購買部協会景気指数 (9月)GBP
未定EU金融相会議EUR
未定世界乳製品取引価格指数NZD
23:00公開市場委員会クォールズ委員発言USD
水曜日 – 2018年10月3日
01:00FRBパウエル議長発言USD
05:30米国石油協会週次原油株式USD
09:30建築許可件数 (前月比) (8月)AUD
16:15スペインサービスPMI (9月)EUR
16:45イタリアサービス業購買管理者指数 (9月)EUR
16:50仏サービス業購買部協会景気指数 (9月)EUR
16:55独サービス業購買部協会景気指数 (9月)EUR
17:00マーケット総合PMI (9月)EUR
17:00サービス業購買部協会景気指数 (9月)EUR
17:30サービス業購買部協会景気指数 (9月)GBP
18:00小売売上高 (前月比) (8月)EUR
21:15ADP非農業部門雇用者数増減 (9月)USD
22:45マーケット総合PMI (9月)USD
22:45サービス業購買部協会景気指数 (9月)USD
23:00ISM非製造業雇用指数 (9月)USD
23:00ISM非製造業指数 (9月)USD
23:30原油在庫量USD
23:30クッシング原油在庫USD
木曜日 – 2018年10月4日
03:00連邦公開市場委員会メンバーブレイナード氏の発信USD
03:15FOMCメンバー、メスター氏の発信USD
10:00HIA新築住宅販売戸数 (前月比) (10月)AUD
10:30貿易収支 (8月)AUD
17:40スペイン10年負債オークションEUR
21:30失業保険申請件数USD
22:15公開市場委員会クォールズ委員発言USD
23:00資本財出荷(非国防、航空機を除く) (前月比)USD
23:00製造業新規受注 (前月比) (8月)USD
23:00IVEY購買部協会指数 (9月)CAD
金曜日 – 2018年10月5日
02:00欧州中銀(ECB)クーレ 発言EUR
08:30家計支出 (前年比) (8月)JPY
08:30家計支出 (前月比) (8月)JPY
10:30小売売上高 (前月比) (8月)AUD
15:00独製造業新規受注 (前月比) (8月)EUR
15:00独生産者物価指数 (前月比) (8月)EUR
16:15スイス消費者物価指数 (前月比) (9月)CHF
16:30ハリファックス社価格指数 (前年比) (9月)GBP
16:30HALIFAX住宅価格指数 (前月比) (9月)GBP
21:30平均時給(対前年比) (前年比) (9月)USD
21:30平均時給 (前月比) (9月)USD
21:30輸出USD
21:30輸入USD
21:30非農業部門雇用者数増減 (9月)USD
21:30行動者率 (9月)USD
21:30米非農業部門民間雇用者数 (9月)USD
21:30貿易収支 (8月)USD
21:30失業率 (9月)USD
21:30雇用者数増減 (9月)CAD
21:30貿易収支 (8月)CAD
21:30失業率 (9月)CAD
土曜日 – 2018年10月6日
02:00ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウントUSD
04:30米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30CFTC原油の投機的なネットポジションUSD
04:30米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR