FX週間レポート (7月第3週)|世界的成長の上昇は、保護主義の恐れと戦っている

2018年7月16日



今週の為替相場の見通し:

世界的成長の回復の兆し、保護主義の恐れと戦っている。中国と米国の貿易動向は、市場にとって理解するのが非常に困難であることは周知の通りで、貿易戦争の激化がアジア通貨と鉄や鉛などの卑金属が圧力をかけ続けることが懸念されている。今年初めの減速に伴い、世界的な成長は再び勢いを回復させ、市場は救済策を見出していることから日本円を除く他のG10通貨に対する米ドルの回復を食い止めている。

米ドル上昇はまだ完了していないが、政策の相違がピークに近づくにつれてその勢いは緩和されると予想される。 ヨーロッパの成長は、米国の成長の例外論者の推測に反して、緑の芽が生えだしている。弱いユーロ/米ドルに引きずられていたエマージング・マーケット(EM)通貨は最悪の時を超えた可能性がある。

安全通貨としての日本円の見方が疑問視されている。 リスク感情の揺れに対する米ドル/日本円の回復はまごついており、市場のボラティリティが上昇すると日本円が典型的に強くなるといったパターンは見られなくなった。 より高いレベルから米ドル/日本円の売りに注目しており、 次のレジスタンスレベルは113.30と見ている。

ソフトブレグジットの立場による英ポンドへの好影響は、国内の政治的不安の高まりによって相殺されている。 今週は英国の3つの重要なデータ(雇用、インフレ、小売り)が、8月2日のイングランド会議前に発表される。 英ポンド/米ドル のテクニカルサポートは1.3000を維持している。

毎週のマクロ経済のアップデート

月曜日 (7月16日)
• 中国の生産量 –5月の PMI(購買担当者景況指数)からはソフト生産および固定資産投資(FAI)の減速傾向は始まっていない。 政策立案者は、成長を支援し、米国の貿易関税を相殺する措置を取ろうとしている。

火曜日 (7月17日)
• NAHB (全米住宅建設業者協会)調査 – NAHB調査 – 米国住宅市場 感情は、高い住宅ローン利率にもかかわらず依然として肯定的である。 2005-06年のピーク水準をはるかに下回る住宅売買状況である。

水曜日 (7月18日)
• UK & Eurozone CPI (消費者物価指数)- ECB(欧州中央銀行)英国およびユーロ圏のCPI – ECBは、資産購入の終了を正当化するために、インフレの高まりをモニターする必要がある 。ヘッドラインの数字は原油価格によって引き上げられる。
• イングランド銀行- 低速インフレにもかかわらずイングランド銀行は、8月に金利引き上げを予定している。

金曜日 (7月20日)
• 日本のインフレ – 依然としてインフレはまだ改善されていない。賃金上昇の兆しが見られるが、これは物価上昇につながる。日銀が措置を取らなければならいないものではない。

経済見通し: 現在の経済発展の最善点はまだ後方にあるが、景気後退が差し迫っていると主張するのは時期尚早である。現在の貿易摩擦の深刻化によって妨げられなければ、低インフレは少なくとも2019年後半まで回復が持続するよう緩い政策が促進されるとみれる。

外国為替

米国の貿易政策がより影響力を与え始めているため、米ドルは もう少し短期での上昇がある。当社は中期的での米ドルの利益を推測することに慎重になっている。アジアFXは尻込みしているが、中国は貿易報復ツールとしてFXを利用する可能性は低い。

株式

当社は、循環型(金融および消費者自由裁量の選択)および守備型(ヘルスケアおよびテレコム)セクター間のバーベル・アプローチを維持している。ヨーロッパの株式の ニュートラルへの格下げは、全体的な資産クラスを若干アンダーウェイトにする。循環株(金融と消費者自由裁量を優先)とディフェンシブ(ヘルスケア&テレコム)セクター間のバーベルアプローチを維持する。

コモディティ

予想外のUSD高はゴールドブルズにとって難題となった。最近の株売却に続いて、当社は弱気から中立、そして強気から中立にポジションを変え、その範囲は $ 1,200-$ 1,380。OPEC主導による小規模な供給量の増加は、原油価格を引き下げるのに十分ではない。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2018年7月16日
11:00 中国の固定資産投資 (前年比) (6月) CNY
11:00 中国国内総生産 (前期比) (Q2) CNY
11:00 中国国内総生産(GDP) (前年比) (Q2) CNY
11:00 中国鉱工業生産 (前年比) (6月) CNY
11:00 統計局記者会見 CNY
18:00 貿易収支 (5月) EUR
21:30 コア小売売上高 (前月比) (6月) USD
21:30 NY連銀製造業指数 (7月) USD
21:30 小売売上高 (前月比) (6月) USD
21:30 対外証券投資 (5月) CAD
23:00 企業在庫 (前月比) (5月) USD
火曜日 – 2018年7月17日
07:45 消費者物価指数 (前期比) (Q2) NZD
07:45 消費者物価指数 (前年比) (Q2) NZD
10:30 金融政策決定会合議事録 AUD
17:00 イングランド銀行総裁、カーニー氏の発信 GBP
17:30 平均所得(含ボーナス) (5月) GBP
17:30 求職者給付受給者数増減 (6月) GBP
17:30 雇用者数増減 3か月/3か月 (前月比) GBP
17:30 失業率 (5月) GBP
18:00 伊消費者物価指数 (前月比) (6月) EUR
21:30 製造業出荷 (前月比) (5月) CAD
22:15 鉱工業生産 (前年比) USD
22:15 鉱工業生産 (前月比) (6月) USD
23:00 FRBパウエル議長証言 USD
未定 世界乳製品取引価格指数 NZD
水曜日 – 2018年7月18日
05:00 ネット長期TICフロー (5月) USD
05:30 米国石油協会週次原油株式 USD
17:30 消費者物価指数 (前月比) (6月) GBP
17:30 消費者物価指数 (前年比) (6月) GBP
17:30 生産者仕入価格 (前月比) (6月) GBP
18:00 コア指数 (前年比) (6月) EUR
18:00 消費者物価指数 (前月比) (6月) EUR
18:00 消費者物価指数 (前年比) (6月) EUR
21:30 建築許可 (前月比) (6月) USD
21:30 建築許可 (6月) USD
21:30 住宅着工、変化 (前月比) (6月) USD
21:30 住宅着工件数 (6月) USD
23:00 FRBパウエル議長証言 USD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2018年7月19日
03:00 ベージュブック(米地区連銀経済報告書) USD
08:50 季節調節済み貿易収支 JPY
08:50 輸出 (前年比) (6月) JPY
08:50 貿易収支 (6月) JPY
10:30 雇用者数増減 (6月) AUD
10:30 フルタイム雇用変更 (6月) AUD
10:30 ナショナル・オーストラリア銀行 四半期景況感指数 AUD
10:30 失業率 (6月) AUD
17:30 小売売上高コア(前月比) (前年比) (6月) GBP
17:30 小売売上高コア(前年比) (前月比) (6月) GBP
17:30 小売売上高(前月比) (前年比) (6月) GBP
17:30 小売売上高(前年比) (前月比) (6月) GBP
17:40 スペイン10年負債オークション EUR
21:30 失業保険申請件数 USD
21:30 フィラデルフィア連銀製造業指数 (7月) USD
21:30 フィリー連銀雇用 (7月) USD
22:00 公開市場委員会クォールズ委員発言 USD
金曜日 – 2018年7月20日
08:30 全国コアCPI (前年比) (6月) JPY
8:30 全国消者物価指費数 (前月比) JPY
15:00 独生産者物価指数 (前月比) (6月) EUR
未定 OPEC会議 USD
21:30 消費者価格指数コア (前年比) (6月) CAD
21:30 コアCPI (前月比) (6月) CAD
21:30 コア小売売上高 (前月比) (5月) CAD
21:30 消費者物価指数 (前月比) (6月) CAD
21:30 小売売上高 (前月比) (5月) CAD
土曜日 – 2018年7月21日
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
04:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR