FX週間レポート (3月第4週)|貿易戦争による米ドルへの長期的感情の影響

2018年3月26日



今週の為替相場の見通し

米国の個人消費支出(PCE)は、インフレ率上昇について1月の発表データのような、急上昇する可能性が低いことを確認できるとみられている。インフレ懸念や米連邦準備理事会(FRB)が上昇要因としての力を欠いたため、一時的な米ドル安値の範囲は狭いが、米ドルの下降トレンドから回復させるには、現在提案されている米国の貿易関税の引き下げを促し、より安定したグローバル活動を安定させるための貿易措置が必要であろう。

連邦準備制度理事会による政策金利見通しは高かったものの、パウエル議長が重要視しなかったことで、米ドルに対しマイナスに働いた。 EURUSDは1.2140ドルへ引き戻しの可能性を無くすには、1.2430ドルを超える必要がある。

対米ドル貿易戦争の影響は、時間の経過とともに変化する可能性が高い。 市場は当初、保護主義措置と米ドル安を優先させる傾向にあった。 しかし、貿易の緊張が高まるにつれてリスク感情が悪化すると、リスクに敏感なG10通貨(AUDなど)や新興成長市場 (KRW、TRYなど)に対し、米ドルの押し上げリスクの高い米ドルポジションに圧力がかかる可能性がある。 有価証券を多様化する通貨に対する需要で、円高傾向の可能性があり、程度は低ければ、スイスフラン(CHF)高となるだろう。

全面的な貿易戦争が起こった場合、アジア経済に大きな影響が出る。

毎週のマクロ経済のアップデート

木曜日 (2018年3月22日)
• 米国のインフレ – コア個人消費支出(PCE)デフレーターは、2月から1.5%へとわずかに上昇し、 ベース効果により、3月はさらに容易に1.8%への飛躍が見込まれている。 この傾向は、すでに連邦準備制度理事会の目標である2%に近い。

金曜日 (2018年3月23日)
• 日本の雇用 – 失業率はここ25年のなかで低くなっている。求人率は、1970年代前半ごろの値。 しかし、賃金に動きはみられない。
• 中国購買管理者インデックス – 先週土曜日にリリースされた。 最新のアウトプットデータでは、製造業のPMIが50を超えなければならないことを示唆している。

経済見通し

経済サイクルが成熟するにつれ、リスクのバランスは変化。 しかし、金融市場が突然インフレに重点を置きはじめたことは、脅威のスピードが遅いという性質を反映していない。 インフレ圧力の上昇と金融引き締めの背景は、今後数年間、市場の注目を集める可能性が高い。


外国為替

市場がFRBの政策目標について、ドルの下降トレンドは中断する可能性が高い。 資金調達に適した通貨はない。 資産と負債間に通貨の大きな不一致を避けるのが賢明。世界的な成長の減速が見え、新興市場FXのパフォーマンスの差別化が起こりうる。

株式

欧州の株式市場は相対的に控えめで、米国とアジアは中立的、日本は弱気であるため、強気を維持することが賢明であると考えられる。 マクロ経済環境の改善の恩恵を受けるためには、金融は金利上昇を追い風に、消費者裁量セクターにプラスとなるべきである。

コモディティ

ポートフォリオのヘッジ需要により金利の回復率が高まっているものの、広範で安定した世界的なマクロ経済環境に対して1380ドルを上回る金利上昇の目標には苦戦。 供給反応の結果、このままでの物価水準を維持することはできないと考えており、WTIは来年ごろに1日あたり$ 55 / バレルにまで変動すると見ている。


下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2018年3月26日
06:45 貿易収支 (前年比) (2月) NZD
06:45 貿易収支 (前月比) (2月) NZD
15:45 French GDP (前年比) EUR
15:45 仏国内総生産 (前期比) EUR
17:30 モーゲージ承認総件数 GBP
18:30 ドイツ連邦銀行総裁ヴァイトマン氏の発信 EUR
火曜日 – 2018年3月27日
01:30 連邦公開市場委員会メンバー、ダドリー氏の発信 USD
05:30 FOMCメンバー、メスター談話 USD
08:10 公開市場委員会クォールズ委員発言 USD
09:00 HIA新築住宅販売戸数 (前月比) (2月) AUD
09:45 オーストラリア準備銀行総裁補佐ケント氏の発信 AUD
16:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) EUR
16:00 スペインHICP (前年比) (3月) EUR
19:00 フランス合計求職者数 EUR
22:00 S&P/CS住宅価格総合‐20 (前年比) (1月) USD
23:00 消費者信頼感 (3月) USD
水曜日 – 2018年3月28日
00:00 FOMCボスティク委員発言 USD
05:30 米国石油協会週次原油株式 USD
09:00 業況判断 (3月) NZD
15:45 仏個人消費 (前月比) (2月) EUR
16:00 GfK独消費者信頼感指数 (4月) EUR
18:45 イタリア10年BTPオークション EUR
21:30 国内総生産 (前期比) (Q4) USD
21:30 GDP物価指数 (前期比) (Q4) USD
21:30 良好な貿易収支 (2月) USD
23:00 中古住宅販売保留 (前月比) (2月) USD
23:30 原油在庫量 USD
23:30 クッシング原油在庫 USD
木曜日 – 2018年3月29日
01:00 FOMCボスティク委員発言 USD
06:45 建築確認件数 (前月比) (2月) NZD
08:50 小売売上高 (前年比) (2月) JPY
09:30 民間向け信用 (前月比) (2月) AUD
15:00 全国的住宅価格指数 (前年比) GBP
15:00 全国住宅価格指数 (前月比) GBP
16:00 KOF先行指数 (3月) CHF
16:55 独失業率増減 (3月) EUR
16:55 独失業率 (3月) EUR
17:30 企業投資 (前期比) (Q4) GBP
17:30 経常収支 (Q4) GBP
17:30 国内総生産 (前年比) (Q4) GBP
17:30 国内総生産 (前期比) (Q4) GBP
21:00 独消費者物価指数 (前月比) (3月) EUR
21:30 コアPCE物価指数 (前月比) (2月) USD
21:30 個人消費支出価格指数コア (前年比) (2月) USD
21:30 失業保険申請件数 USD
21:30 PCE Deflator (前月比) USD
21:30 PCE Deflator (前年比) USD
21:30 個人支出 (前月比) (2月) USD
21:30 国内総生産 (前月比) (1月) CAD
21:30 GDP (前年比) CAD
21:30 RMPI (前月比) (2月) CAD
22:45 シカゴ地区購買部協会景気指数 (3月) USD
23:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (3月) USD
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (3月) USD
金曜日 – 2018年3月30日
02:00 ベーカー・ヒューズ社のリグ・カウント USD
02:00 FOMCメンバー ハーカー 談話 USD
08:30 家計支出 (前年比) JPY
08:30 仕事/求職率 (2月) JPY
08:30 東京コアCPI (前年比) (3月) JPY
08:50 鉱工業生産 (前月比) (2月) JPY
15:45 仏消費者物価指数 (前月比) EUR
15:45 フランスHICP (前月比) EUR
16:45 仏個人消費 (前月比) (2月) EUR
19:00 伊消費者物価指数 (前月比) (3月) EUR
土曜日 – 2018年3月31日
04:30 米国商品先物取引委員会 英ポンド
投機的ネットポジション
GBP
04:30 CFTC原油の投機的なネットポジション USD
04:30 米国商品先物取引委員会 金
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 S&P500
投機的ネットポジション
USD
04:30 米国商品先物取引委員会 豪ドル
投機的ネットポジション
AUD
04:30 米国商品先物取引委員会 円
投機的ネットポジション
JPY
04:30 米国商品先物取引委員会 ユーロ
投機的ネットポジション
EUR