FX週間レポート (7月第3週)|ECBがハト派的、ドラギ総裁による抗議の欠如でユーロ高

2017年7月24日



今週の為替相場の見通し

欧州中央銀行(ECB)は、コミュニケーションの面でハト派的で非常に慎重なアプローチを取りましたが、ユーロ高について、ドラギ総裁による抗議の欠如が、さらなるユーロ高をもたらしました。1.1590以上の上昇は、1.1810までのユーロ米ドルのさらなる上昇を警告しているものの、確信は高くありません。サポート水準は1.1345です。

弊社の分析では、0.74を目標に、オーストラリアドル米ドルのショートポジションの維持がよい方策と見ています。中国の景況が長引き、鉄鉱石価格のリバウンドにもかかわらず、オーストラリアドルの上昇は不安定な基盤の上にあります。

中央銀行による引き締めの議論の中で、新興市場通貨の大量売却が回避されました。新興市場通貨のキャリートレードのテーマには、まだ実行可能な余地がありますが、中程度のみの露出を保つことは賢明です。景気後退は避けられました。

毎週のマクロ経済のアップデート

月曜日 (2017年7月24日)
• 世界的なフラッシュ購買担当者指数(PMI)- データは、低い景気後退リスクを示すはずです。低ボラティリティの市場制度は、トレンドの成長と目標を下回ったインフレ水準との間の微妙なバランスに欠けています。

火曜日~木曜日 (2017年7月25日~27日)
• オーストラリア消費者物価指数(CPI)- オーストラリア準備銀行が間もなくタカ派になるかどうかの重要な指標です。 市場は、改善された雇用をより堅調なインフレ報告書に移行させることを予期しているようです。

• 連邦公開市場委員会(FOMC)- FOMCは連邦準備基金の金利を変わらず維持する可能性が高いですが、9月のバランスシート正常化の道を開くため、言葉遣いが調整される可能性があります。

• 英国のGDP – GDPは、英国の購買担当者指数(PMI)から明らかとなった経済勢いの損失を反映するはずです。 賃金上昇とインフレが緩和されると、イギリス銀行(BOE)は最近のタカ派的なトーンを緩和する可能性があります。

金曜日 (2017年7月28日)
• 日本の消費者物価指数(CPI)- 外国の中央銀行が正常化に乗り出している途中で、日本銀行 (BOJ) 政策の正常化は、インフレの勢いが失速したため、遠い所にあります。

• 米国のGDP – インフレ率と賃金が失望していることを考えると、雇用コスト指数も重要です。2017年第2四半期のGDP成長率は、今年の失望から、回復すると見込まれています。

経済見通し

成長の勢いが衰えているにもかかわらず、次の不況は依然として遠く離れています。貿易戦争などの外部からの衝撃のリスクが発生する可能性は高くないようです。一方、財政政策は中立的で、政策設定は成長のための支援であり、金融引き締めはまだ初期段階にあります。


資産の種類ごとの要約

外国為替

ユーロが次の6〜12ヶ月間で最強の通貨になる可能性が高いにもかかわらず、ミニ米ドル上昇の可能性があります。さらに大幅な減少を待つのではなく、 これらの低水準を利用して英ポンドを買うことは賢明でしょう。低いボラティリティのために、新興市場キャリートレードにおいて「ロングポジション」を維持することに慎重を期します。

株式

世界経済成長の減速および政策面での失望の可能性に、弊社が慎重であり、より良い買いの機会を待つことが賢明であろうと考えます。テクノロジー株に利益を得る機会がありますが、我々は財務・株式について強固であることを確信しています。

コモディティ

弊社は、12ヶ月の期間にわたり金に強気ではなく、「ヘッジ」トレードの価値を認識し、金をグローバル成長または地政学的リスクに対する「保険政策」として保有することが賢明であると考えています。米国の石油生産量の増加により、OPECが供給のコントロール能力に挑戦し、石油の上昇を制限しています。$50の目標を維持することが賢明です。



下の表は、今週の「中」から「高」までの重要度の高い(FX取引に大きな影響を与える経済イベント)経済イベントをカテゴリ別にまとめます。取引の際にぜひご利用ください!

今週の経済指標カレンダー
時間 経済指標(イベント) 通貨 重要度
月曜日 – 2017年7月24日
16:00 仏製造業購買部協会景気指数 (7月) EUR
16:00 仏サービス業購買部協会景気指数 (7月) EUR
16:30 独製造業購買部協会景気指数 (7月) EUR
16:30 独サービス業購買部協会景気指数 (7月) EUR
17:00 製造業購買部協会景気指数 (7月) EUR
17:00 マーケット総合PMI (7月) EUR
17:00 サービス業購買部協会景気指数 (7月) EUR
21:30 卸売売上高 (前月比) (5月) CAD
22:45 米・製造業購買管理者指数 (7月) USD
22:45 米・サービス業購買部協会景気指数 (7月) USD
23:00 中古住宅販売戸数 (6月) USD
23:00 中古住宅販売 (前月比) (6月) USD
火曜日 – 2017年7月25日
08:50 欧・金融政策決定会合議事録 JPY
17:00 独景況感指数 (7月) EUR
17:00 独現況分析 (7月) EUR
17:00 独IFO景況指数 (7月) USD
19:00 CBI産業受注動向 (7月) GBP
22:00 S&P/CS住宅価格総合‐20 (前年比) (5月) USD
23:00 米・消費者信頼感 (7月) USD
水曜日 – 2017年7月26日
02:00 欧・ハルデーンBOE金融政策委員発言 GBP
05:35 米国石油協会週次原油株式 USD
07:45 貿易収支 (前月比) (6月) NZD
07:45 貿易収支 (前年比) (6月) NZD
10:30 消費者物価指数 (前期比) (Q2) AUD
10:30 消費者物価指数 (前年比) (Q2) AUD
10:30 刈り込み平均CPI (前期比) (Q2) AUD
17:30 BBA住宅ローン承認件数 GBP
17:30 国内総生産 (前年比) (Q2) GBP
17:30 国内総生産 (前期比) (Q2) GBP
23:00 新築住宅販売 (前月比) (6月) USD
23:00 新築住宅販売戸数 (6月) USD
23:30 原油在庫量 USD
木曜日 – 2017年7月27日
00:30 欧・欧州中銀(ECB)ラウテンシュレーガー発言 EUR
05:35 FOMC声明 USD
03:00 公定歩合発表 USD
15:00 GfK独消費者信頼感指数 (8月) EUR
21:30 コア耐久財受注 (前月比) (6月) USD
21:30 耐久財受注 (前月比) (6月) USD
21:30 良好な貿易収支 (6月) USD
21:30 失業保険申請件数 USD
金曜日 – 2017年7月28日
08:30 家計支出 (前年比) (6月) JPY
08:30 家計支出 (前月比) (6月) JPY
08:30 仕事/求職率 (6月) JPY
08:30 全国コアCPI (前年比) (6月) JPY
08:30 東京コアCPI (前年比) (7月) JPY
08:50 小売売上高 (前年比) (6月) JPY
10:30 生産者物価指数 (前年比) (Q2) AUD
10:30 生産者物価指数 (前期比) (Q2) AUD
14:30 仏国内総生産 (前期比) (Q2) EUR
15:45 仏個人消費 (前月比) (6月) EUR
15:45 仏消費者物価指数 (前月比) EUR
15:45 フランスHICP (前月比) EUR
16:00 KOF先行指数 (7月) CHF
16:00 スペイン消費者物価指数 (前年比) (7月) EUR
16:00 スペイン国内総生産(GDP) (前期比) (Q2) EUR
16:00 スペインHICP (前年比) (7月) EUR
18:30 イタリア10年BTPオークション EUR
18:30 独消費者物価指数 (前月比) (7月) EUR
21:30 労働コスト指数 (前期比) (Q2) USD
21:30 国内総生産 (前期比) (Q2) USD
21:30 国内総生産 (前月比) (5月) CAD
23:00 ミシガン消費者信頼感見込み最終 (7月) USD
23:00 ミシガン大学消費者信頼感指数 (7月) USD