「東西FXリサーチ」2020年アメリカ合衆国大統領選挙が意味することは?

2020年11月03日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

2020年アメリカ合衆国大統領選挙が意味することは?

あと24時間足らずで、ホワイトハウスへのレースが盛り上がる!

今日(11月3日)とそれ以後は常に、世界のどこにいても取引に大きな影響を与える!

大規模な金融機関は市場でのリスクを軽減しており、市場の取引量の減少に加えて、多くの主要な金融商品にはすでに統合パターンが見られる。

低い取引量、政治的に敏感な市場は、ボラティリティを意味することが多く、スパイク、トレンド、刺激的な市場を意味する可能性がある。では、どのようにしてリスクを管理し、これらの不確実な時に市場を最大限に活用できるのだろうか。

市場参加者は、勝者が誰かを心配するのではなく、どのように勝つかについてより懸念する。

争われた選挙結果または敗北を望まない候補者は不確実性を意味し、市場は不確実性を嫌う。特に、最終結果が数日間にわたって 1つの州で出て、各結果が市場に影響を与える場合。

それは、トランプ氏かバイデン氏の2人の候補者間の競争がどれほど接戦か、そして州ごとの開票の速度にかかってくる。

しかし、分かっていることの1つは、主要な激戦州でレースが近い場合、郵便投票の締め切りが終わるまで結果がわからない可能性があるということである。

したがって、今週取引する場合は、次の点に注意する必要がある!


11月3日–選挙日:

すべての対面投票は今日中に終了し、33州では、郵便投票の締め切りとなる。フロリダ、ジョージア、ミシガンが主要激戦となってくる。これらがバイデン氏に向かない場合、レースはかなり厳しくなる可能性がある。

11月4日:

英国時間の午前7時頃から、米国のメディアネットワークは通常、西海岸の州の結果に基づいて勝者を予測し始める。テキサスが接戦である場合(世論調査ではそうなることが示唆されている)、4日遅くまで結果がわからない可能性がある。この時点で、すべての州の65〜75%が分かっている可能性が高く、勝者の可能性を予測することさえも可能性な場合がある。

11月6日:

この選挙の主要な激戦州の1つであるペンシルベニア州での郵便の受領期限。ペンシルベニア州の投票が正しければ、レースは非常に厳しくなり、それまでに結果がわからない可能性がある。11月6日になると、短期間のボラティリティが散在とともに、多くの統合が 市場で長期的になる可能性がある。

非常に多くの細かいマージンにかかってくるので、最新ニュースの常に目を見張ることが重要となる。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。