「東西FXリサーチ」スイスの金利が据え置きで支持される米ドル /スイスフラン

2020年9月24日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

スイスの金利が据え置きで支持される米ドル /スイスフラン

米ドル/スイスフランは直近2か月での最高値に近い、0.9200半ばの少し下で安定しており、最新のSNB金融政策の発表したと時、本ペアは動きを見せたが、今は反応がやや落ち着いてきている。ロイターの世論調査では、スイス国立銀行(SNB)は、金融政策の検討において広範なスタンスとマイナス0.75%の金利に固執するとは示した。事実、SNBでは政策金利を-0.75%に据え置いた。

また、金融政策の声明の中で、スイスフランが高く評価されており、SNBが必要に応じてFX市場への介入を強化する準備ができていることを改めて表明した。SNBではインフレ率を2020年には-0.6%、2021年には+ 0.1%、2022年には+ 0.2%と予測している。

SNBが市場に介入し、国内通貨の大幅な上昇を制限するという公約を再確認したという事実は、米ドル/スイスフランが支持される重要な要素と見なされている。しかし、要因の組み合わせにより、投資家が強気な強気の賭けを妨げ、高値を制限する可能性がある。

株式市場を取り巻く否定的な取引感情が示すように、一般的なリスクオフ環境は、スイスフランのセーフヘブンとしての地位を多少サポートした。米国財務省債券利回りの新たな足踏みにより、リスク回避フローが強化され、これにより、2か月の高値によって米ドルが利益を生んだ。

強力な継続購入がないことは、それ以上の評価のある動きに備える前に、注意を払う必要がある。0.9200マークを超えて一晩持続した動きは、強気のトレーダーに有利になるだろう。したがって、一部の継続購入は、今週は0.9300マークを取り戻すための前向きな勢いと見ることができる。


注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。