「東西FXリサーチ」経済大国の大掛かりな金融政策により為替のボラティリティー低下か?

2020年3月26日



文/安藤麻矢 – 東西FXリサーチチーム

過去2週間で9%近く急騰した後、米ドルの下落が始まった可能性がある。 3月9日以降の米ドル指数の驚異的な上昇は、コロナウイルスのパンデミックの悪化により、リスク回避感情とそれに対応する米ドルのようなセーフィヘブンへの需要により後押しされた。

しかしながら、3月24日の連邦準備制度理事会による 前例なきニュースの後、米ドルは最近の上昇傾向を取り戻し始めました。 オープンエンドの量的緩和やFOMCによる米国の投資適格社債の購入を可能にするFRBの拡大により、米ドル価格の動きとより広範な米ドル指数に悪影響が及ぶ可能性があると示唆されている。

とはいえ、米ドルが最近3年ぶりの高値に急上昇したことから、米ドルが緩やかな弱さを見せ始めているため、米ドルが弱まっている可能性がある。 米ドルの引き戻しは、34日間の指数移動平均とこれまでの最新の強気足の23.6%フィボナッチリトレースメントレベルによるテクニカルサポートを保持している。 これが意味することは、短期的な下落にもかかわらず、強い上昇傾向が損なわれていない可能性である。

新型コロナウィルス の世界的蔓延により株市場および為替市場でのボラティリティーが激しい。

ユーロ、ポンド、および円の予想される通貨のボラティリティは、次の30日間で極端な高値から低下し始めている。 これは、これらの主要な通貨ペアを取り巻くリスクへの認識または不確実性が後退し始めている一方で、コロナウイルスのパンデミックを取り巻く市場の不安が緩和していることを示唆しています。

注意:

本ウェブサイトに記載されている全ての情報またリンク先を含めた情報は、情報提供を目的のみとしており、取引投資決定、及びその他の利用目的のために作成されたものではありません。取引投資種、外国為替取引業者の選択、売買価格投資等の全ての最終決定については、利用者ご自身のご判断において行われるようお願い致します。

当社は、当サイトに掲載した情報によって万一閲覧者が被った直接・間接的に生じた損失に関して一切責任を負わないものとします。また、当社および当社に情報を提供している第三者は一切責任を負うものではございませんので ご了承ください。万が一、当サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いません。当社はこのウェブサイトの掲載内容を予告なしに変更または廃止することがございますので、あらかじめご了承おきください。