スマートフォーンサイトはこちら

美人投票(英: Keynesian beauty contest)とは

美人投票(英:The Keynesian beauty contest)とは

「美人投票(英:The Keynesian beauty contest)」とは、投資の大部分が、特定の投資の基本的な収益性についての期待ではなく、他の投資家の考えに対する期待によってもたらされるという見解です。

20世紀で最も影響力のあるエコノミストであるジョン・メイナード・ケインズ氏(英:John Maynard Keynes)は、投資は投資家の欲望むき出しの「アニマルスピリット」によって決定されるため、投資は不安定であると考えていました。アニマルスピリット(Animal spirit)は、人の投資行動の動機となる将来に対する主観的な期待のことであり、バブル生成の根本要因をいいます。

ケインズ氏は、この投資戦略が、100人ほどの若い女性の写真を特集した当時のロンドンで実施されていた「新聞紙上美人コンテスト」に似ていると思いました。コンテストの勝者は、他のすべてのコンテスト参加者のコンセンサスに最も明確に一致した上位5人の女性のリストを提出した新聞読者です。

コンテスト参加者にとっての弱い戦略は、自分の美しさの概念に依存してランキングを確立することです。その結果、各コンテスト参加者は、他の参加者の反応を2番目に推測しようとし、その後、洗練された参加者は、他の参加者の中から2番目を推測しようとします。人々の美しさを判断する代わりに、大多数の人々が美しいと考えるものに従うばかりです。コンテスト参加者(この場合、投資家)が基本的価値(つまり、期待される収益とコストに基づく期待される収益性)を分析する代わりに、ファンダメンタル分析の基本ルールを無視し、「大多数の投資家は何をするか」を予測しようとします。

ケインズ氏は、同様の行動が株式市場で起こっていると信じていました。これにより、人々はデータから導かれた洞察や基礎価値を分析するではなく、他の人々が自分の価値だと思うもの、または他の人が平均評価を予測するものに基づいて株式を評価します。

結果は、(1)基本的な価値が無関係になるため投資が非常に不安定になること、および(2)最も成功した投資家は幸運か、群众心理学を理解するマスターであるか、戦略的ゲームプレイです。アニマルスピリット(Animal spirit)は現在、「不合理な熱狂」として知られています。「美人投票」の比喩は、株式市場のバブルなどの現象を説明しています。これは、効率的市場仮説を備えたモデルとは対照的です。