米オバマケア改廃法案の廃止、税制改革と財政支出計画が危険にさらされ

2017年7月19日

主要なポイントの要約

議会が医療保険制度改革(オバマケア)の廃止と代替法案に関して、修正案への支持が不十分だったため、税制改革と財政支出計画が危険にさらされています。米ドルは、英ポンドとスウェーデンクローナを除いて、ほとんどのG10通貨に対して下落し、その結果で米ドルインデックスは11ヶ月ぶりの低値に低迷しました。

明日の欧州中央銀行(ECB)会議の前に、1.1500の以上の上昇は、1.1890の前に、1.1590までユーロ米ドルのさらなる上昇を予想する声があるものの、確実性は高くありません 。

テクニカル分析は、0.7400の目標価格に、0.8100のストップロス、0.7930で豪ドル米ドルの売りの機会を示唆します。次のレジスタンス水準は0.7980であり、市場はオーストラリア準備銀行(RBA)のタカ派をやや過大に考えている可能性があります。

スウェーデン国立銀行(リクスバンク)の7月の会議の議事録は、弁解しないハト派である中央銀行のものである一方、6月の英国の消費者物価指数(CPI)に失望し、英ポンドとスウェーデンクローナは米ドルの弱さに対して逆転しました。

JPY

6つの主要通貨に対する米ドルの先行きを測る米ドルインデックスは、94.476まで下落し、2016年9月以来の最低値となりました。米ドル円は、6月から7月までの上昇の50%や、医療の見出しのため基準ラインの111.65まで下落しました。111.89の取引セッション低値は、弱いNAHB(全米ビルダーズ協会)の結果や、新しい財務省利回りの低水準のため、ほとんど到達されました。市場は、ネットロング米ドル円の国際通貨市場(IMM)の取引で週50%、毎週の急増に基づいています。一部の投資家は、債券や株式市場の歪みが増加しているため、日本銀行(BOJ)の量的・質的金融緩和(QQE)に関心が集まりました 。主な要因は、アメリカの政策金利であり、連邦準備制度理事会(FRB)の見解のためで、今後より良い米国のデータが必要です。

EUR

米ドルは、ドナルド・トランプ大統領の議題に不信任や海外のタカ派的な中央銀行に対する不安が高まったことから、広いドルインデックスが10年ぶりの低水準となり、対ユーロと対スイスフランで一年以上ぶりの低値をつけました。上院共和党議員が医療整備法案を可決するための努力は月曜日に崩壊し、トランプ氏の公約実現は厳しくなりました。ユーロは、対米ドルで1.1583ドルをつけ、2016年5月初旬以来ぶりの高値、アナリストらは、ユーロに対して「ショートポジション」を持ち、トレーダーが通貨を「カバー」または買い戻するように強制されたと指摘しました。米国の取引セッションの午後にユーロの0.7%上昇は、3週間ぶりに1日の最大のパーセント増加を見込んでいます。

GBP

火曜日に英ポンドは、データにより英国のインフレ率が予想外に低下したことを示した後、 今年の金利上昇の予想を下げ、昨年10月以来、対米ドルや対ユーロで下落しました。先月の英ポンドは、イギリス銀行(BOE)の金融政策委員会(ガバナー自身を含む)の様々なメンバーが、来月に金利が上昇する可能性があると示唆したことで、急増しました。英ポンドは、それにもかかわらず、半分以上を失い、データリリースのわずか30分前に1.3126ドルの10ヶ月ぶりの高値をつけた後、1.3005ドルの低値で取引されました。英ポンドの動きは、統計へのアクセスの制限にもかかわらず、データが発表される直前に始まりました。市場参加者による、公式経済データのリリース前からの詮索に対し、金融トレーダーの懸念を再燃させました。

AUD

中央銀行の経済見通しが好調だったことから、投資家らの金利上昇の可能性が低下し、豪ドルは火曜日に2年ぶりのピークにまで急騰しました。 1%上昇し0.7884ドルとなり、2015年5月以来の最高値で、昨年の0.7836ドルを上回りました。 ヨーロッパセッションはオーストラリア準備銀行(RBA)に大きく影響を与え、0.7942ドルで取引され、ペアは下落、NYセッションは0.7930ドル付近で開きました。 この日は全体を通して上下変動が激しいものの、ペアはUSD取引の恩恵を受けられませんでした。 JPYの強さにより、AUDJPYを高値から下げAUDUSDをやや上回りました。 このペアは0.7910ドルに近づき、0.7920ドル付近にまで上昇しました。

NZD

NZドルは、変動の激しいセッションを迎えました。 予想外の落ち着いた国内インフレデータを最初に下落後、対米ドルの下落により跳ね返りました。キウイは0.7332ドルで、0.7261ドルの低水準から回復しました。 ヨーロッパセッションはNZ 消費者物価指数(CPI)のデータによって誘発された損失を払拭し、NYセッションは0.7350ドル近くに開きました。 ペアは、開始値レベル付近にとどまり、USDの弱さからの恩恵を受けることができません。 NZ最大企業のフォンテラ社による乳製品の入札では、GDT PI + 0.2%、WMP + 0.3%、ペアリフトが0.7373ドルとなっています。 JPYの強さは、NZDJPYやNZDUSDの高値からの押し下げ、 ドル弱体化を緩和しました。 ペアは、1日の終わりにニューヨークの開始値付近に戻りました。


スポット・レート

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
USD/JPY 112.05 -58 -189
EUR/USD 1.1542 64 74
GBP/USD 1.3031 -24 186
USD/CHF 0.9553 -75 -86
USD/CAD 1.2633 -64 -282
AUD/USD 0.7929 127 291
NZD/USD 0.7350 31 125
USD/SGD 1.3662 -31 -158
EUR/GBP 0.8857 65 -69

データソース:ブルームバーグ


主な株式インデックス

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
日経225指数 29,994 -0.6 -1.0
NYダウ・ジョーンズ指数 21,575 -0.3 0.8
S&P500指数 2,461 0.1 1.4
ナスダック総合指数 6,344 0.5 2.4
ユーロ・ストックス50指数 3,479 -1.1 0.4
FTSE100指数 7,390 -0.2 0.8
DAX指数 12,430 -1.2 -0.1
香港ハンセン株価指数 26,525 0.2 2.5

データソース:ブルームバーグ


主なコモディティ

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
トムソン・ロイター・コアコモディティーCRB指数 176.9 0.6 1.7
1,242 0.6 2.0
46.4 0.8 3.0
米ドルインデックス(DXY指数) 94.7 -0.4 -1.0
ADXY指数 106.8 0.2 0.8

データソース:ブルームバーグ


テクニカル分析:日中のサポートやレジスタンスレベル

USDJPY EURUSD GBPUSD USDCHF AUDUSD NZDUSD USDCAD XAUUSD
レジスタンス 3 114.20 1.1765 1.3320 0.9794 0.8198 0.7557 1.2881 1267
レジスタンス 2 113.18 1.1651 1.3190 0.9682 0.8040 0.7442 1.2759 1254
レジスタンス 1 112.62 1.1602 1.3116 0.9615 0.7978 0.7396 1.2694 1249
スポット 112.05 1.1542 1.3032 0.9553 0.7929 0.7350 1.2633 1242
サポート 1 111.60 1.1488 1.2986 0.9503 0.7820 0.7281 1.2572 1236
サポート 2 111.14 1.1423 1.2930 0.9458 0.7724 0.7212 1.2515 1228
サポート 3 110.12 1.1309 1.2800 0.9346 0.7566 0.7097 1.2393 1215
ボリンジャーバンド
アッパーバンド 114.32 1.1596 1.3142 0.9729 0.7894 0.7359 1.3328 1260
ロワーバンド 111.12 1.1176 1.2691 0.9535 0.7454 0.7234 1.2529 1206