カナダ銀行が7年ぶりに利上げ、イエレン議長の声明で、米政策金利を徐々に引き上げ

2017年7月13日

主要なポイントの要約

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の証言は、均衡とみられているものの、市場がハト派として見た、特に商品や新興市場通貨に対し、より弱い米ドルをもたらしました。イエレン氏によるインフレ率の低下の焦点は、金曜日の消費者物価指数(CPI)の発表が重要となることを意味します。

一晩中ユーロは、米ドルのより柔和なトーンに肩をすくめました。ユーロ米ドルのさらなる上昇のためのテクニカル分析の検証は、ユーロ米ドルが1.1470を上回らなかったため、不十分なままです。市場は、7月20日の欧州中央銀行(ECB)会議に先立ち、最近のユーロの強さに対する欧州中央銀行(ECB)のプッシュバックの可能性に敏感に反応するでしょう。1.1300までのユーロ米ドルの短期的な引き戻しは可能です。

カナダ銀行(BOC)が7年ぶりに利上げ、声明のトーンは予想以上に強かったです。米ドルカナダドルは1.2770の下に落ちたため、次のサポート水準は1.2500になります。市場は今年に他の25ベーシス・ポイントの金利引き上げを評価していますが、2018年にインフレ率が2%以下に残っている可能性があるため、2017年末までの別の金利上げが望めないことが考えられます。

ブラジルレアルは、ルーラ元大統領がマネーロンダリングと受動的腐敗のために、刑務所で9.5年の禁固刑を宣告されたという最新の報告書によって助けられたため、上昇しました。これは、ルーラ元大統領が2018年の選挙の候補となる可能性を低下させることが考えられます。テクニカルインディケータは、3.20~3.35の範囲で米ドル/ブラジルレアルの横ばい圏で取引を支援します。

JPY

水曜日に米ドルは、米連邦準備制度理事会(FRB)のジャネット・イエレン議長の声明で、米政策金利を徐々に引き上げ、連邦準備制度(FED)の広い範囲に金利を引き上げることはできないと指摘後、対円で弱くなりました。また、比較的低いインフレ率や低い中立率が、連邦準備制度の余地がなくなることにつながる可能性と、米国経済が連邦準備制度によって金融政策を徐々に強化する計画を継続するには、十分に体力があると言及しました。イエレン議長の証言後の短期米国金利の下落に伴い、円に対して米ドルは113.19円で0.64%安となりました。

EUR

6つの主要通貨に対する米ドルを測定する米ドルインデックスは、一時95.511に下落後、95.748まで0.08%回復し、6月30日以来の最低値をつけました。発言の発表後にユーロに対して下落した米ドルは、方向を逆転させ、ユーロに対してセッションの高値の近く取引していました。ヨーロッパセッションの早い時間に狭い取引範囲があり、ほぼ1.1460以下にとどまり、ニューヨークセッションは1. 1450近くに開始しました。イエレン議長の発言はハト派的で、米ドルと米国 債券利回りの売却を引き起こしました。ドイツ・米国の利回りのスプレッドは拡大し、ユーロ米ドルは1.1480に上昇し、売り手が出現しました。その後、ユーロ米ドルはNYセッションの遅い時間に1.1420の下にとどまりました。

GBP

予想をやや上回る賃金と雇用データは、水曜日に英ポンドのさらなる弱体化を防ぎ、英国の欧州連合(EU)離脱に向けた交渉の開始時には、政治的および経済的な一連の警告兆候を相殺しました。イギリス銀行(英中銀、BOE)のベン・ブロードベント副総裁は、水曜日に発行された新聞のインタビューで、まだ金利を引き上げる準備は不十分だと発言しました。これにより、英ポンドが対米ドルで2週間ぶりに低水準および対ユーロで1430GMTに8ヶ月の最低値まで押し下げました。英ポンドは、1.2889ドルで前日比0.4%高で取引され、1.2812ドルまで弱まりました。 米連邦準備制度理事会(FRB)のジャネット・イエレン議長が、今年の残りの期間で1回以上の金利上げの期待感を制止後、英ポンドは一時的に$1.2910まで急速に上昇しました。

AUD

豪ドルは水曜日に、一般的に軟調な米国通貨に対して奮闘しました。 混雑したロングポジションから、投機筋による救済のため、急激に後退したNZDのカウンターパートとは対照的となりました。 豪ドルは週の初めの最低値0.7587ドルから離れ、0.7657ドルまで上げました。 ヨーロッパセッション午前の不振からNYセッションを0.7650ドル近くで開き 、イエレン議長の発言を迎えました。 イエレン議長のハト派的な発言が米ドルと米国財務省の信頼を急降下させ、AU-USのスプレッドは拡大しました。 AUDUSDは急速に持ち上がり、7月4日の記録に近づいた後に少し戻しました。 午後にはディップにより買われ、ペアはセッション中の最高値に近づきました。 アジアセッションにおいて、豪ドルの変動のための大きなデータやイベントのリスクはありません。

NZD

NZDは、米ドルに対して火曜日の0.7%下落の後0.7228ドルで堅調に推移しました。 静かなヨーロッパセッションの午前、NYセッションで0.7240ドル付近に開き、イエレン議長の発言を迎えました。 米ドルと米国財務省の利回りスライドは、市場によって若干相場の下落が予想されます。 NZDUSDは急速に7月10日の最高値と10日間単純移動平均線( SMA)に近づきました。 米ドルが立場の回復のため、午後には小さなプルバックが起こりました。


スポット・レート

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
USD/JPY 113.16 -78 -10
EUR/USD 1.1434 -34 81
GBP/USD 1.2898 53 -36
USD/CHF 0.9639 0 -1
USD/CAD 1.2744 -171 -213
AUD/USD 0.7683 45 80
NZD/USD 0.7271 46 -18
USD/SGD 1.3775 -45 -33
EUR/GBP 0.8865 -61 88

データソース:ブルームバーグ


主な株式インデックス

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
日経225指数 20,123 -0.4 0.2
NYダウ・ジョーンズ指数 21,532 0.6 0.3
S&P500指数 2,443 0.7 0.4
ナスダック総合指数 6,261 1.1 1.8
ユーロ・ストックス50指数 3,515 1.5 1.1
FTSE100指数 7,417 1.2 0.7
DAX指数 12,627 1.5 1.4
香港ハンセン株価指数 26,340 1.8 3.2

データソース:ブルームバーグ


主なコモディティ

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
トムソン・ロイター・コアコモディティーCRB指数 173.9 0.0 0.1
1,222 0.3 -0.4
45.5 1.0 0.8
米ドルインデックス(DXY指数) 95.6 0.0 -0.7
ADXY指数 106.3 0.3 0.3

データソース:ブルームバーグ


テクニカル分析:日中のサポートやレジスタンスレベル

USDJPY EURUSD GBPUSD USDCHF AUDUSD NZDUSD USDCAD XAUUSD
レジスタンス 3 115.46 1.1630 1.3074 0.9760 0.7770 0.7386 1.3321 1245
レジスタンス 2 114.41 1.1531 1.2972 0.9700 0.7718 0.7320 1.3055 1233
レジスタンス 1 113.79 1.1471 1.2928 0.9676 0.7698 0.7292 1.2903 1227
スポット 113.16 1.1434 1.2898 0.9639 0.7683 0.7271 1.2744 1222
サポート 1 112.74 1.1372 1.2826 0.9616 0.7646 0.7226 1.2637 1214
サポート 2 112.31 1.1333 1.2768 0.9580 0.7614 0.7188 1.2523 1207
サポート 3 111.26 1.1234 1.2666 0.9520 0.7562 0.7122 1.2257 1195
ボリンジャーバンド
アッパーバンド 114.47 1.1548 1.3074 0.9775 0.7702 0.7327 1.3404 1264
ロワーバンド 110.56 1.1088 1.2615 0.9546 0.7529 0.7219 1.2699 1207