日本国債10年の年利回り、米ドル高の可能性、FRBの過小評価

2017年7月07日

主要なポイントの要約

ユーロは、世界的な利回りを引き上げたドイツ国債(ブン. ズ)の利回りの上昇と並行して、パフォーマンスに優れました。ECB債券購入の縮小(テーパリング)の意図のタカ派的な市場の解釈に対するより大きな市場のプッシュバックの可能性は、1.1470のレジスタンス水準を前に、ユーロ米ドルの上昇傾向を積極的に追跡し、慎重にならなければならないことを意味します。ユーロ米ドルを買うには1.11〜1.12への逆転を待つことが賢明です。

7月12日のカナダ銀行(BOC)政策金利引き上げが市場価格に影響する水準は高いですが、1.29のサポート水準を前に、米ドルカナダドルの下降トレンドを積極的に追うことは避けることが賢明です。

来年度でユーロが高くなる可能性が大きいとしても、EU加盟国でユーロ以外の通貨に対して小規模の米ドルとのもみ合いがある可能性があります。戦術的な米ドルのロングポジション(買い持ち)のリスクは理にかなっています。それは、特に市場における世界政策の残部が積極的に価格改定に影響する場合、米連邦準備制度理事会(FRB)の過小評価が予想されるためです。

金価格への影響力としてのシルバーの属性には、G10利回りの上昇により最近の金の急落は、金銀比率が75倍を超えた影響で、銀価格の急激な減少が加速しました。金のポジションは戦略的な傾向がありますが、銀は投機的な関心を引き付けます。金(XAGUSD)の次のサポート水準は$15.10です。

JPY

金曜日の米非農業部門雇用者数(雇用統計)を前に、ADP全米雇用報告は、先月に民間部門の雇用者数が15万8000人増えたことを示し、これは5月の23万人の雇用者数よりも少なく、経済学者の予想185,000人を下回りました。取引セッションの遅い時間では、米ドルインデックスは95.828で0.5%下落しました。今週1%以上上昇した後、米ドルは113. 25円でほとんど変化しませんでした。混在する米国データとハル移動平均線 (100) の上昇は、米ドル円を112.88~113. 47の範囲を維持しました。米ドル円は、113.33円で最後の3月からの下降傾向線を上回っていません。イールドカーブ・コントロールのトップでの日本国債10年の年利回りは、米ドル円を強化する可能性があります。日本国債の購入に対するイールドカーブ・コントロールは、金曜日の米国の雇用統計が米国の債券利回りを上げる場合は、米ドル円にとって有利です。

EUR

米ドルは、予想よりも弱い米労働省の雇用統計が発表された後、木曜日に下落し、労働市場が冷え込めている間に連邦準備理事会(FRB)による金利引上げが徐々に進んでいることを肯定しています。米ドルは、水曜日の米連邦準備理事会(FRB)の議事録が将来の金利上昇の明確なイメージを提供していませんでしたので、守備的になりました。米ドル安は、木曜日の弱い米国経済のデータの影響が続きました。欧州中央銀行(ECB) 会議の議事録は、ユーロが最近の取引範囲内にとどまったのに、債券利回りの上昇を受けてユーロ高を押し上げました。ユーロ米ドルは、ヨーロッパの取引セッションでの早い時間で上昇した後、1.1365付近でNYセッションを開始しました。ドイツ10年債・米国10年債利回りスプレッドは上昇を助けました。NYセッションでは、米・ADP民間雇用者数のミスが米財務省の利回りを劇的に低下させ、スプレッドをさらに広げた後、強気市場の圧力が続きました。ユーロ米ドルは、ユーロのビッド価格が拡大しているため、7月3日の高値に近づいて着実に上昇しました。小さな逆転が見られ、ユーロ米ドルはセッションの終盤では当日の最高値をわずかに下回りました。

GBP

英ポンドは木曜日、静かな動きの日中から上昇しました。英国の弱い経済データ継続を打開するための、イギリス銀行(BOE)による数ヶ月間にわたる金利引き上げ策に対し、賭けに投じる投資家の抑止に失敗しました。景気の下降を示している購買担当者指数(PMI)の調査は、今週英ポンドに圧力をかけていますが、5月の米ドルに対して9ヶ月ぶりの高値に達するまで1セント未満です。その回復力は、イギリス銀行(BOE)による金融引き締め期待に大きな影響を受け、多くの政策立案者が利上げを支持した後、いくつかの投資家が早ければ来月に利上げに期待していました。ロンドンの取引セッションの遅い時間までには、英ポンドは1.2967ドルで0.3%上昇しました。しかし英ポンドは、米ドル安をより引っ張られた予想よりも弱い米国市場データの発表を受け、ユーロ高に対して後退しました。英ポンドは、ユーロ当たり87.98ペンスで0.2%下落で最後に取引しました。

AUD

ヨーロッパセッションの午前中にスライドし、NYセッションは0.7595近くで開き、弱気相場が継続されました。 USDは堅調で早く、EURAUDは、もみ合いの結果1.5050を上回りました。 0.7575に近づき、米ドル安値は若干低下し、AUDUSDは跳ね上がりが鈍くなりました。このペアは、1日の終わりに0.7585付近に持ち上げられて横ばいが続いています。 テクニカル・リーンは弱気傾向、RSIは下降に傾き、他を圧倒する可能性があります。

NZD

ペアは、ヨーロッパ午前に0.729付近からスライド後、NYセッションを0.7265付近に開きました。米ドルは堅調で、EURNZDは1.5710を上回っているため、弱気圧力は持続しています。NZDUSDは0.7245に届き、損失はUSDスリップとして低下、AUDNZDはフラットになりました。上昇値は、セッションの後半にペアが0.7275付近をつけました。Techsは弱気、RSIs下降気味、10日移動平均線(SMA)上限を制限します。アジアの主要データはありませんが、米国の雇用データが揃っているため、市場は静かになるとみられます。


スポット・レート

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
USD/JPY 113.41 15 123
EUR/USD 1.1422 69 -18
GBP/USD 1.2972 38 -36
USD/CHF 0.9604 -36 46
USD/CAD 1.2977 20 -25
AUD/USD 0.7583 -2 -12
NZD/USD 0.7287 -2 -12
USD/SGD 1.3824 16 33
EUR/GBP 0.8805 28 9

データソース:ブルームバーグ


主な株式インデックス

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
日経225指数 19,900 -0.9 -1.6
NYダウ・ジョーンズ指数 21,320 -0.7 0.2
S&P500指数 2,410 -0.9 -0.4
ナスダック総合指数 6,089 -1.0 -0.9
ユーロ・ストックス50指数 3,462 -0.5 -0.3
FTSE100指数 7,337 -0.4 -0.2
DAX指数 12,381 -0.6 -0.3
香港ハンセン株価指数 25,377 -0.6 -2.3

データソース:ブルームバーグ


主なコモディティ

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
トムソン・ロイター・コアコモディティーCRB指数 174.4 0.4 1.5
1,222 -0.4 -1.9
45.5 0.9 1.3
米ドルインデックス(DXY指数) 95.9 -0.4 0.2
ADXY指数 105.8 -0.1 -0.2

データソース:ブルームバーグ


テクニカル分析:日中のサポートやレジスタンスレベル

USDJPY EURUSD GBPUSD USDCHF AUDUSD NZDUSD USDCAD XAUUSD
レジスタンス 3 114.35 1.1587 1.3086 0.9756 0.7673 0.7479 1.3084 1243
レジスタンス 2 113.77 1.1490 1.3022 0.9688 0.7633 0.7383 1.3023 1235
レジスタンス 1 113.50 1.1457 1.2997 0.9646 0.7610 0.7329 1.3000 1230
スポット 113.41 1.1422 1.2973 0.9604 0.7583 0.7287 1.2978 1222
サポート 1 112.92 1.1360 1.2933 0.9578 0.7570 0.7233 1.2939 1222
サポート 2 112.61 1.1296 1.2894 0.9552 0.7553 0.7191 1.2901 1218
サポート 3 112.03 1.1199 1.2830 0.9484 0.7513 0.7095 1.2840 1210
ボリンジャーバンド
アッパーバンド 114.09 1.1491 1.3071 0.9795 0.7681 0.7335 1.3423 1272
ロワーバンド 109.51 1.1053 1.2567 0.9547 0.7512 0.7198 1.2869 1217