米国債利回り曲線がより高くなり、世界経済成長の勢いが増し続け

2017年7月04日

主要なポイントの要約

米ドルは、米ISM製造業景況感指数の報告書が今週の金曜日に強い民間給与実態統計のための希望を喚起後、米国の金利曲線がより高くなったため、一般的な強化を行いました。112.95円以上の上昇は、114.50まで米ドル円の上昇傾向の信念を強めます。テクニカル分析は、1.11・1.12米ドルまで、いかなる下落であっても、ユーロ米ドルの買いの機会を示唆します。

G10国の債券利回りの上昇は、直接的な手助けには及ばなかったものの、6月の世界各国の製造業PMI(購買担当者景気指数)によると、世界経済成長の勢いが増し続けており、コモディティー価格が安定していることを考慮すると、新興市場のキャリートレードは脱線させないはずです。キャリートレードには慎重であることが賢明です。

オーストラリア準備銀行(RBA)は、今日の政策会議ではタカ派スタンスを大きく変更するいくつかの主要中央銀行のグループに加わる可能性は低いです。テクニカル分析は、 0.7540の目標価格に、0.7730米ドルまでは、いかなる上昇であっても、オーストラリアドル米ドルの売りの機会を示唆します。

JPY

米ドルは、6週間ぶり最高値である113.45円まで円高が進み、以前より0.9%高の113.40円となりました。米ドル円は一方的に大幅に値下がりしました。要因は、米国の高金利、株式価格と弱気な安倍首相によるものです。米連邦準備制度理事会(FRB)の政策金利が引き上げられる可能性は、大きな米ISM製造業景況感指数のビートのために高くなりました。113.40円の強気トレンドのレジスタンス水準は、次のフィボナッチ・ハードルです。

EUR

月曜日に米ドルは、米国財務省証券のより高利回りおよび、米製造業活動がほぼ3年ぶりに高水準に達したことを示すデータの影響で、四半期を前向きな見通しから始めて、過去4ヶ月間で取引日の最高値を記録しました。先週に米ドルは、地方経済がより良くなっているという証拠を考慮して、いくつかの主要な中央銀行が金融刺激策を減らすかどうか検討していることを示したため、2010年以来の最悪の四半期から上昇しました。先週にユーロは米ドルに対し、1年以上の過去最高水準から後退しました。ユーロは1.6358米ドルから0.6%近く下げました。欧州中央銀行(ECB)の政策立案者の複数は、7月20日の会合の政策声明での、金融緩和の偏見を取り除くことに警戒すると言及したロイターの報告書を無視しました。

GBP

月曜日に英ポンドは、イギリスの製造業部門の期待値を下回るデータが発表後、イングランド銀行が今年金利を引き上げる可能性について投資家が考え直すようになったため、広くより弱いドルに対して1.30ドルを下回りました。最新の購買担当者指数(PMI)は、英国の工場活動が6月の予想よりもはるかに緩やかに伸びていることを示した一方、輸出注文は5ヶ月で最も弱いペースで上昇しました。下方修正された5月の56.3からの活動は、54.3に減少し、3ヶ月ぶりの最低水準と、ロイター予想をすべて下回りました。全面的に米ドルが上昇している間、英ポンドが1.2932ドルまで下落し、14:50GMTに1.2945ドルで取引し、底値から回復する前に、0.7%高となりました。英ポンドは、イギリス銀行(BoE)が今後数カ月間に金利を引き上げる算段が影響し、金曜日に6週間ぶりの高値1.3030米ドルを付けました。

AUD

豪ドルは月曜日に3ヶ月ぶりのピークを迎えました。貿易相手国である中国の堅調な生産と国内経済指標の堅調な推移によるもので、同様に貿易相手国であるニュージーランドに対し5ヶ月ぶりの高値を付けました。 オーストラリアの雇用市場はさらなる向上への兆候を見せていて、首都圏の住宅価格は高騰し、今後数カ月の安定した金利への期待が高まっています。 オーストラリアドルは、金曜日につけた0.7712ドルからわずかに下回る$ 0.7684につけました。 1月以来、最高の月間パフォーマンスを記録し、6月に比べ3.5%上昇しました。 ヨーロッパセッションの午前中はもみ合いが激しく、NYセッションは0.7665近くで開きました。 米ドルの入札が続行される中、ベアプレッシャーが続き、ISMデータが入札を強化。 AUDUSDは、商品が全体的に好調であるものの、0.7640近くに迫っています。 現在セッションの終盤に、この日の最安値付近でペアがオーストラリア準備銀行(RBA)の声明を待っています。 近々ラリーが再開する可能性がある場合、レート変更は予測されず、焦点を絞った声明が出されるものとみられます。

NZD

NZドルは5ヶ月ぶりの高い水準にあり、弱体化したドル建てに支えられました。 金曜日に$ 0.7347をつけ、月曜日の$ 0.7325を上回り、2月以来の最高値となりました。 チャート抵抗は0.7365ドル前後。 ペアは、ヨーロッパセッションの午前中にスライドし、0.7300近くでNYセッションを開き、その後米ドルの入札は鈍くなりました。 ベアプレッシャーが続き、10日間移動平均線(SMA)の下方でペアスリップとなり、6月26日の値より低くなりました。 NZDJPYは$82.75に近づく一方で、NYセッションでの損失はAUDNZDがスリップするにつれて減少します。 セッションの後半にニューヨークの開始値に近くなりました。


スポット・レート

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
USD/JPY 113.22 85 136
EUR/USD 1.1372 -54 190
GBP/USD 1.2951 -75 228
USD/CHF 0.9632 49 -92
USD/CAD 1.2994 33 -250
AUD/USD 0.7659 -28 74
NZD/USD 0.7274 -58 -14
USD/SGD 1.3821 57 -59
EUR/GBP 0.8781 12 -8

データソース:ブルームバーグ


主な株式インデックス

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
日経225指数 20,111 0.4 -0.2
NYダウ・ジョーンズ指数 21,479 0.6 0.3
S&P500指数 2,429 0.2 -0.4
ナスダック総合指数 6,110 -0.5 -2.2
ユーロ・ストックス50指数 3,492 1.5 -2.0
FTSE100指数 7,377 0.9 -0.9
DAX指数 12,475 1.2 -2.3
香港ハンセン株価指数 25,783 0.1 -0.3

データソース:ブルームバーグ


主なコモディティ

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
トムソン・ロイター・コアコモディティーCRB指数 176.2 0.8 4.5
1,224 -1.4 -1.7
47.1 2.2 8.5
米ドルインデックス(DXY指数) 96.1 0.5 -1.3
ADXY指数 105.9 -0.3 0.0

データソース:ブルームバーグ


テクニカル分析:日中のサポートやレジスタンスレベル

USDJPY EURUSD GBPUSD USDCHF AUDUSD NZDUSD USDCAD XAUUSD
レジスタンス 3 115.75 1.1529 1.3161 0.9753 0.7787 0.7451 1.3089 1280
レジスタンス 2 114.37 1.1456 1.3064 0.9686 0.7725 0.7378 1.3042 1254
レジスタンス 1 113.87 1.1410 1.3002 0.9661 0.7693 0.7336 1.3024 1237
スポット 113.22 1.1372 1.2951 0.9632 0.7659 0.7275 1.2995 1224
サポート 1 112.49 1.1337 1.2905 0.9594 0.7631 0.7263 1.2977 1211
サポート 2 111.61 1.1310 1.2870 0.9552 0.7601 0.7232 1.2948 1202
サポート 3 110.23 1.1237 1.2773 0.9485 0.7539 0.7159 1.2901 1175
ボリンジャーバンド
アッパーバンド 113.49 1.1442 1.3057 0.9796 0.7690 0.7332 1.3544 1283
ロワーバンド 109.13 1.1052 1.2562 0.9561 0.7494 0.7177 1.2910 1221