G10国の債券利回りが押し上げ、独CPIが予想を上回

2017年6月30日

主要なポイントの要約

米連邦準備理事会(FRB)の後、欧州中央銀行 (ECB)、イギリス銀行 (BoE)、カナダ銀行(BoC)を含む、タカ派的に転じる中央銀行のリストが増えているようです。スウェーデン国立銀行とオーストラリア準備銀行(RBA)は、火曜日に政策会議を開催します。スウェーデン国立銀行は、欧州中央銀行 (ECB)の指導を仰ぐことになるかもしれませんが、オーストラリア準備銀行(RBA)がタカ派的になるにはまだ早すぎます。テクニカル分析は、0.7400の前に0.7535の目標価格に、0.7730までは、いかなる上昇であっても、オーストラリアドル米ドルの買いの機会を示唆します。

中央銀行による継続的でタカ派的なコメントは、G10国の債券利回りを押し上げ、市場が相当な金融緩和政策の条件が消えていくことを心配し始めているため、株式や新興国通貨に影響を与え始めています。G10国の債券利回りの上昇を助けませんでしたが、新興市場の成長がポジティブに見え、コモディティ価格(石油を除く)が安定していることを考慮すると、新興市場のキャリートレードを脱線させないはずです。

予想を上回るドイツの消費者物価指数(CPI)は、今日のユーロ圏のフラッシュCPIに対する期待を高めました。ユーロ円が125.90の重要なレジスタンス水準を上回ったことで、ユーロ米ドルは強気なユーロシグナルを強化するために、1.1470の重要なレジスタンス水準を上回る必要があります。

JPY

米ドルは、112.92円の1ヶ月ぶり以上の高値を記録し、その後は軟調に転じて終盤は0.2%安の112.05円となりました。米ドル円は、米国GDP上昇との見通しを受けて111.92に上昇しました。その後、米ドル円は、今週のG10利回り上昇の影響で、株価が下落した後、突然下落しました。日本の国債は、日本銀行のイールド・カーブコントロールの影響で、利回りの上昇の例外でした。113円での強いレジスタンス水準は、手の届かないところにしまって、ロングポジション(買い持ちのポジション)がリスクを回避する取引の中で崩壊しました。金利引き上げに対する米セントルイス地区連銀のブラード総裁の声明は、約111.81の低値で発生しました。

EUR

ユーロ圏とカナダにタカ派的な金融政策姿の期待が高まり、今年に連邦準備理事会(FRB)の金利上昇に懐疑論の結果として、木曜日に米ドルは対ユーロで14ヶ月間での最低値を維持しました。ユーロは、1.1444ドルに突然上昇し、これは、2014年5月11日以来の最高値となりました。水曜日に欧州中央銀行(ECB)の筋は、マリオ・ドラギ総裁による火曜日の声明のメッセージを控えめに発表しました。同時に、今年後半に中央銀行がユーロ圏経済のための緊急刺激の撤退へ準備を進めていることを市場に確信させました。一方、水曜日にイングランド銀行(中央銀行)のマーク・カーニー総裁とカナダ銀行の2つの政策立案者からのコメントは、これらの中央銀行の金利上昇に対する予想が高まりました。ユーロは、対米ドルで1.1437ドルで0.5%高くなりました。6つの主な通貨のバスケットに対する米ドルを測定する米ドルインデックスは、95.597で0.4%下落しました。

GBP

木曜日に英ポンドは、投資家がイングランド銀行(BOE)の金融政策の強化を検討しているという兆候に注目したため、5週間ぶりに1.30ドルを上回りました。テリーザ・メイ首相が6月8日の選挙で議会過半数を失った時、英ポンドは対米ドルで2%以上を失った後、イングランド銀行(BOE)の役人は記録的な低金利を引き上げることに賛成したため、英ポンドは回復しました。水曜日にイングランド銀行のマーク・カーニー総裁は、国経済がフル稼働の状態に近づいているため、利上げが必要となる可能性が高いと指摘し、今後数カ月間にこれについて議論する予定だと言いました。英ポンドは、英中銀金融政策委員会(MPC)の委員のホールデンがBBCにイギリス銀行は金利引き上げを真剣に検討する必要があると言った後、欧州のセッションの開始で1.2995ドルまで強くなり、1.3007ドルまで一時的に上昇しました。前日比0.4%増の1.2984ドル、ユーロ当たり87.90ペンスで0.1%高くなりました。

AUD

豪ドルは木曜日に3ヶ月ぶりのピークに達し、カウンターパートであるニュージーランドにおいても今年2月以来の最高値に近く、要因としては、欧州と英国の政策強化に投資家による関心が集まり、米国通過が弱体化したためです。豪ドルは3月30日以来の水準となる0.7636ドルの高値をつけ、頑強なチャート抵抗を最終的に上回り、0.7664ドルを超えました。豪ドルは6月初旬から高値傾向で、1月以来最高の月間パフォーマンスを記録し、3ヶ月ぶりの最高値をつけました。銅価格はさらに上昇しました。市場は政権交代を期待し、RBA(オーストラリア準備銀行)に注目しています。年間トレンドのレジスタンスは、0.7730以上です。

NZD

豪ドルは0.7324ドルで、直近5ヶ月間の最高値0.7344ドルにほど近くなりました。豪ドルは過密なロングポジションが課題です。トレンドブレイクを処理できず、0.7250ドルでストップしました。


スポット・レート

通貨ペアスポット1日間の変化 (ピップス)1週間変化(pips)
USD/JPY111.92-3859
EUR/USD1.143759285
GBP/USD1.302093338
USD/CHF0.9563-32-155
USD/CAD1.2979-59-254
AUD/USD0.770262160
NZD/USD0.73241859
USD/SGD1.3782-39-119
EUR/GBP0.8784-18-9

データソース:ブルームバーグ


主な株式インデックス

通貨ペアスポット1日間の変化 (ピップス)1週間変化(pips)
日経225指数19,972-0.8-0.7
NYダウ・ジョーンズ指数21,287-0.8-0.5
S&P500指数2,420-0.9-0.6
ナスダック総合指数6,144-1.4-1.5
ユーロ・ストックス50指数3,471-1.8-2.4
FTSE100指数7,350-0.5-1.2
DAX指数12,416-1.8-3.0
香港ハンセン株価指数25,9651.11.1

データソース:ブルームバーグ


主なコモディティ

通貨ペアスポット1日間の変化 (ピップス)1週間変化(pips)
トムソン・ロイター・コアコモディティーCRB指数171.90.53.2
1,245-0.4-0.5
44.90.45.6
米ドルインデックス(DXY指数)95.6-0.5-2.1
ADXY指数106.10.00.2

データソース:ブルームバーグ


テクニカル分析:日中のサポートやレジスタンスレベル

USDJPYEURUSDGBPUSDUSDCHFAUDUSDNZDUSDUSDCADXAUUSD
レジスタンス 3114.551.15741.31910.96790.77740.74171.31291273
レジスタンス 2113.431.14971.30870.96250.77210.73601.30701260
レジスタンス 1112.801.14681.30470.95910.77020.73291.30361253
スポット111.921.14371.30200.95630.77020.73241.29791245
サポート 1111.681.13911.29430.95370.76490.72721.29771239
サポート 2111.191.13431.28790.95170.76150.72461.29521233
サポート 3110.071.12661.27750.94630.75620.71891.28931219
ボリンジャーバンド
アッパーバンド112.791.14181.30450.97980.76810.73331.35771289
ロワーバンド109.121.10571.25670.95560.74710.71501.29711229