ユーロ米ドルは新たな高値に達し、ブラジルの株式と金利は売り続け

2017年5月23日

主要なポイントの要約

今年にユーロ米ドルは、ドイツのアンゲラ・メルケル首相が「弱すぎる」と言及後、新たな高値に達しました。テクニカル分析は、1.1365の目標価格で、最終的に1.0945米ドルまではどんな下落でも、ユーロ米ドルの買いの機会を示唆します。ユーロ円における125.90円レベルのレジステンスを見ると、125.90円を超過し、さらなる上昇を引き起こすものとみられます。

ブラジルの株式と金利は、継続的な市場のオーバーハングで売り続けましたが、中央銀行がFXスワップを提供することでより強くなりました。テクニカル分析は、3.20・3.45から米ドルブラジルレアルのためにレンジ相場を支持しています。

インドネシアルピアに肯定的でしたが、フィッチとムーディーズの両方が投資適格としてインドネシアをアップグレードしていたため、期待感が高まっていました。短期的なインドネシアルピアの見通しの重要要素は、インドネシア銀行がより良い感情を反映するためにFXの準備金が13,300を超えられるかどうか、あるいはこのFXの準備金を上回る金額を引き続き構築できるかです。

JPY

円のパフォーマンスは上下し、わずかな米ドル円の下落となりました。鈍いNYセッションでは、オーバーナイトの最安値110.85円に到達しませんでした。米ドル円は、55-DMA(111.72)および一目均衡表の雲のトップ、38.2%(111.82)を下回りました。ボラティリティー指数(VIX)の低下とわずかな株価の上昇は、日中の高値からの米国国債の利回りの低下によって相殺されました。連邦準備制度理事会(FED)のスティーブン・カプランは、2017年に3回利上げおよびバランスシートの先細りを維持していることが米ドルの上昇に影響を与えました。市場は端にあり、リスクオフの見出しがしばらく沈静化することが望まれています。一定の見方は、買いのためのバックネットとして110円が、112へ傾いています。ユーロ円は、ユーロ米ドルの利益によって押し上げられ、1.13で11月の高値付近につけました。クロスペアの水曜日の高値と火曜日の高値125.31 / 81円は次のハードルです。日本の2番目に重要なデータが火曜日に発表される予定があり、市場は水曜日の日本銀行(BOJ)の動きを注視しています。

EUR

不透明な米国の政治情勢と好調なユーロが米ドルを圧迫した結果、先週からの損失が拡大して、通貨バスケットに対して6ヶ月ぶりの 安値水準まで下落しました。6通貨バスケットに対して米ドルを追跡しているドル指数は、97.005まで0.14%下がりました。セッションの早期に96.797の最低値まで下がり、11月9日以来の最低値をつけました。メルケル首相はベルリンの中学校で学生に対し、ドイツの巨額の輸出収入は、政府が影響を及ぼさなかった2つの要因、すなわちユーロの為替レートと原油価格によって推進されたと述べました。ユーロは、セッション当初では1.1263米ドルの高値を付けた後、1.1232米ドルで0.25%上昇しました。

GBP

英ポンドは、来月の選挙に先立ち、 月曜日にテリーザ・メイ首相の相手をめぐり首位を絞っていることが電話調査の結果明らかになり、全体的に安くなりました。テリーザ・メイ首相のリードが9%ポイントに半減し、イギリスの労働党が5ポイント上昇し、保守党のテリーザ・メイ首相が5ポイント減となりました。先週のロンドンでの早朝取引セッションにおいて、英ポンドを約0.5%押し下げ、1.30米ドルの高値につけました。英ポンドはロンドンセッションの午後では、少し回復したものの、依然として1.3005米ドルまで0.3%低下しました。ユーロ当たり86.35ペンスで0.5%下げました。

AUD

豪ドルは対ユーロで数ヶ月ぶりの低水準となり、米国を相手に、ワシントンでの開発を待つ投資家と、支持者の取り合いとなりました。ユーロへの関心が高まっていることから、豪ドルは米国よりも後退。先週の最高値0.7458ドルから遠く0.7440ドルでした。ペアはアジアセッションの損失を取り戻し、ヨーロッパセッションの午前は 21-DSMAを上回りました。NYセッションは0.7460付近で開き、商品利益と米ドルの下落により、低値から上昇しました。3月の高値トレンドラインを突き刺し、0.7490付近まで立て直しが及びました。USD下落は減速、ペアは下落して、セッション後半0.7475付近につけました。

NZD

月曜日のNZドルは、0.6920ドル前後でほぼ横ばいでしたが、金曜日の安値0.6882ドルからは遠くなっています。投資家は、今週の主要なイベントは、木曜日に予定されているニュージーランド政府の予算だと予想しています。強い税収と遅れて公表された地震の復興支出は、12月に政府が予測した4億7,300万ドル(3億2,371万ドル)を大幅に上回る黒字に寄与すると予想されています。ヨーロッパセッションの午前中に強気筋の圧力後、NYセッションは0.6960の近くで開き、圧力は継続。幅広い商品の上昇値と一般的に弱い米ドルは、NZドル米ドルの利益を支えています。このペアは55日間移動平均線(SMA)をさらに上回り、一目均衡表の雲の底を突き抜けました。0.7000へ近づくと、米ドルの売りが激減し小戻り。セッション終場に0.6990付近につけました。


スポット・レート

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
USD/JPY 111.07 -16 -273
EUR/USD 1.1241 35 266
GBP/USD 1.2977 -53 81
USD/CHF 0.9728 1 -238
USD/CAD 1.3489 -24 -143
AUD/USD 0.7474 15 61
NZD/USD 0.6997 71 117
USD/SGD 1.3864 3 -117
EUR/GBP 0.8662 67 151

データソース:ブルームバーグ


主な株式インデックス

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
日経225指数 19,676 0.4 -0.9
NYダウ・ジョーンズ指数 20,895 0.4 -0.4
S&P500指数 2,394 0.5 -0.3
ナスダック総合指数 6,134 0.8 -0.3
ユーロ・ストックス50指数 3,577 -0.3 -1.8
FTSE100指数 7,496 0.3 0.6
DAX指数 12,619 0.4 -1.0
香港ハンセン株価指数 25,391 0.9 0.1

データソース:ブルームバーグ


主なコモディティ

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
トムソン・ロイター・コアコモディティーCRB指数 186.1 0.5 1.8
1,262 0.5 2.6
50.7 0.8 3.8
米ドルインデックス(DXY指数) 96.9 -0.2 -2.0
ADXY指数 105.9 -0.1 0.1

データソース:ブルームバーグ


テクニカル分析:日中のサポートやレジスタンスレベル

USDJPY EURUSD GBPUSD USDCHF AUDUSD NZDUSD USDCAD XAUUSD
レジスタンス 3 112.66 1.1429 1.3157 0.9881 0.7577 0.7185 1.3624 1280
レジスタンス 2 111.97 1.1325 1.3080 0.9806 0.7522 0.7074 1.3567 1269
レジスタンス 1 111.63 1.1281 1.3041 0.9770 0.7500 0.7035 1.3535 1265
スポット 111.07 1.1241 1.2978 0.9728 0.7474 0.6997 1.3490 1262
サポート 1 110.94 1.1177 1.2964 0.9695 0.7445 0.6924 1.3478 1254
サポート 2 110.59 1.1117 1.2926 0.9656 0.7412 0.6852 1.3453 1248
サポート 3 109.90 1.1013 1.2849 0.9581 0.7357 0.6741 1.3396 1237
ボリンジャーバンド
アッパーバンド 114.57 1.1247 1.3021 1.0132 0.7535 0.6985 1.3788 1279
ロワーバンド 110.15 1.0736 1.2841 0.9691 0.7335 0.6828 1.3496 1209