欧州の政治的リスクは軽減、ユーロが再び安全な避難所通貨に

2017年5月22日

主要なポイントの要約

政治的な出来事によって動かされる市場は短命傾向にあり、市場がさらに安定すれば、6月中旬に連邦準備制度理事会(FED)はまだ金利を上げる可能性は高いです。

通貨ボラティリティがさらに2〜3ヶ月続く場合には、FXボラティリティを利回り向上のために売却することがますます困難になる可能性があります。

欧州の政治的リスクを軽減し、経済のファンダメンタルズを改善することは、ユーロが再び安全な避難所通貨となっています。テクニカル分析は、1.1365の前に1.1175の目標価格で、最終的に1.0945への回復のためににどんな上昇でも、ユーロ米ドルの買いの機会を示唆しています。

ブラジルの資産は、金で人に口止めするための違法な支払いの告発が市場の注目を集めるにつれて、ブラジル大統領テイマーを巻き込んだ政治的危機の中で大きな圧力がかかりました。テイマー大統領の告発が確認されれば、ブラジルの経済改革の政治的な支持を大幅に低下させ、ブラジルの弱点をさらに深刻化させるだろう。

リクイディティが強化されていることから、後半期の中国経済の減速懸念が強まっています。しかし、中国の政府与党は後半期に協議会前に突然の決定を下すことはないと考えられています。

強い英・小売売上高で、英ポンドは上昇に転じましたが、英EU離脱(ブレグジット 、Brexit)の厳しい交渉が本格的に始まると、英ポンドは対ユーロで予想されたよりも弱くなるかもしれません。テクニカル分析は、0.8730の前に0.8480の目標価格で、最終的に0.8480までどんな下落でも、ユーロ英ポンドの買いの機会を示唆しています。

今週焦点:カナダの中央銀行(BoC)、OPEC会議、FOMC議事録。5月24日のカナダ銀行(BoC)会合や5月25日のOPEC会合に先立って、住宅市場のリスクと石油の供給の 心配に対してカナダドルの弱点は過度に見えます。テクニカル分析は、1.3290の前に1.3500の目標価格で、最終的に1.3840への回復のためにどんな上昇でも、米ドルカナダドルの売りの機会を示唆しています。

JPY

米ドル円の回収率は、一般的に米ドル安にもかかわらず、ほとんどの通貨ペアよりも良好でした。しかし、米ドル円は木曜日の高値、55-DMAと111.75-76 / 2.03の一目均衡表の雲のトップに到達できませんでした。株式の大幅な反発は、他の通貨と比較し、安全通貨として円の魅力を消失させました。米国財務省証券の利回りはわずかながら上昇し、日中高値から下落しました。ユーロ円は、ユーロが他の主要通貨に比べてより性能がすぐれるにつれて、過去2日間の損失を取り戻しました。木曜日に英ポンド円は第2位のメジャークロスペアでとなりました。前日の低値145.80円今はレジスタンスとなり、カナダドル円は木曜日の二重底の低値からWTI 50プラスで再び上昇を続けています。

EUR

ヨーロッパセッションの午前に上昇が見られた後、NYセッションは始値1.1160米ドル付近で開始しました。この上昇は初期のNYセッションで持続し、広範な米ドル建て売上と米国財務省証券の利回りの低下が上昇を支えました。 1.1200米ドル付近でラリー、バリア保護が上昇を失速させ、わずかに引き戻し。NYセッション午後に米ドルの下落が強まり、1.1200米ドルを超過し、上昇を止めました。ユーロ米ドルはセッションの終盤に、1.1210を越え、一日の最高値付近にとどました。テクニカル指標は強気の見方を支持し、相対強度指数 (RSI)はダイバージェンスがなく偏っており、11月の高値に達する可能性が高いです。ドイツの第1四半期GDP、ユーロ圏、5月のドイツ製造業PMIとサービスは、早期のデータリスクです。今週初めの連邦準備制度理事会 (FED)の声明は、 米ドルに影響を与える可能性が高いです。

GBP

ケーブル (英ポンド米ドル)は北アメリカのセッションの終わりに木曜日の高値1.3048に近づき、この日の最高値1.3040に到達しました。1.3048米ドルは、イギリスの小売売上高の後、NYセッションの午後の「フラッシュスリップ」 により、8ヶ月ぶりの高値となりました。英ポンドは、ヨーロッパセッションの朝に木曜日の「フラッシュ・スリップ」の損失残額をすべて回復しました。1.3011米ドルはユーロッパセッションの高値であり、アジアセッションの高値1.2959で迎え、一日のレンジは1.3040-1.2930でした。ユーロ英ポンドは、NYセッションにおいて0.8599英ポンドで終わり、高値0.8602英ポンドをわずかに下回り、より高いドイツの生産者物価指数(PPI)はユーロ高を支持しています。米国の財政政策・税政策の保留に伴い、ユーロと英ポンドの両方が上昇し、米国の利上げの可能性が低下しました。

AUD

ヨーロッパセッション午前の小幅反復後、NYセッションは0.7435付近に開き、同様に小幅反復が継続しました。商品価格が上昇時も、0.7460から0.7440の小動き。取引終盤、広範な米ドル売上高によりペアを0.7465まで引き上げました。3月の最高値を下回るトレンドラインは、今のところ強気相場の保持に役立っています。マンスリー・テクニカルはニュートラル、デイリー・テクニカルは強気、RSIの上昇とキャンドルの外への強気な動きがみられます。今週の豪データは大きくはないものの、ペアを推進する可能性のある外部要因となり得ます。

NZD

NYセッションは10日移動平均線(SMA)上に開き、すぐに強気圧力がかかりました。幅広い米ドルの売り上げと商品価格の上昇は、ペアの着実な値上がりを支えます。ペアは一時休止前には0.6920付近につけ、米ドルの下落が進行し、ペアの引き戻しが再開しました。3月下旬のトレンドラインから逸れて、ペアは1日の終わりに0.6940 / 60の価格抵抗線に近づきました。テクニカルは強気傾向で、RSIも強気の勢いを増し、トレンドラインは再び突き抜けます。今週はNZの4月の貿易データの発表があります。


スポット・レート

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
USD/JPY 111.42 -7 -192
EUR/USD 1.1194 91 261
GBP/USD 1.2990 51 98
USD/CHF 0.9739 -60 -270
USD/CAD 1.3526 -77 -185
AUD/USD 0.7444 25 58
NZD/USD 0.6923 24 57
USD/SGD 1.3872 -56 -168
EUR/GBP 0.8617 37 137

データソース:ブルームバーグ


主な株式インデックス

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
日経225指数 19,714 0.8 -0.9
NYダウ・ジョーンズ指数 20,805 0.7 -0.4
S&P500指数 2,382 0.7 -0.4
ナスダック総合指数 6,084 0.5 -0.6
ユーロ・ストックス50指数 3,587 0.7 -1.4
FTSE100指数 7,471 0.5 0.5
DAX指数 12,639 0.4 -1.0
香港ハンセン株価指数 25,175 0.2 0.1

データソース:ブルームバーグ


主なコモディティ

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
トムソン・ロイター・コアコモディティーCRB指数 185.1 1.4 1.9
1,256 0.7 2.3
50.3 2.0 5.2
米ドルインデックス(DXY指数) 97.3 -0.6 -2.0
ADXY指数 105.8 0.2 0.3

データソース:ブルームバーグ


テクニカル分析:日中のサポートやレジスタンスレベル

USDJPY EURUSD GBPUSD USDCHF AUDUSD NZDUSD USDCAD XAUUSD
レジスタンス 3 112.70 1.1434 1.3273 0.9915 0.7595 0.7041 1.3796 1276
レジスタンス 2 112.01 1.1305 1.3133 0.9834 0.7522 0.6979 1.3666 1265
レジスタンス 1 111.62 1.1256 1.3081 0.9780 0.7490 0.6952 1.3589 1260
スポット 111.42 1.1194 1.2990 0.9739 0.7444 0.6924 1.3526 1256
サポート 1 110.93 1.1127 1.2941 0.9699 0.7417 0.6890 1.3459 1249
サポート 2 110.63 1.1047 1.2853 0.9672 0.7372 0.7376 1.3406 1242
サポート 3 109.94 1.0918 1.2713 0.9591 0.7303 0.6793 1.3276 1230
ボリンジャーバンド
アッパーバンド 114.56 1.1194 1.3017 1.0126 0.7544 0.6958 1.3775 1278
ロワーバンド 110.17 1.0754 1.2830 0.9719 0.7330 0.6843 1.3520 1209