エマニュエル・マクロン氏が大統領選が勝利 – 替への影響は?

2017年5月05日

主要なポイントの要約

欧州と米国の債券利回りは上昇し、石油と工業金属価格は下落しました。ユーロの強さおよびコモディティ通貨や脆弱性が強化されたことにより、一晩中の米ドルの混合業績をもたらしました。今日の(8.30pm SGT / HKT)米・非農業部門雇用者数は主要な出来事です。USDJPYが113.25円以上の高値をつけるためには、米国による強力なデータが必要なものとみられます。

鉄鉱石と銅価格は、中国が流動性を引き締めるという懸念からかなりの圧力を受けています。国内のコモディティ需要を潜在的に減らす間に、石油の供給過剰を削減するための石油輸出国機構(OPEC)削減能力に疑問が沸き上がっているため、ブレント原油の価格は事前OPEC契約レベルで取引されています。

エマニュエル・マクロン氏が5月7日のフランス大統領選の最終投票直前の、最後のテレビ議論において勝利宣言後、ユーロ高ドル安が進みました。

JPY

欧州中央銀行 (ECB) は、来月の景気刺激策において、よりタカ派的態度を取る可能性があるとの見通しと相まって、政治的・不確実性の排除がユーロ高を助けました。米ドルは対円で113.34円と7週間ぶりに高値付近に到達後、112.33円の低値に下落しました。米ドル円はNYセッションの僅かな突破口から、昨年12月から113日続いた下降トレンドラインを逆転しました。米国からのデータへの関心は薄く、財務省のより高い利回りにおいては、利益確定の決済の回避には十分ではありませんでした。エマニュエル・マクロンがフランスの大統領選挙で勝利したため、米国株はユーロ圏の株式と比較して悪化しました。122.21円でユーロ円は、昨年12月からの下降トレンドラインをはるかに上回っています。

EUR

欧州中央銀行(ECB)による経済刺激の減速期待に加え、エマニュエル・マクロンがフランスの大統領選挙で勝利することに、より確実性があることから、木曜日にユーロは対米ドルで約6ヶ月ぶりの高値をつけました。過去数週間の市場参加者は、ECBの経済刺激法案の発行を待たず新しい環境を模索し始めましたが、ECBによる経済刺激の減速の結果として、トレーダーはエマニュエル・マクロン氏がフランスの大統領選挙で勝利するという前提で、より高いヨーロッパの利回りとより強いユーロに絞っていました。エマニュエル・マクロンが、ユーロ離脱を推し進めるマリンルペン氏との水曜日のテレビ討論の場において、フランスの大統領選挙で勝利する可能性が高まり、その結果ユーロは1.0984米ドルまで上昇し、2016年11月初旬以来、最大の上げ幅となりました。

GBP

英ポンドは、木曜日のイギリス巨大サービス部門におけるデータにおいて、予想を上回る成績を発表後に、イギリスの中央銀行が予想より早く金利引上げの可能性が高まったと見られたことから、1.29米ドルを超えて上昇しました。英国のサービス産業を綿密に監視している英購買部協会(CIPS)サービス業購買部協会景気指数(PMI)は、ロイターのエコノミスト調査のすべての予測を上回り、4月に4ヶ月最高値55.8に上昇しました。ケーブルは初期ヨーロッパセッションの低値1.2831米ドルから回復し、北米セッションでは終値1.2918米ドルまで到達。英・サービス部門購買担当者景気指数(PMI)のデーター発表後、英国の金利引き上げに対する感情が高まりました。4月に英国のサービス部門は、驚く成長の兆しを見せ、4年ぶり高値に上昇しました。ユーロ英ポンドは0.85で過去9日間の最高値に買値が上昇し、高値で取引を終えました 。フランスの大統領選挙の不安を減らし、小売売上高とPMIの下落誘因の可能性を打ち消した結果、ユーロは強くなりました。

AUD

豪ドルは木曜日に4ヶ月ぶりの安値に下落したが、連邦準備制度理事会が経済成長を牽引し、米ドル安の下でNZドルが脆弱になりました。 豪ドルは0.7408ドルまで下落。これは1月中旬以来の最低水準で、水曜日に米国の1・5%前後に下落した。 今週はロングポジションに振り出され1%を下げました。 ペアは、夜間に厳しい取引が続いたのち、ニューヨークセッションにおいて、0.7410付近で開き、弱気相場の圧は継続されました。 銅、鉄鉱石、リバウンドの崩落は、ドル建ての早期入札と同様に影響力は大。 0.7160-0.7750の61.8Fibが探知され、0.72410に近いペアバンスが新たに設定されました。

NZD

NZドルは0.6882ドルまで上昇し、水曜日のセッションから0.8%の損失を回復しました。 先週の10ヶ月ぶりの買い越し0.6847ドル付近に留まっています。 即時サポートは0.6870ドルで、今週の最高値は0.6969ドルとなりました。 これにより、堅調な世界的酪農品価格オークションと強力な雇用報告に続くこの週の早い段階で得られたすべての利益を帳消ししてしまいました。 ニューヨークセッションは0.687付近で開始されました。ヨーロッパセッションの午前は不安定です。 米ドルは堅調でコモディティは低迷し、商品通貨は全面的に打撃を受けました。 NZドル/米ドルは新しいトレンドへ下げ、0.6840ドルで少し反発。 午後は、米ドルの動きが鈍く、NZDドル/米ドルは0.6855ドル付近でもみ合いました。


スポット・レート

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
USD/JPY 112.62 -13 136
EUR/USD 1.0976 90 103
GBP/USD 1.2923 56 18
USD/CHF 0.9865 -82 -76
USD/CAD 1.3760 30 127
AUD/USD 0.7403 -20 -61
NZD/USD 0.6867 -11 -10
USD/SGD 1.4007 33 36
EUR/GBP 0.8494 34 66

データソース:ブルームバーグ


主な株式インデックス

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
日経225指数 19,446 0.0 1.0
NYダウ・ジョーンズ指数 20,951 0.0 -0.1
S&P500指数 2,390 0.1 0.0
ナスダック総合指数 6,075 0.0 0.4
ユーロ・ストックス50指数 3,628 1.2 1.8
FTSE100指数 7,248 0.2 0.2
DAX指数 12,648 1.0 1.6
香港ハンセン株価指数 24,684 0.0 -0.1

データソース:ブルームバーグ


主なコモディティ

通貨ペア スポット 1日間の変化 (ピップス) 1週間変化(pips)
トムソン・ロイター・コアコモディティーCRB指数 177.0 -1.9 -1.9
1,229 -0.8 -2.8
45.5 -4.8 -7.0
米ドルインデックス(DXY指数) 98.8 -0.4 -0.3
ADXY指数 105.4 -0.1 -0.1

データソース:ブルームバーグ


テクニカル分析:日中のサポートやレジスタンスレベル

USDJPY EURUSD GBPUSD USDCHF AUDUSD NZDUSD USDCAD XAUUSD
レジスタンス 3 114.68 1.1177 1.3112 1.0085 0.7504 0.6982 1.3898 1263
レジスタンス 2 113.69 1.1063 1.3003 0.9990 0.7456 0.6925 1.3820 1247
レジスタンス 1 113.07 1.024 1.2963 0.9926 0.7432 0.6897 1.3785 1238
スポット 112.62 1.0976 1.2923 0.9865 0.7404 0.6867 1.3760 1229
サポート 1 112.08 1.0910 1.2854 0.9831 0.7384 0.6840 1.3707 1222
サポート 2 111.71 1.0835 1.2785 0.9800 0.7360 0.6811 1.3664 1216
サポート 3 110.72 1.0721 1.2676 0.9705 0.7312 0.6754 1.3586 1200
ボリンジャーバンド
アッパーバンド 113.30 1.1056 1.3103 1.0101 0.7618 0.7072 1.3846 1306
ロワーバンド 107.52 1.0521 1.2413 0.9851 0.7404 0.6833 1.3186 1230